ちいちゃんの塚越

October 02 [Sun], 2016, 17:26
専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。







しかし、大変な思いをして看護師資格を得ることができたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。



全然違う職種でも、有利となる職場は多くあります。大変な思いをして取れた資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。

今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。加えて、3ヶ月程掛けて丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。急いで転職してしまうと、再びやめることになる場合もあるので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。このため、自らの条件をクリアにしておきましょう。





看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずはっきりさせておきましょう。



泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、リクエストには個性があります。



ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、合わないと思われる仕事場で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。







看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望理由です。

どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好感をもってもらえるように表すのはそれほどシンプルなものではありません。たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとかそうした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、将来性を連想させる志願内容が比較的合格へ近づきやすくなります。



看護師のための転職サイトの中に、祝い金を出してくれるサイトがあります。転職してお金を受け取れるなんてラッキーですよね。





しかし、祝い金を受け取るための条件がないことは少ないので、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにした方が吉です。

そして、祝い金のないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。

看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。





看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには出てこない案件も多数あります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。





躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをお願いできる所も少なくありません。



看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月、1月あたりが狙い目です。実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、焦らず比較検討するとよいでしょう。急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、転職情報が多くなる時まで経過を見守るのが望ましいです。看護師であっても転職している回数が少なくないと不利に働くのかというと、絶対そうであるとは言えません。





自己アピールを上手に行えば、意欲と経験があるといったイメージを持ってもらうことも可能です。



しかし、勤務の期間がほんのちょっとの場合には、採用後、すぐやめると思ってしまう可能性が高いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/luqbylasfetamr/index1_0.rdf