第2章 美容医療 

September 13 [Thu], 2007, 23:07
何が何でもダイエット

カウンセリングのポイントはまず食生活や気になる部分、お悩みについてお話を伺います。
Step1. まずは、最近体重が急に増えた人とか、増えたことによって気になる「お肉」の部分をとりたい方にはお薬が安全確実ですのでおすすめです。内容は脂肪溶解排泄剤と食欲抑制剤それから代謝促進剤の3種類を処方します。これらの3種類のコンビネーションによってまず1ヶ月で平均3〜5kg体重が落とせます!!

脂肪溶解排泄剤:脂肪分の多い食事をした際に、食後1時間以内に飲んでください。外食や油ものが多い方向きです。
食欲抑制剤:1日効いて食欲がなくなります。甘いものや炭水化物が好きな方、間食が多い方向きです。
代謝促進剤:あまり動かない人向け。事務仕事や運動不足の人。採血が必要です。(続く)

第2話 綺麗の主人公「ビタミンCと恋愛」その4 

July 18 [Wed], 2007, 13:19
ハイビスカスはアオイ科に属する熱帯のハーブです。ハイビスカス−ローゼルと呼ばれ、観賞用のハイビスカスと区別されます。その名前は古代エジプトの女王ビビスに由来。天然のクエン酸、リンゴ酸等ビタミンCやミネラルを豊富に含みます。主としてローズヒップやルイボス同様にお茶として摂取されることが多く、やはり強い抗ストレス効果で肉体疲労や眼精疲労の予防と回復、代謝促進、消化促進、強壮、暖下、利尿等が期待されます。
例えば毎朝マルチビタミンでCやEの摂取をされている方はお茶の時間にルイボスティーやローズヒップ・ティーとしてお茶として摂取することが出来るものもありますので、ご自分のスタイルを工夫してください。ビタミンCと恋愛でより美しくなってください。

第2話 綺麗の主人公「ビタミンCと恋愛」その3 

July 11 [Wed], 2007, 16:05
ローズヒップ・ハイビスカス

近年多くの種類の抗酸化物質が紹介されています。いずれもビタミンCやEに比べ強い抗酸化作用がありますが、体外排出の問題を考慮すれば時間をずらして少しずつ摂るのが理想です。バラの実(ドッグローズ)であるローズヒップは、ビタミンCが豊富で、その量はレモンの20倍です。実に最もビタミンC含有量の多い植物なのです。ビタミンCが多く含まれることで風邪などの予防にはもちろん、元気の元ビタミンE、さらにビタミンC・Eの吸収力を高めるビタミンPの働きにより「シミ、しわ、くすみ、毛穴のたるみ」に驚きの効果を発揮し、潤いのある、美しい素肌作りをしてくれます。免疫力アップで紫外線による肌のダメージを防ぐほか、足のむくみを取り、便秘、泌尿器系、妊産婦の強壮、体力低下、生理通、生理不順、ストレス・お酒・タバコによる免疫力の低下に効果があります。

第2話 綺麗の主人公「ビタミンCと恋愛」その2 

July 03 [Tue], 2007, 17:26
(つづき)
ビタミンCは体のサビと言われる活性酸素の除去能力をビタミンEと共に強力に示すことで抗酸化作用(=アンチエイジング)を発揮します。また、ビタミンCを取ることにより免疫能が上昇し、風邪やインフルエンザ等のウイルス疾患や肺炎や気管支炎等の細菌感染、さらには様々な癌への抵抗力を増します。例えば、ハムやソーセージに対する添加物である亜硝酸から生成されるニトロサミンという物質は胃癌の原因物質と考えられていますが、ビタミンCやEはその生成を抑制したり、ホルモン、プロスタグランディン、インターフェロンという免疫系の作用を強化します。
また、コラーゲン合成に必要なビタミンであることから、みずみずしい美肌に欠かせない重要な働きがあります。ビタミンCには紫外線によるダメージから肌を守る美白効果もあります。シミや日焼けをつくる皮膚中のメラニンにはたらきかけ、褐色化を食い止めるわけです。そのほか、ストレス緩和/便秘防止/疲労回復/痴呆予防/アレルギー改善/眼病予防など、意外な効果も期待できます。ビタミンCは抗老化、アンチエイジングのエース的存在ではないでしょうか。そんなビタミンCには大きな弱点があります。自然にあるものは損失されやすいということです。例えば野菜や果物にあるビタミンCは調理中にはもちろん、摂取したあともどんどん体内から排出されてしまいます。ほとんどは加熱すると簡単に分解してしまうし、水に溶けやすいので、長く洗ったり、水にさらしておくと減少します。また、もともとの性質から空気に触れるとどんどん酸素を取り込み、分解されてしまいます。それから、体内に入ってもたった2、3時間で体外に排出されてしまうため一度にたくさん摂取するより、こまめに摂るよう心がけなくてはなりません。また、現代社会生活に多いストレスやたばこ、飲酒などでも大量に消費されてしまいます。サプリ市場には天然の製剤と合成製剤があります。
1日の所要量は、成人男女ともに1000mg。ポイントとしては、一日何回もこまめに摂るということです。また、ストレスやたばこ、飲酒ななどが多い人は特に多めに。

