吉田茂の言葉を改めて思い出す

May 19 [Thu], 2011, 1:10
以下引用君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。どうかお仕置 ネット、耐えてもらいたい。引用終わり平常時も日陰者としても耐えねばならず、有事の際も苦しい任務に耐えねばならず、いずれにしても耐えるのが仕事なのだなとこの有事下で再認識できた。この状況下に加え、ビンラディンが殺されたことで報復の流れのあと、また自衛隊中東派遣という事態にならないことを願う。自衛隊も圏捜索人態勢
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lupvu4lcna
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lupvu4lcna/index1_0.rdf