スマートフォンの都市伝説 

2012年05月02日(水) 0時04分
若い世代に普及したらしいスマートフォン

そろそろスマフォ普及してない主婦などの世代からスマフォの都市伝説生まれそう




スマフォはタッチパネルだからガラパゴスケータイ(今までのケータイ)より頭悪くなるとか攻撃的に育つとか


スマフォ使ってる子供はガラパゴス使ってる子供より口裂け女に襲われるとか


スマフォつけっぱなしにして寝ると死ぬだとか体に悪いとか

日本の子供を堕落させる為のアメリカの陰謀だとか

海大好きユウと海に行った時の話 

2012年04月21日(土) 16時17分


海ではしゃぐ

ウメ「キツイ、目が痛い、頭が痛い」ぐったりする
ユウ「うおっ!、目のクマがすげー」

ウメ「腹減った」

ラーメン食う

ウメ「元気になったよ」

ウメ「腹痛い」

ユウ「具合悪くなったり、元気になったり大変なヤツだな」





海辺で
ウメ「トレジャーハンターしてくる」

なんか変なモノを拾ってくる

ユウ「コレ、イカの骨だよ」


イカって骨のないヤツだと思ってた

こんなバイオハザードは嫌だ 

2012年04月05日(木) 21時14分
・ゾンビの顔だけがどんどん高画質になる


・クリスとか(プレイヤーキャラ)が怖いシーンや心臓止まるようなシーンで「うおー!!」って叫ぶ
(プレイヤーよりうるさい)


・物語の途中でいきなり科学的じゃないオカルトホラーに走る
テケテケとか幽霊とか呪怨が出てくる


・リアルにこだわってキャラクターが鬱病になったり引きこもったりする
クリス「アメリカ人はどこに行っても嫌われ者だ・・・・・・クソっ死にたくなってきた」


・ミラがケルベロスを飛びげりしようとしたら逆にケルベロスからカウンターで飛びげりされる

・全裸の黒人ゾンビが真っ暗闇でニヤニヤしながら音も無く忍びよってくる


・ゾンビがいきなり日本語を喋り出す
「ウォォ・・ちょっまってデザートイーグルはやめて、マジで死ぬから、ホント」



・謎解きのレベルがセンター試験東大レベルで2日くらいかかる
(でもナイフ一本でベリーハードをクリアしちゃう人はそれぐらい頭脳ありそう)



・ウルトラマンのタイラントが出てくる(デカっ!!)

・イージーモードだとネメシスの装備がグレードダウンして段ボールの空気砲になる

・ハンターが映画に出ない

・目に写るタイプライターを片っ端から壊していくタイプライタークラッシャーマンという敵が存在する
(セーブできねー)


・optionやセーブ画面にしてもゾンビが襲ってくる。

タイトル画面でも襲ってくる。
そして電源切った後もゲーム機を再起動して襲ってくる。

終いには壁じゃなくて画面を壊してTVの中から襲ってくる



END

ユウが部屋に来て海行ったりした( +綺麗な景色の画像) 

2012年03月30日(金) 21時03分
火曜夜遅く、視力のいいマサイ族(ユウ)がウメの部屋に来た

ユウはワインを瓶全部飲んでけっこう酔っ払ってた

ユウが持ってきたウォーキングデッドを一緒に見た

食べ足りなかったユウと一緒に夜中コンビニに行った

ユウ(マサイ族)に電気敷き布団の良さを分かってもらえて良かった

英語で会話しながら寝た


翌日は海に行った



新しいケータイで撮った画像







キッズが多かった





海辺で見つけた長い竹をウメが拾ってきて二人で振り回して遊んだ


ストリートファイターの話で盛り上がった
ユウがウメのガイルの声真似をウケてた
何故ガイルだけウケたのか謎


ウメは気配りが上手いとかボケーっとしてそうでちゃんと考えてるとか(?)
ユウは滅多にウメを褒めたりしないのに評価してくれたから嬉しかった



会話してたらよく
ユウが(>エ<)「ウメわ俺を甘く見すぎ!!」
ってなる


腹減ってきてイチランって店でラーメンを食った
独創的なトイレだった






ユウに見せたかったヤツ、ペーパーバック(英語)とか話したかった事を話せてとても満足した


マリオシリーズとかのヨッシーの絵 

2012年03月22日(木) 16時38分
幅広い世代が、みんなが知ってる絵を描こうと思ってヨッシー描いた







みんなの頭の中にあるヨッシーのイメージそれはヨッシーではない
コレがヨッシーだ、


ヨッシー、レプティリアン?


爬虫類だから胸に見えるのは発達した大胸筋(卵を投げるのが趣味な為)





兄弟とかみんなでスマブラとかマリカーやってる時楽しかった

懐かしのゲーム会社がいつのまにか 

2012年03月15日(木) 16時14分
そういえば最近、ハドソンがコナミに吸収された

ブラッディロア復活するかな


もうサイレントヒルの主人公が獣人に変身するゲームでいいや

サイレントロア〜沈黙の咆哮〜

どんな咆哮なんだ



あと白クマに変身するキャラを出せ



サイレントヒルとかバイオとかリアルで薄暗い廃墟をうろつくゲーム好き



てかいつのまにか懐かしのゲーム会社がどんどん合併していたり吸収されていたりした


スクエニくらいは分かってたけど


コーエーテクモ
バンダイナムコ
とか


任天堂とカプコンとコナミはタフだね

シュワルツェネッガーが復帰したから 

2012年03月11日(日) 20時35分
シュワルツェネッガーが復帰したからそろそろ
プレデターズの続編の
プレデターズVSシュワルツェネッガーズ
作って欲しい

ロイス「今シーズンは誰が降ってくるかな」ニヤニヤ
空から大量にシュワルツェネッガーが降ってくる
ロイス「・・・・・・・」



プレデター「(何故かアイツだけショルダープラズマキャノン一発耐えたよな・・・・・コエー)」

癒し系バイオハザード 

2012年03月09日(金) 21時11分
そろそろバイオシリーズで癒し系のゲームが出ないかな



アンブレラ研究員になってリッカーやゾンビやネメシスを育てよう



研究員B「昨日は6人も研究員が食われたんだよ、そろそろ俺たちの番かな

いっけね、ドーベルマンにエサをやるのを忘れてた。最近、何故か凶暴になってきたんだよ、すぐ戻る」




残酷なストーリーしか浮かばない

もしRPGの世界でバイオハザードが起こったら 

2012年03月09日(金) 19時16分


エンカウントするのが腐ったしたいばっかしになる

リップスの代わりにヒルが出てくる

おおきつ゛ち(ブラウニー)が出てきたと思ったら処刑マジニ

アニマルゾンビが何故かドーベルマンばっかし


さかさゾンビは・・・・バイオの世界に行った方が活躍できるんじゃない?

ギガンテスが出てきたと思ったらンデス

デュランがスキンヘッドで緑のロングコートを着ている


町が何処も廃墟になる
町が薄暗くなる

戦いが始まっても薄暗いので炎系の呪文などで敵のHPや姿を確認しないといけない




この洞窟は触手が邪魔で入れない
この店は触手が邪魔で入れない
この道は触手が邪魔で通れない



くさったしたい
「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛(うちに泊まって体力回復していくかい?)」

泊まって体力回復していると宿の窓を割ってゾンビが入ってくる



魔王の城には毎回ロケットランチャーが隠してある


魔王は夜でもサングラスをしていて魔法の呪文などを目視で回避してくる

ユウとアンダーワールドawakening観に行ったりピザ食ったりした 

2012年03月02日(金) 18時32分
2月末、どわすれを頻繁に使ってくるヤドラン(ユウ)の家に行った


「映画を観る、ウメ、来い」って感じだったから
夜寒い中、久○米駅まで行った
てかみぞれが降ってて寒かった

手が冷た過ぎてトイレの手を乾かすヤツが作動しなかった

今回はユウが久○米駅まで迎えにきてくれてお金がだいぶ節約になって良かった


一緒に映画観に行った
久しぶり映画館に行った

アンダーワールド覚醒を3Dで観た

てか3Dでしか公開されてなかった


ウメ「なんか今日テンションがおかしい」
ユウ「いつもウメのテンションはおかしいだろ」

一緒にデカいポップコーン食った

今回の映画の3Dは迫力があってときどきビクッてなった


見終わったあと車や辺りが雪まみれになってて2人で滑らないように気をつけて車の所まで行った


次の日

またピザ食べた

ユウは腹をグーグー言わせながらピザを完食した

(^エ^;)食いながら腹が鳴るとかどこまでピザ好きなんだユウは
ピザボーイめ


ユウんち行った時何故かいつも、声が枯れるしお腹痛くなる


久しぶりにアキちゃんと会った

3人で主に高校時代の事とかを喋った
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:YUNO
  • アイコン画像 誕生日:1988年
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・アート-適当に描いとる
    ・映画
読者になる
現在放置

一応身体の事はブログ上では非公開の方向で
写真もあるし


普段は化粧はしない


詳しいプロフィールはリンクのYUNOプロフ(前略)で
ブログでの一人称は最近は“ウメ”を用いてる事が殆どです。

2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
アイコン画像ドライブ (2009年08月01日)
アイコン画像free money (2009年07月31日)
Yapme!一覧
読者になる