アニメ雑記 2016/6/22 を語る
2016.06.22 [Wed] 21:29

●ばくおん! OP



PANしながら電線の光の反射を見せていくの、
1枚絵をスライドさせていくだけの絵に対してカメラの躍動感があるように感じられてよいかなと。
電線を伝う光っていうのはアニメ的な表現ですが、
そこにカメラの動きが入ることでちょっとしたリアリティがある感じになりますが、
カメラの速度と光の速度が違っているので光を追いかけていくようなカメラが、
結果としてそういう風にも見えた、とも捉えられる感じが良いのかなと。
アップテンポな曲に坂道を演出する光によって希望に満ちた道って感じになっていて、
個人的には結構好きな部分だったかなーと。



乗車準備。
各キャラがバイクに乗るまでの流れを見せてますけど、
この乗り込む直前っていうのを演出するのにサイドカーを使う部分が面白いかなと。
乗るのってあっさりした感じになっちゃいますけど、
乗り込むところで溜めを作ることで、他の乗り手のワクワク感を引き受けてる感じが好きかなと。
乙女チックなのは乙女心をより引き立てるためみたいな。
うーん、どうなんだろう?



飲み物が違うから個性出てるみたいな話って個人的にはあまり好きじゃないけど、
各々が食いたいものを手にしてる感じはいいかなーと。
こういう絵を入れたのは演出だよって感じに引きの画が入るのもちょっと新鮮な気が。
円陣を組むようなところではない、でも関係はこう見えるかも、みたいな見せ方が好きかも、みたいな。

本編はスクーターの子が入ってくる前後は楽しかった覚えがある。
今期はながら見が多くてちょっと反省気味。


●双星の陰陽師 12話





ボロボロになった紅緒ちゃんいいなーみたいな。
泣いちゃうところが悔し涙ではなく、父母を失った子供の泣き顔っぽい感じも良かった。
紅緒が主人公を認めていくところなんかは割りと印象的に作っていて、
そういう中で何か見れればな、と思っていたのですが今回は自分的にグッと来る回だったなと。



普段より丸い感じがやっぱ良かったのかな。
ろくろに返事を返すときは横顔を見せてるけど、
返事の素朴感はここの表情の引用で成り立ってる感じだったので余計に気に掛かる感じだったかな。

何気にバトスピと合わせて水曜の夕方だと一番きちんと放送日を覚えて楽しみにしてる番組かもしれない。
とりあえず今後の紅緒の姿が楽しみです。


●少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録



ダンス前。
星の動きが日周運動っぽい感じでここでも使っていたっけ、というメモ。
この後のシーン含め、毎回どうなってるんだろうという感じで見ちゃう気が。

アニメ雑記 2016/6/20 を語る
2016.06.20 [Mon] 23:56

●ビッグオーダー



デイジーの逆さで宙に浮いてる姿が中二心をくすぐられる感じで好きだったなぁ、と。
こういう道化役で魅力的なキャラが出てくるのを実は結構待ち望んでいたり。
デイジーは願いを叶える存在として神に近い存在であったはずですが、
その存在はどのように見ればいいのかっていうのをあまり示してはくれていなかった気がする。



扉が開くところでメインキャラクターと一緒に門の前にいるデイジー。
扉がデイジーが入ってる容器の暗喩っぽくあって、
この扉(容器)の前にいる者は願いを叶える存在になるというそういう意味合いかもなと思えたり。



器から出てきたデイジー。
オーダーはまだ決まっていない=願いは決まっていない?
エイジに協力的だったのは外に出るためだったのか、神を倒させるためだったのかとか、
色々憶測できるところはあるし、デイジーが外に出ることが瀬奈の願いの1つだったのかもしれない。



オーダーは決まっていないというエイジを笑い去っていく。
溺愛していた妹の誕生日を忘れ、
プレゼントを用意出来ていなかったエイジがかつて奪った瀬奈への贈り物を手にし、
そしてデイジーが出したグラスの中の玉が割れる。
赤い玉という共通点とデイジーのオーダーがあるのかの質問にまだ決めていないと応える様子から、
瀬奈のプレゼントが必要だという願いからポッケから髪留めが出てくるいう読みもできるけど、
エイジ自身が願いを失っていて、瀬奈の願いでしか動けない存在になってしまった、
という風にも読める。
妹のために願いを叶えたけれども、自らの願望を消失してしまったのかもしれない、
だから誕生日も忘れるし、あげるものは決まってしまっている。
自らの意志で瀬奈に何かをしてあげられないのではないか、という予感がありますよね。
そんなエイジの結末をデイジーと赤い玉は表現しているのかなーとか。
グラス自体がデイジーの入っていた容器の暗喩とも取れるし。

