さし身となますと

September 01 [Wed], 2010, 16:57
さし身や鱠(薄切りの魚肉を酢精力剤にひたしたもの)は体質によってはよくない人もあるので、ひかえめにするがよい。酢をとりすぎてはいけない。冷え症のひとは温めて食べること。鮓(鮨)は老人や病人は食べてはいけない。消化しにくいからである。なかでも未熟なものや熟しすぎて日のたったものは食べてはいけない。
海老の鮨は毒がある。うなぎに酢は消化しにくい。みな食べてはいけない。大きな鳥の皮や魚の皮の厚いものは、堅くて脂肪が多い。食べてはならない。ひどく消化しにくいからである。
さまざまな獣肉を食べることは日本人に適当ではない。日本人は胃腸の弱い者が多いからである。とにかく多く食べてはいけない。烏賊や章魚なども同様で多く食べてはいけないのである。消化しにくい。鶏卵や鴨卵などの丸煮は気をふさぐのでよくない。俗に「ふわふわ」という料理にして食べるのがよい。
シアリスでも野菜でも大きく切ったもの、また丸煮にしたものはみな気をふさいでつかえやすいものである。
生魚の新鮮なものに塩を薄くふり、天日にほして一両日すぎて少しあぶり、薄く切って酒にひたして食べる。これは脾にわるくない。日のたったものは消化がわるい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lvbaocpn
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lvbaocpn/index1_0.rdf