つけまつげ失敗記 

2018年04月21日(土) 7時56分
先日、つけやすそうな100均のつけまを開封しましたが
やっぱりうまくつけられなかったので
5分葛藤したのち、ぽいっと放り出しました。

そしてマスカラすらせずに
ラメ入りアイシャドーのみでアイメイクを済ませた羽蘭さんであった。

最近、ラメ入りアイシャドーがお気に入りです。
今はブラウンしか持ってないけど
今度ピンクも買います。

マスカラに関しては
昔のバチバチまつげが嘘のように、
使わなくなってきましたw
もうつけまも、無理だわ。
ダイソーのつけまの軸がしっかりしていて
すごくつけやすいんだけど、ボリュームありすぎで濃くなっちゃうから

今重視してるのは
目元よりリップかなぁ。

あと、今使ってる下地クリームが私の肌に合わなくて
肌カサカサになっちゃうから、なんとかしたい。

そんなこんなで、
今回はメイクについて語りました。
また今後、良いコスメに出会いたいです。

おしまい。

焼き立てどら焼き 

2018年04月20日(金) 19時21分
また父が文明堂のどら焼きを買ってきたのですが
今回のは、購入が難しい焼き立てどら焼き★

生地のふかふか感がすごくて幸せな気持ちになります。

最近ほんと和菓子尽くしですわ(笑)
どこのお姫様?ってくらい、贅沢させて頂いておりますm(_ _)m
感謝して受け取らせて頂きます。

おわり

人々の怒号と新緑 

2018年04月20日(金) 7時31分
民放ニュースは自分からはほとんど見ないけど
朝は親が見てるから
自然と目や耳から情報が入る。

今朝のニュースで
相鉄線での男女の激しい言い争いの映像を見た。

なんだか悲しくなって
しょげながらベランダに出て顔を上げたら、
ベランダ前に並んだ木々たちの鮮やかな緑が目に入って
とても優しい感じがした。

やっぱり自然と触れ合ってる時間が好きだし落ち着く。
最近の人々は、怒りやすい人・人を批判する人が多くて
悲しくなってしまうけど
そうじゃない人々の触れ合いもたくさんあるので
素敵な瞬間に出会いたいなと、日々思っている。

おしまい。

モケケ生活 

2018年04月19日(木) 19時44分
我が家のモケケたちも就寝です。

亡き祖父を想う 

2018年04月19日(木) 16時10分
最近なぜか
亡き祖父の事を思い出す機会が増えたので
祖父が好きだった
両口屋是清の和菓子を購入。

ささらがたは
風味を深く味わいながら食べられるので
とても好きだし落ち着きます。

おわり

よく見かける 

2018年04月19日(木) 15時54分
最近、渋谷に行くと
公道マリカーに遭遇する率が高い。
今日も見た。
何度見ても「わ!」となる。

人の怒りをもらう人々 

2018年04月19日(木) 6時53分
なんじゃー!
朝っぱらから疲れる!
そんっな、大きな声でまくし立ててもねぇ。

ま、気にしないで私は私の時間を大切にしようもふもふ

今日も良い1日にします。
おわり。

なんじゃ? 

2018年04月18日(水) 16時22分
ついさっき、ベランダで外見てたら
雪みたいな白く小さい粒が降ってたんですけど!!!

最初、虫かと思ったけど、
随分大量に上から下にハラハラ落ちていくし
花びらかな?とも思って見上げてみたら
木々は緑でお花なんて咲いてなかったし。

その白い粒は、数秒で止みました。
また、陽が当たってとっても幻想的だったんです。

なんっじゃ?(O_O)
まあ別になんでもいいが←

さて、またこの間のネコ歩きの続きを見ましょうかね
先週BSで放送された
海外版「そして誰もいなくなった」も録画したから見ないと。
忙しい忙しい。

おわり。

*゚゚Д゚゚))ノ !! 

2018年04月18日(水) 7時18分
こりゃ、落ち込むどころじゃないな!
何かが凄いぞ!
このままで大丈夫だ!信じる!

今日も良い1日になりますように
おわり。

タイミング 

2018年04月17日(火) 20時48分
本当にうまい具合になってるんだなぁ。
不思議だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:羽蘭(うらん)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-J・INORAN・SHAKALABBITS・LUNASEA・DIRENGREYなどのロックからヒーリング音・クラシックなど
    ・漫画-GALS!・ONE PIECE ・コジコジ・俺物語・
読者になる
30代になりました。
性格・おっちょこちょい。単純。横着。
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30