Cry Baby。 

October 03 [Fri], 2008, 20:30
今日はちょっとまじめに・・・

先月から、またネイルサロンでお仕事をすることになりました。

私はネイルを始めて2年が経ちます。
それなりに色々とやらせていただいていたし、自分の技術に自信を持ってサービスさせていただいておりました。

新しいサロンでは全てが初めからになることも、経験が私より浅かったとしても先輩になるという事も、前のサロンで目で見てわかっていました。
きっと辛い事が待ち受けているんだろうと、わかっているつもりでした。

現実は想像より遥かに辛いものでした。

まず、私が習ってきたバイオのやり方はプレパレーションからまったく違うやり方でした。

私がやることは鼻で笑われ、今まで習ってきた事は全て忘れて、ここでのやり方に合わせて0からスタートするように言われました。

本当にサロンによって方針ややり方が違うという事、その人の言い方、前の尊敬していた先輩やサロンを馬鹿にされた事、先輩の中に前のサロンで教えていた生徒さんがいて、たった3ヶ月でも今では先輩として接しなければいけないこと、スゴク悔しくてたまりませんでした。

ただ目をそらさずに笑いもせず『はい。』と言って全て従いました。

強がって、気を張って、毎日毎日涙をこらえていました。
ここで泣いたら負けというか、この人の思うつぼという気がしました。

ある日、SEAMOの『Cry Baby』という歌を聞いて帰っていました。
その歌は、まさに今の私のような歌でした。

『登れよ登れよと焦るだけ だけどもあるのは飛べない羽根 からかわれても ののしられても 自分自身の手を信じてみてよ 無駄な事など1つもないのさ 全ての挫折に意味は沢山あるよ 遠回りしているようで 僕にとっての望む近道と 信じ今日も歩いてく 涙の数だけ強くなってく そう、思えばいつも僕は無理に笑ってた 涙こらえてた Cry Baby今日は我慢せずに泣いてみな 思いっきり洗い流してみれば素直になれた』

ちょっと長くなってしまってすみません。こういう歌です。

電車を降りるまでは我慢しましたが、降りた途端涙が出ました。

家へ着くと、夕飯は大好きなすき焼きでした。
家族が笑顔で『おかえり』と言ってくれました。

全てが温かかった。

大切な人達が私を応援してくれている、支えてくれていた。
そう思うとまた涙がでました。

部屋へ入るなり大号泣しました。

顔が腫れる程泣きました。

今まで我慢した分の涙、全部を出しました。
泣き疲れていつのまにか眠ってしまいました。

次の日まぶたは重かったけど、不思議と気持ちはとってもスッキリしていました。

時に泣く事も必要なことも学びました。

涙が全て洗い流してくれました。

これを読んでいる、悩んだり挫折しそうになっている方、どんなに辛くて迷ったとしても、夢は夢で終わらせないように、まず自分が今出来ることを見つけて一生懸命努力してみましょうよ。
努力すれば必ず叶うわけではないけれど、叶えた人は必ず努力しています。
ただ、頑張り過ぎなくていいと思います。
マイペースに自分なりに精一杯やる。
立ち止まったら誰かに頼ったり、時には大号泣してみたり。
まだ叶えてないから、こうすればいい!なんて偉そうなことは言えないけれど、だからこそこんな風に思うんです。
一緒に叶えましょう

今日からの私は『高橋シーズン2』です。
海外ドラマは、シーズンを迎えるごとにどんどん過酷になります。
これがまた新しいスタートなんです。

私の夢は、自分のサロンを出すことです。

このサロンで勉強すれば思っている以上に自分を成長させることが出来るし、精神的にも強くなれると思いました。

だから私は、どんなに辛くても過酷でもムカツイタって逃げません!

そして今まで通り休みの日には出張を続けるつもりです。
だけど、今よりももっとクオリティーの高いサービスを提供していくことをお約束いたします。

これからも努力を惜しまず一生懸命頑張ってまいります。

今後ともLunaLunaをよろしくお願いいたします。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:tomo
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年12月25日
読者になる
詳細はコチラ↓↓のHPをご参照下さい♪
LunaLuna
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる