「神様メール」

June 15 [Thu], 2017, 12:00
神様の娘エアが人間たちに余命を知らせるメールを送ってしまう。
と聞いてシリアスな人間ドラマかと思いきや、
神様は我儘で暴力的なとんでもないクズというコメディでもあります。




エアの父である「神様」はなぜかベルギー在住で、
兄のキリスト(たぶん)は小さな像の姿で登場。
そもそも、(人間が作った)PCを使って生物を創造してる時点でよくわからん設定。
キリスト教からクレーム来そうなヒヤヒヤするシーン多数。

そんな奇抜な設定ではあるけれど、
父親に反発して旅に出る少女エアは、孤独な人間たちに出会い、
エアや他人との触れ合いによって彼らに希望を取り戻していく。
鈍臭いだけに見えたエアの母が最後にとんでもなパワーを発揮するのも愉快、
悪さし放題の「神様」の行く末も痛快です。
ヨーロッパらしい色や映像も素敵な映画です。

「サンバ」

June 14 [Wed], 2017, 12:00
「最強のふたり」のオマールシーと、
シャルロットゲンスブール主演の「サンバ」



移民で不法滞在者のサンバと、体調を崩し休職中のアリス。
社会的には認められないサンバだけど、
次第にアリスの心の拠り所に、お互いに大事な存在になっていきます。

二人がピュア過ぎて、もどかしくて微笑ましい。
すこーしずつ心を通わせていく様に、
温かい気持ちになります。
キャスティングもぴったり。

「最強のふたり」の監督らしく、
社会問題を扱っても重たくなり過ぎずに笑えるところはさすがです。

「パディントン」

June 13 [Tue], 2017, 12:00
イラストはみんな見たことのある?「パディントン」の実写映画。
予告編を見て、
リアル過ぎる上に作り物感も強めな見た目にびっくり、
もう少しどうにかならなかったものかと。。
でも想像以上に面白かった!



わりと驚かれもせず、しゃべるクマが人間に受け入れられてる世界。
(でもロンドンにはパディントンしかいない)
故郷のペルーから知人をツテにロンドンにやって来るけど、
とりあえず居候した家では失敗ばかり。(クマだからね)
だけど、家探しに奔走したり、
悪い奴に捕まえられそうになったり、
短い足で動き回る姿がたまりません。

驚いたのは、
ニコールキッドマンがミッション・インポッシブル(トム・クルーズの役)をパロッてるところ。
元ダンナネタですね。
そんな悪ふざけも面白いところ。
TEDと違って下品なところがないので子供ももちろん観れますが、
大人も十分楽しめます。
もちろんクマ好きは必見。
違和感を感じた見た目もそのうちに可愛くなってきます。

すでに続編撮影中。

「パディントン2」(2018年公開)
ヒュー・グラントとか、くだらなそうな匂いがプンプンして最高です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ルルル
  • 性別:女性
  • 趣味:
    ・お買物全般
    ・お酒を飲みながらの映画鑑賞
    ・フランス情報の収集
読者になる
ブログランキングならblogram
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
FOREVER 21 JapanELLE SHOPブログタイムズ
http://yaplog.jp/lululu_15/index1_0.rdf