連休明けの通院日は憂鬱

May 12 [Mon], 2014, 17:33
今日はGW明けで通院日でしたー。(生まれつきのアトピー性皮膚炎なんです)連休明けだから絶対多いだろうなーとは思ってて、心して行ったんですけど・・朝9時に受付して、診察してもらったのが12時半!ここまで待つとは思いませんでした、とほほ。一旦帰宅して家事を終わらせてからは、早めに出て病院の近くをお散歩。近くに公園とか本屋さん、コンビニもあるから時間をつぶすのはけっこう簡単だったりします。本屋さん行っちゃうと、本大好きだから買いたい衝動にかられるから、ムダに行かないようにしてたんですけど、行ってきちゃいました。かなり楽しかったです。前はペットとかのとこだったり、小説・楽譜とか趣味ばっかりだったんですけど、結婚してからは料理本の前に立ってる自分が居て・・自分変わったなー料理の本なんて絶対見なかったのに。なーんて思っちゃったりして。奥さんになった気分をひとり本屋で満喫してました。病院でも異常なし、今までとおりの薬処方で、また次回は来月かな。薬がちゃんとなくなるといんですけど。

東武動物公園に行ってきました。

May 12 [Mon], 2014, 17:32
ゴールデンウィークに東武動物公園に行ってきました。
3歳の息子、1歳の娘にとっては初めての動物園と遊園地。楽しんでくれるか心配でしたが、息子は観覧車、ジェットコースターに大興奮!動物園では、熊、ライオンに釘付けでした。
娘のほうは、愚図ることもなく、大人しくベビーカーからキョロキョロしたり、お昼寝したり…。
息子が一番喜んだのは、「いたずらヤギーのアスレチック砦」でした。
円柱型の塔のようなアスレチックで、一番上まで行ってトンネル型滑り台で降りてこれる遊具です。
あんなにおおきなトンネル型滑り台、初めて見ました!
子ども達は皆、楽しそうに遊んでいましたが、付き添いの大人達は、グッタリ…。(子どもを見失うと、探すのが大変!息子も一度、遊具内で見失い、夫婦で必死に探しました。)
お昼ごはんは、「コルネさんのパンケーキハウス」というお店で食べました。ここには、授乳室があり娘の授乳で何度か使わせてもらいました。キレイで、スペースも広く、とても使いやすかったです。
また、赤ちゃんのミルク用にお湯の入ったポットも自由に使えるようになっていて、赤ちゃん連れの家族にとってはありがたいお店です。
ゴールデンウィークなのに、思っていたよりも混まず、アトラクションも小さい子どもが楽しめるものも沢山あり、楽しい一日を過ごせました。もう少し娘が大きくなったら、また行きたいです。

息子に口出しをしない勇気

May 12 [Mon], 2014, 17:31
中学生になった息子の反抗期と付き合う毎日。
色々と口出しをしたくなるのが母親です。そうは言っても、うるさく言えば言うほど、会話がなくなる訳でうっとうしく思われているのも感じています。
学校の保護者会でも、「勉強しなさい!」は今から言わないようにとのこと。
確かに、新学期始まってすぐだし、生活リズムが変わって疲れたり、ストレスを感じているのはわかります。
それにしても、遊びすぎではありませんか!

母としては、「勉強をしなさい」を言わないように別の手を考えてこう言ってみた。
「余裕があっていいわね」と。
これがまた、逆効果だったようです。

難しい年頃ですね。
まだまだ、反抗期は始まったばかりよ!と先輩ママたちにも激励されつつ、毎日格闘するのでした。

部活が始まったので、疲れて帰ってきて、ますます勉強の時間はないようです。
塾に通うお子さんも多い中ですが、この状況で通うのはどうかと思い保留中です。
通信講座を始めてみましたが、これも手を付ける気持ちにならないらしい。
母としては、ごちゃごちゃ言わないことが一番だと思うけど、、、。
とっても勇気のいることです。

こどもが友達を連れてくる。

May 04 [Sun], 2014, 15:10
シーズンはGW。
ウチの息子の通う小学校では家庭訪問の時期でもあります。
…家庭訪問なんかしなくていいよ、用が有れば、こっちから学校へ行きますよ。なんて、本音はおいといて。
仕方ない。先生がいらっしゃるというのだから、とりあえず掃除。お茶とお茶菓子の用意はいらないと言われているのでそれはナシ
っていったって、小さい子供のいる家庭の汚さと言ったら、一時間やそこらじゃ片付かないんですよ、センセイ。
早朝からがんばって片付けて、掃除機をかけて。
早めに帰宅する子供たちにおやつを食べさせて、先生のいらっしゃる時間を待っている。
と、ぽつりと一言、息子が「ああ、そういえば今日友達が遊びに来るって言ってた。」
「は?家庭訪問って言ってあるの?」「ある。」「じゃ、先生がお帰りになった後の時間くらいに来るってことかな。わかった。」
とりあえず、家がわからないと困るから、息子に道路で目印として立ってるように言い渡す。
しばらくすると、先生がおいでになった。恐縮しながら上がっていただき、とりあえず麦茶を出す。先生が来ると、息子はそそくさと二階へ上がってしまった。
「それで、学校でウチの息子は…?」と話が架橋に入ったその辺りで、チリンチリンと自転車の音が鳴った。
「…ええ?」庭に5人の少年の姿が。思わず先生も窓の外を見る。「おーいっ!来たぜ〜!」
うぉぉぉい!家庭訪問って言っておいただろう!先生、今ここにいるんだぞ!息子が二階から下りて来て友達を上がらせる。
「コンニチハー!!」「よぉ、暑いな〜。ちゃんとヘルメットかぶってるか?」「ほーい。」
先生は慣れたものなのか、のんびり挨拶を児童達と交わしている。驚いたのは私だけ??
「家庭訪問の時期は学校が早く終わるから、ああやって遊ぶんですよね。俺が来るって知っててくるのが連中らしいなぁ。」
鷹揚な担任の先生は、まだ若い男性だ。実は若い男性の担任が始めての私だけが緊張しまくっていただけみたい。
よさそうな先生で、ちょっとほっとしました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lul6h8p
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lul6h8p/index1_0.rdf