親友とは? 

2006年04月27日(木) 17時51分

私には、20年以上も続いている親友がいます
20年まではではお互いに今年で何年だねって数えていましたが、
20年を過ぎてからは数えるのが難しくなり、今は20年以上という言葉になっています
私はとても幸せ者で、いつも親友から愛されているなと実感ができます

私にとっての親友は、
@ よき理解者であり、心の拠り所である。
A いい意味でのライバルであり、戦友である。
B 恋人や夫婦とでは、しない悪さを一緒にする悪友である。
C 家族と同じくらい、幸せを願う相手。
です。

一緒に、長い間時間を費やしたから親友になったのではなく、
やはり、お互いに大事な相手だったんだろうと、つくづく思っています。

今日は、そんな親友の好きなところを述べてみようと思います。
● とても、気が利いていて気配り上手
● とてもお洒落で、オシャマさん
● 話し上手で、面白い
● 等身大の姿でいつもいて、飾らない。
● いろんなことを沢山知っている
● 優しい人だけど、私には特に優しい

私だけかもしれませんが、こうやって大好きな人のことを書いてみたり、考えたりすると、
その前より、今の方がもっと相手のことが好きになります。
何気なく、一緒にいる友達でも親友でも、少し振り返ることで、
再度、その人たちが私にとって大事な人たちなんだと思います。
どうしても、そういうのを感じるときって自分が落ちこんで慰めてもらったり、
困っているときに助けてもらったりというときが多いんですが、
もちろん、そういう機会に大切さを感じることもとても大事ですが、
こうやって、ちょっと振り返ってみるのも、悪くないですよ。

なんか、また声が聞きたくなってきたので、これから電話しようと思います

みなさんは、親友の好きなところはどこですか?


飛行機から・・・ 

2006年04月26日(水) 14時45分


私は写真を撮るのがとても大好きなんですが、
この写真は実は今年の1月にニューヨークに行ったとき、
着陸寸前に撮ったものです。
はじめに載せるならこの写真がいいと思いました。
日の光の眩しさがすごく気に入っています。

ニューヨークまでは13時間くらいかかるのですが、
その間ずっと夜で、やっと見た日の光だったのでとても感動しました。

そして、待ちに待った旅行のはじまりであることに胸の高鳴りを押さえれなく
興奮気味に撮った写真がこれです。

普通の毎日だったら、朝が来ることがそんなに待ち遠しいものではないのですが、
旅行の前の日、遠足の前の日、試験の前の日、結婚の前の日の夜って異常に長く感じるし、
その次の日に見る日の光に感動を覚えます。
そして、その日の光を見ると、昨晩まで沸かなかった不思議なくらいのパワーが私の体にみなぎります。

一度、その感動の日の光を撮ってみたかったのです。

みんなにも、そんなパワー届きましたか?

はじめまして☆ 

2006年04月26日(水) 13時57分
はじめまして はじめまして
チュップです
これから、私なりの等身大での毎日をみんなに伝えていければと思います。
毎日が仕事で忙しい方、勉強に忙しい方、家庭に忙しい方、沢山忙しい方おられますが、
ちょっとこのブログを読んでいただいた時に、
自分と向き合える時間が提供できればいいなと思っています

本当にみなさまどうぞ宜しくお願いいたします

2006年4月26日(水)
チュップ
自宅にて
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lukchup
読者になる
Yapme!一覧
読者になる