第2話 綺麗の主人公「ビタミンCと恋愛」 

July 03 [Tue], 2007, 17:18
ビタミンCも恋愛も女性を美しくします、方法は違っても・・・。
天然の交配で出来た最も青いバラ、シャルルドゴール。花言葉は愛・恋・美・幸福。


人の身体に必要な5大栄養素としてたんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルがあります。たんぱく質や脂肪は、血液や細胞などの身体をつくるのに必要なもの。また、糖質や脂肪は、身体を動かすエネルギーとして必要です。これらは日々の生活の食事から摂取しているものです。
ビタミンやミネラルは、身体のなかで起こるさまざまな反応を助ける役目があります。身体を構成する材料ではないけど、それがないとうまく生命活動を維持することができないのです。つまり、ビタミンは生きるために不可欠で、一般に身体の中では作られないので、食事やサプリメントから補充されなくてはならないのです。水溶性ビタミンは、ビタミンB群(B1、B2、B6、ナイアシン、B5=パントテン酸、葉酸、ビオチン、B12)とビタミンCで、必要な分だけ体内にとりこまれると余分な分は尿の中に排出されてしまいます。そのため、毎日必要な量をとることが大切になってきます。しかも、ビタミンCのように分解が非常に早いものは一日のうちでも小分けにして摂取するよう心がける必要があります。綺麗に重要な栄要素の代表選手、基本中の基本、ビタミンCについて考えてみましょう。
(つづく)

第1話 ビールの最初の一口 その2 (続き) 

June 08 [Fri], 2007, 10:42
命には限りがあるわけですから、生まれた瞬間から老化して行くプロセスを辿りはじめているともいえます。そこには、食事を含む環境因子もあれば、避けて通れない遺伝的因子もあり、皆必ずその意味では病気にならない人はいないし、早かれ遅かれつらい目に会うのが人生ではないでしょうか。ふと気になる症状や、小さな事でもなかなか治らない慢性の悩みについては常にドクターと親密に連絡を取り合いながら、医療を通じたアプローチを怠らないように心がけましょう。心のケアと食の健康はあくまで基本です。我々は健康を維持するにはどのように考え、どんなものを食べるべきなのか。ストレスとも上手に付き合いながら、日々の生活の中で感覚を研ぎ澄まして本能を失いたくはないものです。
さあ人生をエンジョイしましょう。

Scenes From An Italian Restaurant by Billy Joel ♪♪♪
A bottle of white, a bottle of red
Perhaps a bottle of rose instead
We'll get a table near the street
In our old familiar place
You and I,face to face, Oooh
赤ワイン、白、それともロゼ
なじみの通りにあるイタリアレストランの店先に
さあ、向かい合って座ろう、、、

第1話 ビールの最初の一口 その2 

May 23 [Wed], 2007, 18:41
私がパリに住んでいたときのことですが、日曜の市場へ行くと、日本で見かけるりんごに比べて、小さくて薄汚れたりんごをよく眼にしました。大きさもまちまちですし、中にはぶつけたところが茶色っぽく変色しているのも平気で混ざっています。とはいっても、どれも一様にそんな出来栄えなのでしょう、あまり立派なりんごはかの国では見かけませんでしたので、それを買って食べると、なんとも、りんごの「うまみ」・「エッセンス」が凝集されているかのごとくとてもおいしいものであった覚えがあります。それをかじりながらセーヌの方へ、思ったのはフランス人の作家フィリップ・ドレルムの本。日常の生活の中のふとした出来事、それは例え政治や経済と関係ないとしても、幸せの本質かもしれません。
「ビールの最初の一口とその他のささやかな楽しみ」by フィリップ・ドゥレルム
La Première gorgée de bière et autres plaisirs minuscules Delerm, Philippe

