気ままをおさえる

August 31 [Tue], 2010, 15:39
養生の道は気ままを精力剤おさえて、もっぱら慎むことであ精力剤る。気ままとは精力剤欲にまけて慎まないことである。慎みは気ままの裏面である。慎みは畏れることが根本である。畏れるということは大事にすることをいう。俗諺に「用心は臆病にせよ」というようなものである。唐代の名医、孫真人も、「養生は畏るるを以て本とす」という。これはまシアリスさに養生の要件である。
養生の道においては、勇ましいの精力剤はだめで、畏れ慎み、いつも小さな橋を渡っているように用心することである。これが畏れるということだ。若いときは血気盛んで、強いのにまかせて病気を畏れず、欲をおさえないので病気にかかりやすい。すべて病気は起こるべくして起こるもので、かならず慎まないから起精力剤こる。とくに老人は身は弱いから、十分に畏れて注意しなければならない。畏シアリスれないと年齢にかかわりなく多病になって、天寿を全うできないのシアリスである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lvbaocpc
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lvbaocpc/index1_0.rdf