エイジがどのような存在であるかっていうのをデイジーが示してくれてる風になるけど、
なぜそんな結末になってしまったかをデイジーが触れるのかっていうのも気になる感じで。
こうやって物語に残り香を与えるキャラとして最後までいい道化役だったのかなぁと思えたり。


●少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録



光っていうのがデジタル撮影になって色々綺麗に仕上げてきてるけど、
光が集束していくとか撮影のエフェクトとしての光というのはもっと違ったことがやれるのでは、
みたいなことをウテナを見ててぼんやり思ったり。
剣を抜くときに中心に光が集まっていくけど、
こういう集束自体が現代ではあまり見ない表現ではないかなと思えたので。
光らせ方に興味が集まりすぎているのでは、みたいな懸念というか。
まあ演出や作画にも寄るところなんでしょうけども。
しかしウテナ、今考えるとバンクで車のライトが収束したりとか、
光を集めるのが好きなアニメだったのかなとか思えてきたり。



この作品は色々と撮影面で凝ってそうな作品ですけど、
そういえばセル画時代の撮影ってあまり興味を集めてはいなかったようなと。
セル画時代は撮影台で撮影してたわけですが、
たくさんのセル重ねて撮影するのって今考えても凄いよなと思えるので、
今後はデジタルの撮影が語られていくうちに、
セル画時代の撮影を見るのが流行る時代が来るかもと思えてきたり。
このカットはセルがこれだけ重なってるから凄い!みたいな。無いか。

アニメ雑記 2016/5/30 を語る
2016.05.30 [Mon] 22:19

●ハイスクール・フリート
2話を録画しそこねたんでdアニメストアで配信分を見て録画で最新話まで追いつく。
昨今の兵器×女の子に乗っかった作品かなーと漠然と思いましたが、
話が進むに連れウイルスだとかどんどん妙な方向へ行ってるような気がしなくもない。
戦うべき相手っていうのが助けるべき相手でもあって、
激しい打ち合いに向かず逃げまわる格好が続くので、
展開的に戦闘をメインに据えられないのが昨今の作品群との差別化になっているのかな、とか。
目指す目標がブルーマーメイドという職業に起因するんでしょうか。





個人的に好きなのが見張り員と機関長。
学生の練習艦という設定で乗組員が主人公含め皆未熟な雰囲気なのに、
正確な報告をあげ、艦長の希望に即した方向へ持っていく様子など、
頼りになる描写が続くので見ていて寄りかかっちゃいます。
中の人もキャストの中ではキャリアが長いし、そこに合わせた配役だったりするのかな。
機関長が機関室で寝たりっていうのも、
もしもの時に近くにいて対応できるから落ち着けるのかなとか 、
そういう責任を背負ったキャラという風に受け取れるのも好感が持てるところかな。

8話では目測を誤ったり、機関長としてもう対応できないことを伝えたりなど、
ブリッジの面々が頑張る反面、
若干イメージ下げの感じになっててちょっと微妙な感じだったのが引っかかったな。

個人的に気になるのは主人公がこういったキャラの報告に信頼を置きつつも、
自分にできることを見つけるとそれを自らが行おうとするところ。
艦長とはどういう存在か、というのが本編でも触れられますが、
買い出しとか救援とかっていうのは艦長自らがやるべきことなのかというのは確かに疑問で。

家族だから、親友だから、っていう感情の先走りによるものだけど、
他の船員はみんなを家族とは思ってくれていないと思っていることの裏返しでもあるような。

あと操舵手が艦長からの信頼を受けて変わっていく様子と、
粛々と自らに課せられた使命を全うしている者を見ると、
信頼という関係性がこの作品の中核にあるのかなと思えるようで。

任せておいて大丈夫っていう信頼を勝ち取っていくのと、
最初から大丈夫だと思わされる機械的、部品的なキャラとの関わり合いが混在しているようで、
そこから信頼のかたちのようなものを描いてくれるんじゃないかなという期待感があるんですが、
この先どう転んでいくのかな。

物語的に人間が機械のようにエラーを起こすことを扱っているようにも思えるので、
こういったプロフェッショナルな人材が必要になる反面まだまだ未熟なキャラが登場する作品では、
もっとミスやリーダーが思い描くように人は動けないっていうのを描いて欲しい気もしますし、
どうなっていくのか楽しみです。

アニメ雑記 2016/5/17 を語る
2016.05.17 [Tue] 22:50

●Re:ゼロから始める異世界生活
監督が渡邊政治さんだと知って慌てて見るなど。
最近凄く楽しめた作品ってちょっとしたことでも触れたくなるのでもどかしくなります。



異世界召喚をメタ視点で見ている作品っぽく、
この後のイベントを考えてはことごとく空振っていく姿は分かってる感あるかな。
女の子と仲良くなることで相手を助けたい相手だと見せたいこと、
メタ視点で語りつつもループという現実、
死という現実を通したループという現象から目をそらす主人公など、
感情や認識の振れ幅の押さえ方とか。
そういう中で描かれる城下町の雰囲気が新鮮に映ったかなぁと。



水が噴き出しているのとか丘の上にある城だとか。
王族はファンタジー世界を形成する要の1つみたいなイメージありますけど、
そこにはまだ辿り着かない、しかしそこには城を中心とした権力のピラミッドがあり、
権威を意識させつつも穏やかな街の雰囲気を見せたり。
貧民街みたいなところを夕方に見せて哀愁漂う雰囲気で通して見せたり、
それぞれの場の持つ雰囲気なんかは大事にされてる気がしたかな。

セリフなんかも関係者っていうのをキーワードにしている風で、
どういう繋がりなのかをあやふやにしつつ先の展開への伏線を小出しにしたりしていて、
そうやって視聴者を引っ張っていくフックが作品上で錯綜していくのも面白いですね。



1話のフェルト。
突然NARUTO的な感じになったのとブレ線が監督っぽいかなーと思ったけど原画クレジット等はなし。





飛んで7話。
ラムの風の魔法っぽい攻撃のエフェクトが少し気になったかな。
昔、AIRで渡邉さんかなと思ったパートが、
ちょうど風の特殊効果による光の屈折が目立つカットだったので、
今作も色気が出たシーンなのかなと思えたんですが、一般的な表現かもなー、とも。



思い出したのはAIR 9話のここ。
撮影によるところが大きいのでどこまで渡邉さんがコントロールしてるかを含め意識しちゃうな。
最近はgifで動きや効果を取り上げる記事もチラホラ見かけるので、
気づいたら自分でちゃんとデータベース作って検証しなければなぁと思うんですが、うーん。

お屋敷編になって髪を切る約束だとか双子にコロコロされるとか、
まるでフルメタTSRだなっていうのを含めなんだか色々接点を探してしまいます。
作品自体が面白いのでとくにそういうのを探す必要もない気もするんですが。
意地があるんだよ〜の下りでスクライド思い出していやいや毒されすぎだろと思っていたら、
バルスバルス連呼し始めてたのでネットネタはやっぱあるってことはあそこも引用かとか思えたり。
どうでもいいですが双子は姉派。

監督はハルヒ以降から京アニ作品には参加されてなかったので、
一足早く外に出ていたのでしょうかね。
もうハルヒから10年経つので京アニの人っていう認識はどうかなとも思いつつ、
ハルヒダンスやライブアライブなど作画面でブームの中核に関わっていた方のように思えていたので、
やっぱり意識しちゃいますね。

アニメ雑記 2016/5/2 を語る
2016.05.02 [Mon] 21:33

●三者三葉



OP。
レイズナー方式の本編ダイジェストを挟むOPをまさかきらら系の作品で見るとは、
という意外性も強いけど、作品自体がきらら日常系作品のイメージから外れている印象が。
まあ同じような感じで城下町のダンデライオンとか、1話から飛ばしてたきんいろモザイクとか、
同じ動画工房制作の未確認で進行形とか色々ありますが。
今作のどこか浮いた印象っていうのはOPから来るものもあると思いますが、
一体この感覚は何なのかなとちょっと不思議な感じがします。
OPではマイクに向かってしゃべる辺りが歌の可愛らしさと合ってて好きですね。



学内の描写よりお昼を一緒に取る場がメインになってるのが引っかかるのかなとか。
教室でのやり取りは出張所で、メインは木々の中でっていう。
植物の作る、特に緑の作るイメージの印象が強いのが強烈ですよね。
タイトルに同じように葉のイメージがあるわかばガールでもこんなことしてないぞという気分に。



一人だけ別角度からの視線。
こういう特別さに弱いサガ。
しかしこういう意地の強い子をいじる描写って弱みに付け込む感じで苦手なんですよね。
ギャップ萌えの弊害って結構あるんじゃないかなと思ってしまうというか。
罪深い気がしてならないのでそういうのへのカウンターはもっと狙って欲しいところかもな、
とかまあどうでもいい話。



2話。
個人的に異色のショットかなと思えたかな。
物語とは関係しない先生という第三者の視点が反映されたような流れなのが気になる感じ。
呼び止める相手としてキャラを明確されることで彼女たちの関係から、
1人が違う意識の中に引き寄せられる感じが印象的というか。
この話はこの子の話なんですよ、っていう合図の1つなんでしょうが、
日常系の作品群ではもっとキャラが複数入った状態で、
内輪の中に誰かが入ってくるというニュアンスを作ってくるんじゃないかと思うんですよね。
ここでは完全なる他者の視点、意識が彼女を引き寄せているので、
彼女たちの内輪の世界からは完全に切り離されてるのが気になるな、と。

その後の姉とのエピソードを見るとそういう3人の関係からは離れた物語になっているので、
より個に沿う物語だというのを強調するために、
キャラを抜き出すショットを必要としたのかなという風に思います。
まあ結構他の作品でもあるんじゃないかなと思うんですが、
きらら系日常系の作品ではあまり見かけないような気がしたのでちょっとメモという感じで。



電車がこちらに向かってきて、



通過する。



そして反対側からも電車が来て通過する。
電車による心理描写って結構あるように思えるんですが、
凄い直球な演出だなぁと見てて思ったり。
ありがとう、っていう返答をこうやって見せるのかっていうのもあって新鮮でした。
2話 絵コンテ・演出:谷田部透湖
知らない方だなと思ったら自主制作が多いみたいですね。


●ビッグオーダー
角川、アスリードの新作。
SHUFFLE!が好きで、そこから10年以上たった流れの上にある作品という意識はあるかな、とか。





妹さんが可愛くて良い。
あからさまな描写による血のつながりのない兄妹関係が新鮮に映ります。
髪をとかしたりっていう行為によって兄への想いを描いたりとか、
そういう相手に綺麗に見られたいっていう欲を描いてるのがグッと来る感じ。
やっぱり誰かのために綺麗にしておきたいっていう描写は好きですね。
こういうのをもっと見たい感じ。
後ろの写真なんかはあからさま過ぎて重い気もしますが。


●資料性博覧会09
5/3のイベント資料性博覧会09の公式パンフレット「求道的アニメファンが注視する、先端クリエイター36人」で記事を書きました。ブログとはまた違った形の記事になったと思います。よろしくお願いします。
http://www.mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/news.html

劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜 を語る
2016.04.27 [Wed] 22:40

総集編ということでしたが新規カットもあり、
映画の音響で演奏シーンを見れたりして楽しかったです。
TVでいろいろ思わせぶりなショットを重ねていたので、
ちょっと物足りなさが大きかなと思いましたが、
コンクールでの三日月の舞の新規シーンがまたかっこ良くてよかったです。
5話のマーチングのシーンも追加シーンがありましたが、
個人的にはもうちょい立夏の演奏が見たかったかな。

日常パートの追加カットは注視してないとわからないくらい一瞬で流れていく印象でした。
パンフレットで読んであそこそうだったっけ、と気づかないところもありましたし。
そういう意味では削ぎ落としたところと追加したカットによるシーンの繋がりをもう少し見たい気がしたな。
ただこういうことされると次のシリーズはTV準拠か劇場版準拠かと、
受け取り方が変わりそうなのが不安。
表裏一体の関係になるんでしょうが、
やはり完成されたものを組み替えたということで意味合いが僅かでもズレてしまうんじゃないか、
みたいな不安を見てて思ってしまったなと。
特に鎧塚みぞれと優子のシーンが追加されたことで生まれたというカットが、
後々尾を引くパターンも考えられるのではと、
そういう漠然とした不安の伸し掛かってくる感じでした。
あとこの劇場版の麗奈は「痛いの嫌いじゃないし」とは言ってくれないんだな、みたいなのもあって、
劇場版のシーンをそのまま2期見るときに引用していいのかなと思えたりとか。
再オーディションで葉月と部長の拍手がカットされていたので、
お互いを補完し合う関係とは言いがたい気がしたので、
そういうところから出てくる不安感だったのかもしれません。

EDも新規で作られているので、
結果発表後の雰囲気が見れたのが嬉しかったな。
こちらも実は後々出てくるんじゃないかと思われるようなモブを見せるカットがあったりで、
TVシリーズの2期に期待が募るところです。

アニメ雑記 2016/4/25を語る
2016.04.25 [Mon] 21:52

●遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS
見てきました。
遊戯王と言えば自分もカードゲームやTVゲームでも遊んだりしていたので、
期待感の大きな作品でした。
自分はバトルシティ辺りで一旦読むのをやめて、
ジャンプで連載されていたものをたまに読む程度でしたが、
王国編までは楽しんでいたのも確かで、どんなものが見れるか楽しみでした。
しかしこういう映画が作られるのを見ると、
懐古的な作品を昔は自分がターゲットではない作品なんだろうなと距離を取っていましたが、
今は自分たちに向けられた作品というのが出てくる時代なんだなぁと改めて感じられました。


以下ネタバレ感想。
個人的に海馬と遊戯の戦いが見れればそれでOKみたいに思っていたんですが、
海馬の闇遊戯に対する執着が凄くてイチイチ驚かされます。
待ちきれずにジェットから飛び降りたりだとか、
闇遊戯が消えた場で負けられんと神のカードをその場からドローするなど、
通常では考えられない事象を次々と巻き起こす超人になっていて、
海馬もオカルトの類に片足を突っ込んでる感じになっていて驚かされるというか。

今回は次元領域デュエルという新方式のバトルでしたが、
それが新デュエルディスクの機能とシンクロしてるような感じなのが気になったかな。
元々カードのデザインが立体化するっていうのは、
原作で初めて闇遊戯と海馬が闇のゲームをしたことから端を発していて、
海馬が遊戯の復讐のために同じようなことができる装置を作り出したのが始まりで。
元々海馬の執着が様々な技術を生んでいたので、
今作では闇のゲームの延長線上にあるであろう次元領域デュエルに、
海馬が最初から対応してるのに驚かされるかな、と。
海馬自身は未来を見つめていたキャラでしたが、
今作では闇遊戯との決着をつけることに拘っており、
過去に囚われたキャラクターへと変わったような感じでしたが、
新型デュエルディスクの開発や軌道エレベータなどの近未来的なガジェットを準備してるのを見ると、
海馬の進む先に闇遊戯との再戦が存在してしまったが故の悲劇なのかとも思えたり。

冒頭の千年パズルを前にした海馬の姿がこの作品の根幹を作っていて、
非常に印象的なシーンだったように思います。
宇宙や次元などSF的な超越した設定が多いのは、
他作品とは別の時空であることを後押ししているようで気になったかな。
原作は闇のゲームなどオカルト要素の強い作風でしたが、
次元領域デュエルに海馬が追い付いていたこともあり、
より科学的な方向、SF的な観点の大きな作風に代わっていて、
海馬が主役だと言われるのもこうした海馬の作る時代背景に寄るところが大きい気がするかな。
千年パズルを組み上げるところなんかは古代の英知を乗り越えた証左のようでもあったし。

藍神など新キャラも多数登場しますが、
映画を見てて見たいのは海馬瀬人の生き様そのものになっていたので、
海馬が次元を超えて闇遊戯に会いに行くラストは涙なしには見れなかったですね。

個人的に青眼はオリジナルをもっと見たかったし、
ブラックマジシャンも新デザインでなくても良かったかなと思いましたが、
最後の描かれなかったバトルで使われるからこそあまり出なかったのかなぁとか、
いやいやそこに拘りすぎるのが過去に囚われるということではとか色々考えてしまいました。

一番びっくりしたのは思っていたより自分が遊戯王を好きだったことですね。
映画自体が良かったのもありますが、見る前から非常に楽しみな作品だったのは間違いなく。
自分自身原作を最後まできっちり読んでいなくて、
自分の中で終わった作品になっていなかったのも視聴意欲が大きかった理由だったのかな。

原作だと印象的なデュエルは、
遊戯VS海馬(粉砕玉砕大喝采)
インセクター羽蛾VSダイナソー竜崎(勝敗の決し方が意味不明なのが面白い)
海馬VSペガサス(手札を捨てて青眼引く)
城之内VSキース(タイムマシーン)
遊戯VSマリク(無限ループ)
この辺からほとんど覚えてない
遊戯VS闇遊戯(ラストバトル)
とこんな感じでしょうか。

アニメ版は東映版、DM版などコンセプトがそれぞれ原作と違っていて、
原作こそ遊戯王な自分としては乗り切れない部分が強かったなぁと。
今のところの遊戯王の映像作品として、原作の続編ということで、
一番納得できる作品、自分が楽しめる遊戯王が見れたのが良かったなという感じ。
また見に行きたいですね。

アニメ雑記 2016/4/19 を語る
2016.04.19 [Tue] 23:53

●この素晴らしい世界に祝福を!



近年の作風から金崎監督と言えば3Dを使ったメカや空間表現みたいなイメージが強かったんですが、
これゾンで使ってたOPでサブタイトルをやる辺りぐらいしからしいところが無くて、
やっぱ菊田さんのような方が入るとまた違うのかなと思えたり。
最終話でようやくきたような気がしましたが。





OPはサビのバトルなんかも目を引かれたな。
剣を打ち付けるその間に隙間を作ることで剣戟による振動というか、
敵の攻撃を力を幾重にも伝えてガードしてる感じが面白いかなと。
対比として敵の硬さによって剣で自分にダメージが行ってる主人公がいたりとか、
剣を斬る行為ではなく物理攻撃として叩きつけて行くニュアンスが新鮮という感じ。

女剣士が9話で選ばれてたりとかしてましたが、
OPでも主人公を引っ張っていく役立ったりしてやや目立ち気味な感じで、
その辺の役回りというか、どういう立ち位置のキャラだったのかなと思えました。
9話は美少女と酒を飲むっていうのが魅力的に描かれてるのも好みなところでした。



ED。
牧歌的な映像はいいんですが、この自然をもって世界は素晴らしいと言えるか、
っていうのがやや気になるところで。
現実にも世界は美しさを秘めているわけで、
転生した異世界を果たしてそれをもって素晴らしいと言えるか、
祝福を与えられるものなのかとか、そういう引っかかりはあったかな。

あと風車はやっぱ理想郷の旗印になってる感あるかな。
まどマギみたいにそれを反転してる作品もあるけど、
持ちつ持たれずの関係ってやっぱ作品群の中にはあるよなと思ったりなど。
2期楽しみです。


●クロムクロ 1話



階段は3Dなのかな。
絵をただ引いていくだけでは見せられない階段の見え方の変化が見て取れる。
この階段のシーンだけで結構いろんなことをやっていたような印象。



携帯でスマホを撮った方が綺麗に見える?
ピントがスマホに合ってるからっていうのもあるけど、
最近はスマホの鮮やかさに驚かされる感じもあるので、
ここではそれをやられているのかなという気がする。
物語を追うカメラより、スマホをかざした方がより緻密に、鮮やかに見える、みたいな。
主観ショットなので人の目より、なのかもしれませんが。
どういう意図なんでしょうね。
やっぱ国連の使ってるスマホは一味違うぜみたいな意味合いなんでしょうか。



窓から見える自然も綺麗に見える。
京アニなんかも電車から見える風景みたい3D組んでやってますけど、
ここは普通に美術なんでしょうか。
あおりにして見える範囲を限定することで雄大感のある感じに。



手のポーズでキャラクターの緊張や友人のちょっと砕けた印象を作ったりとか、
それぞれのキャラの芝居をさせようとしてるのが目を引かれる。
手の芝居は特に友人側に多くて特に目を引かれますね。
微妙な手の角度で気分を描かれる面白さ。
ただ冒頭の面談から表情を含め芝居がこってりというかつめこまれてる感じがして、
表情を読み取るのもなんか重々しく受け取ってしまってちょっと疲れる感じ。
見えてあまりヒロインの気持ちに立てない感じなのかな。
全体的にロングショットが多いけど、
風景を見せる意図とは別にキャラクターの芝居を見せる緩急材でもあるのかなと思ったりなど。
こういうのを見てると、ふとした眼差しを追い求めてしまうのは、
あまりキャラをわかりたくないからなのかなと思えてくるこの頃。
まあどうでもいい話。



待ち受けも鮮やか。



ロボ戦は3Dみたいですが、
ここで剣を掴むまでにちょっと溜めを作ってるのが引っかかる感じ。
わざわざ手をかけるところを見せてるところを含め気になったかな。



Cパート。
敵が攻めてきたぞーっていう絵で背景が破滅的な絵になっていない違和感。
橋の下から浮上してくるけど、一見橋より大きなロボットのようにも見えるので、
橋を壊さずに攻めてくるっていうのがどこか幻想性を持った絵に見えてくる。
そういう背景を背負った敵であるって感じなのかな。
この感じが今後どう響いてくるのか気になるかなぁとか。


●双星の陰陽師



必殺技名からカットインが入る演出はどこかゲームっぽいイメージが。
陰陽道だと近年じゃ東京レイヴンズが面白かったですが、また別の感じで楽しめそうな。



回想でアスペクト比変えるのやっぱブームなのかな。
徹底して回想はこういう画面比になってるのが気になる。
キルラキルでは過去というか作品の持つ古臭さを含めていたと思うので、
今作ではどういう意図でこういった画面が使われてるのか気になる。
原作で何かあるんだろうか。



右腕ガントレットでテレ東でってスクライド思い出しますね、
とそれが言いたかっただけというか。
個人的には黒髪でセーラー服でロングスカートのヒロインがグッとくるので、
今後の活躍に期待が募ります。











梅津さんによるOP。
EDでクレジット見ておかしいと思ったらOPにディレクターで載っていたという。読みにくい。
エフェクト派手なのも良いけど、等身高めのヒロインが新鮮だったかな。
肌の露出のさせ方なんかも目を引かれる感じ。
本編で別の形でまたこういうのが見れるかなと楽しみです。

アニメ雑記 2016/4/13 を語る
2016.04.13 [Wed] 21:42

●へヴィーオブジェクト
個人的には満足度の高い作品だったかなぁと。
最近は異世界召喚が云々っていうのが流行だけど、
そういう流行に流されて結局まともに語られなかった作品だったのかなぁと思ったり。
最終話で主人公とヒロインが対決する流れなんかは色々と心得てる作品だなぁと感じました。
灼眼のシャナなんかがそうでしたが、やはりヒロインと対決するっていうのが大事かなと思うので。
ヒロインと対決するラノベ原作アニメこそ王道みたいな。
まあ、単に自分がGガン、ガガガとかの流れが好きってだけかもしれませんが。



3Dのディテールアップなのかよくわからないけど、
ゴージャスな感じのドッグ描写なんかは好みな感じだった。

どうでもいい話で個人的にこの作品に出てくるメカがガンダムだったらっていうのをよく考えてた。
整備兵が主人公だったら、みたいな話をどこかで聞いたせいかな。
主人公たちの機転の利く活躍ぶりはラノベライズされたものかなと思いつつ、
着想は所謂ロボットアニメの系譜からはなかなか出ないもので、
それをやりきろうとしてるところに価値があると思ってたんだけど、どうなんだろう。
オブジェクトが不恰好なのも倒される側がかっこよかったらアレかなという理由か?みたいな。



16話。
15話、16話の流れが見ててロボットアニメだなぁとか思ったな。
整備状態をやたら確認するパイロットとか、不安材料を潰そうとする姿勢が新鮮でした。
十分な性能が発揮されない場合、自分の思い描く動作ができないという、
操縦する観点から見てるのが新鮮だったなぁと。こういうやり取り自体が珍しいなと。
あと実は幼女という引きでしたけど、
クェイサーのただ事じゃないという表情のつけ方も良くて、
幼女がいる異常性を鬼気迫る感じで描いていてそういう姿勢にグッとくるなと。
まあ16話冒頭ではやくも打ち砕かれたところでもありましたが。
表情付けやコンソールのデザインなど凝っていたり、
エリートのパイロットがオブジェクトの強力なGに涼しげにしているのとか、
ギャグを交えつつキャラクターの強烈さを描いてて楽しかったです。
15話は田中雄一さん、16話は西島克彦さんがコンテを切ってて、
また珍しいなとそれだけでも印象的な話数でした。



23話。1話でも出てきた必勝必殺の剣。
あまり物語には関わらない絵だけども、ここで入れてたんだなという。



鉄塔を描きます!という感じで見てて痺れたな。
冒頭の蒸着の描写も見てて懐かしい気分に。



ケーブル自体をハーモニーで描いてるのも新鮮だったかなぁ。
こういう風に改造してますという絵面が新鮮なのかな。
銅線の部分の感じとか。
しかし盤の中身は電源関係っぽいけど、通信はどう送ってたんだろう。
緑のケーブルって普通アースだけど海外じゃ違うのかな。
鉄塔は明らかに通信鉄塔っぽいけど。
こんな山奥にまで電源送ってるの凄いなと思いつつ、
そういえば道路も整備されてるし民家があるってことは昔は人が住んでたのかとか、
余計なところが気になってくる感じだった。



遠近感のある絵でグッとくる。
青空を背景にした鉄塔の感じが良いなと。





キャラクターの奥底にあるイメージをすくいあげる描写。
煌びやかなドッグの風景とは裏腹に、
闇はその戦場へ向かう中で培われているようなイメージで引っかかったな。
光りものばかりが正しいわけじゃない、みたいな。