日常のちょっとした幸せ。
そしてそれは、、、気づかないうちに、泡のように消え去っていくことがあるかも。
なーんて、いろいろなことを想いながらお散歩。
“Paris Walk” by Clémentine ♪♪
散歩の途中で急にビールが飲みたくなったらサン・ジェルマン・デプレのカフェのテラスで休憩。街を行く人をのんびり眺めましょう。

(次回に続く・・・)

第1章 内側から綺麗に(続き) 

May 16 [Wed], 2007, 22:49
「あとは美肌の点滴をして身体の中からよみがえらせてみましょう。」

身体と栄要素。
人間は生まれて以来、栄養素は「食べる」ということから始まります。ですから、この「食べる」という基本をまずきちんとこなすことが健康にとって一番大事なことになります。「病は気から」、あるいは「病は食から」という言葉が現代のメタボリック・シンドローム等に反映されています。これは食生活が豊かになったことと関連している部分と、そうでない部分の両側面があります。前者は肥満や動脈硬化に代表されるいわゆる現代病ですが、後者はジャンクフードと呼ばれるものも含まれる化学合成物質を多く含む食品類による弊害で、これは主に免疫系の低下、更にはガンとして顕在化してくるケースが代表的でしょう。我々の元来備わっている身体に良いもの、良くないものを見極める能力を失いつつあるためこのような状況になってしまったのではないでしょうか。

面白い実験結果があって、マウスにある餌を与えます。次にそれに、栄養素の無い成分を加えて、いわばかさだけ水増ししたような餌を次に与えます。次々にその水増し分を増やしていくとどうなるか。マウスは水増しした分余分に食べて、総栄養摂取量はきちんと一定量を守るそうです。もしこれが本能であるとすれば、現代社会における人間はそれを忘れて、外観だとか、グルメだとか、偏食とか、珍味とか、おかしな嗜好に走りすぎる傾向にあります。

第1章 内側から綺麗に 

April 23 [Mon], 2007, 20:31
第1話 ビールの最初の一口

人にはそれぞれ年齢に応じた綺麗があります。
現代社会は好む好まざるによらず、いろんなストレスに満ちています。また、老若男女、いくつになっても、その場に応じてそれなりのストレスが付きまとうものです。
裏を返せば、このストレスにどう対処していくことが出来るか、によって我々の生き方というのは大きく変わってくる可能性があるとも言えるでしょう。
仕事、人付き合いが上手くいかない、疲れが取れない、頭痛がしきり、ニキビや吹き出物が急に出来たり、肌が荒れたり、くすんだり、、、
もちろん肌のデイリーケアはしっかりしていても。

「どうも寝つきが悪くてすぐに目が覚めて、朝までボーっとしていて、クマはできるし、肌ぼろぼろだし、、、」
聞くと、どうやら彼氏のお悩みらしい。
「まあ、みな人生まっ平らじゃないですから。心身ともにボロボロになるまで頑張らなくても、またいつか良い日が巡ってきます。つらい時にはお薬の力を借りてしのげば良いじゃない。いつまでも雨が降り続けることは無いのだから。」

そう、その昔CCR(Creedence Clearwater Revival)の
“Have you ever seen the rain?”
にも歌われているように雨が降るというのは「大変な事」の例えでもあるわけです。

It'll rain on a sunny day
I know
Shining down like water
予兆があることもあれば、晴れた日に突然振ることもある。
I wanna know ♪
Have you ever seen the rain?
ただ、知りたいのは、君は雨を見たかい?

こんな時には軽い入眠剤を出します。重要なことは、期間限定、依存性が無くてすぐに止められるもの。薬の効き目、切れ味を知っていればこそなせる業。薬も使い方によっては心のケアに非常に良い必要なものです。

(次週に続く・・・)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:永井院長
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像3GP Converter 2010 MP4 3gp 変換
» 第1章 内側から綺麗に(続き) (2010年03月31日)
アイコン画像Yndtyvyd
» 第1話 ビールの最初の一口 その2 (続き) (2008年06月23日)
アイコン画像Kowehnru
» 第1話 ビールの最初の一口 その2 (続き) (2008年06月23日)
アイコン画像Sosoepqx
» 第1話 ビールの最初の一口 その2 (続き) (2008年06月23日)
アイコン画像Gbnmmzsr
» 第1話 ビールの最初の一口 その2 (続き) (2008年06月23日)
アイコン画像Ljuiihjm
» 第1話 ビールの最初の一口 その2 (続き) (2008年06月23日)
カテゴリアーカイブ
http://beautyblog1.luire.jp/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる