パワーストーン

August 31 [Fri], 2012, 9:21




日曜日からずーっとつけてて
大切に大切にしてます。


なんだかよくわかんないけど
これつけてると安心して
これつけてるとなんでも
大丈夫に思えてくんの。


パワーストーンね、
ずっとずっとほしかった矢先で

ぼーっとしてたあたしの腕に
いきなりはまったんだ、
あの日の夕方。


その方向みたら
無邪気な笑顔のハタチ男子。

「これあげる!」

はじめて異性からもらった
誕生日でもクリスマスでもない
プレゼント。
は、パワーストーンでした。



色はふかーいしぶーい緑ベースで
まったく女子中学生ぽくないけど
それがまたうれしくって。


自分の愛用品くれたんだよ、
ついさっきまでつけてたんだよ

あー、しあわせだなって思った



でもあの人の腕にたくさん
ついてたほかのやつたちは
最後らへんになって
半分以下になってたし

わたしのだいすきな女の子が
あの人がつけてたよーな
ほかのやつをつけてたから

あ、あたしだけじゃないや
ってなったけどね


いや、だろーね。
そんなわけないよね。



でも

「あれ桃加にあげようて
思ってたからさ」

っていわれて
プラマイゼロ、むしろプラ。

単純なんです純粋なんです
だって中二ですもん。



連絡先を教えてもらったとき
あの中一の五月に
味わったような感情が
わたしを包み込みました。

でもちがう「好き」だなって
確信しました。

憧れで遠かったはずの存在に
一歩、二歩、三歩、、、って
近づけてるなという感じ



あの道の角で一緒にのんだお酒は
もう炭酸がぬけきってて
つめたくもなくてぬるくて
まったく美味しくないはずなのに
不思議とおいしかった


いっきにのんだあと
かっこいー
っていわれて調子にのりました


だから
彼女さんは?
ってきいたんです。

別れたことなんて誰かの噂で
しってたんだよ。
ただ自分の耳でちゃんと
ハタチの声でききたかった、
ただそんなわたしのわがままです


2月に別れちゃった〜
っていわれて
何ヶ月だか何年だか続いたのかも
彼女の顔もしらないくせに

えーっ、なんでよー
とかいってみて。みて。
そしたら

ねー、連絡先交換したい
っていわれて
酔っ払いのいうことなんて
8割方酒の力に身を任せてるから
軽くながしてたら

ねー、これけっこうがち
っていわれて
思わずケータイとりだしたよ


いわゆるナンパ。
ハタチ、よくやるよね。


それからすれ違うたびに
連絡してね!待ってるからね!
っていわれて
は、はい!はい!
みたいなね



でも見かけるたび、
話しかけてくれて
前の彼とちょっとうまくいかず
ちょっと落ち込んでたのに
ハタチにお酒もらったら
なんかすっきりして。

なんかちょっとずつ忘れてきて。


お酒ってこーゆーときにのむのか
って初めて気づきました



ハタチがくれたパワーストーンは
あたしのたからもので
毎日がんばってるよ。


ハタチからくるメールもきっと
パワーストーンの
なにかがあるんじゃないのかな



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:なきむしなよわむし。
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/luv14xx/index1_0.rdf