誓う。我ら王国兵士の頭上に煌めく、必勝必殺の剣にかけて。
頭上のレイピアは単なる願懸けという話だったので、
ここでそれに誓いを立てるのが意外でビックリしたな。
必ず作戦を成功させる意味も込めての誓いなんでしょうが、
特に意味を与えられていなかったものが、
兵士の象徴としてそこまで深く刻まれていたことにグッとくるところでもあって。
こんなカッコいい誓いを立てられたら、
その願いを無下にはできないと惚れた方が折れるのも人間味が感じられてよかったなと。



ED。
EDは元々お姫様尽くしだったけど、最終回は2人もつれて。
ここなんかは超電磁砲を思い出す画だなぁと。
JCの原作者繋がりのセルフパロディかなと思える風景が楽しいというか。
今作はお姫様をちゃんとヒロインとして立てようとする感じがやっぱGOODかなぁと。
監督自身が原画やったりもしてるんで、そういう部分を含め意識して見ちゃいますね。

個人的に毎話楽しかったので、2期とかもあれば見てみたいんですが、まあどうなるか。
昨年のJC作品はやっぱ一味違った感じだったので、
またこういった作品が出てくるのを楽しみにしておきたいところです。

アニメ雑記 2016/4/5 を語る
2016.04.05 [Tue] 22:17

●アイドルマスター シンデレラガールズ 25話
終わってみて自分が夢中になってるのは監督の映像であったんだなぁとしみじみ思った。
もっとキャラクターを好きになろうと思ってもそれ以上に映像見るのが楽しいというか。
色々なアイドルが出てくるけど、自分を夢中にさせてくれるのは高雄監督だけ、みたいな。
個人的に見てて思ったのはキャラクターが物語の代弁者であったように思えたことかな。
プロデューサー、卯月、常務辺りとか。
魔法とは何か、という落としどころだったように、アイドル、シンデレラ、プロデューサーとは、
みたいな思考実験を終えたような幕切れだったように思えたかなぁと。
監督自身が演出されてる回でそれをやられると、
監督の中の作品像への葛藤が出ているのかなぁと思えちゃうんですよね。









「私達は出会った」「光に惹かれて」「つまづいて」「転んで」「迷っても」「止まらないで」「冒険しよう」
「今、私達は」「何を願おう?」「形のないものを」「光を信じる私を」

スクリーンに映し出される映像によって語られる物語。
非常に虚構性の強いシーンであるんだけど、
形のないものをのところで24話の虚構の卯月のシーンを入れるのがまたグッとくるところで。
虚構であるからこそ、語られない歌声に込められたキャラクターの心情を引き出せているようで。
星を手にする3人の神聖さから、
光を信じる私をという3人がそれぞれが光を信じる姿、願いを込める姿だとわかるのもGOOD。
光を信じる姿という情景の儚さにうっとりさせられるというか。
決して手が届かない聖域のような情景だからこそ憧れるシーンでした。
映像の作る虚構性に魅せられる感じというか。


●アイドルマスター シンデレラガールズ 26話



新撰組も楽しかったけど、卯月がお洒落する一連が目を引かれたな。
デレマスだときらりも結構好きなキャラで。
女の子が女の子に何かしてあげてるのがやっぱ良いのかな。



ED。
高雄さんがほとんどやってるっぽいけど、ED入りのところからやってるのか気になる。
チャプターだと曲が流れた辺りはEDらしいけど。



落下していく感じから最初のPVの印象に近く的になったのと、
最後がアネモネで締めっていうのが気になる感じだったなぁ。
やっぱそこに向かっていたっていう感じだったのかなとか。

シリーズとしてはアイマスのときに乗れなかった高雄さんの演出に乗れたのが良かったな、と。
やっぱ高雄さんのファンなので、自分が好きになれる感じで良かったと。
次回作も楽しみに待ってます。
P R

【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]


アイドルマスターシンデレラガールズ コンプリート アニメファンブック [DVD]
アイドルマスターシンデレラガールズ コンプリート アニメファンブック [DVD]

(06年/7/31設置)

 twitter
http://twitter.com/Pole_Star
関連品

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスターシンデレラガールズ 9 (完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray] 映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]

最新コメント
アイコン画像さき
氷菓 12話 を語る (2014年08月22日)
アイコン画像流星の人
雑記 1/5 を語る (2014年01月19日)
アイコン画像宇治の人
雑記 1/5 を語る (2014年01月09日)
月別アーカイブ