読売新聞社 

2005年12月08日(木) 21時59分
リクナビのメールボックスに読売新聞社から興味深いメールが届いていました

読売新聞社の現社員さんが、就職活動中に提出した履歴書を公開して、学生に見せてもらえるという内容のもので、わたしも興味があったのでさっそく読ませてもらいにサイトへおじゃましました。

さすが新聞社。。。3名の方の履歴書を読んでいて一番感じたことは、やはり強いやる気と意志でした。私もやりたいことをどういうふうに伝えたらいいんだろうと、すごく悩むことがあります。
会社の役にたちたい、ここでしたいことがある、それははっきりわかってるんだけど。。。
履歴書を読んでて印象に残った部分は、女性の方が読売新聞を「単なる客観的な情報伝達だけに終わらない”主張ある”新聞」であるとたとえたことです。これを見て、志望している企業をわたしがどう見ているか、私もうまく伝えたいってすごい思いました。

あー
私なんて、まだ最初の段階でつまずいてるんだろうなと思います。
来週の水曜、大阪ドームで合同説明会みたいなのがあるのでいってきます。ドームとか、大きい会場での説明会がどれほどためになるのかという下見感覚で。多くの先輩の話によると、疲れるだけであまり期待はしないほうがいいらしい。。。私が水曜のドームに行きたいのは、気になってるバンダイがくるから
やっぱりいいなと思ってる企業でも、自分の肌に合ってないとまったくだめだと思います。
好きだから期待して入って、でも思ってたのと違ったから将来の展望が持てなくなるなんてもったいない人生、私は送らない。
だから確かめにいきます。自分にあった企業って、どこかにあると思うから。
わーそれにしてもバンダイたのしみっ

ブログとは 

2005年12月01日(木) 22時07分
にゅーPCを買った記念にブログを始めます
日々にあることもらさず書いていこうと思うこれから迫る就職活動、カレのこと、好きなものについて。

もうすぐクリスマスだぁ今年は、
http://www.hikari-renaissance.com/
にいきたいと思ってるお願いしたら、彼氏連れてってくれるかなぁ〜
中之島はやっぱきれいらしい大きさとか人気では関西はルミナリエが最大だったりするのかもしれないケド


私は最近、自分のことについてよく考える機会が多いです。それは何となく考えるのだとか、ひとりになると頭をかすめるという感じではなくって、考えないといけない時期にあるから。ほんとはゆっくり自分と向き合えるような環境がほしいけれど、もう時間は過ぎていく一方で。
高校生の頃だったら、何しててもあたし何してるんだろうとかよく思ってたけどな。
今思い出すと、思い通りにならないことやできないことが多すぎて、拾いきれなくて、ネガティブになってたのかもしれない。たまにこのひとすごいな〜って思うひととかに会うと、そのひとばっかり見てた。
私の知らないことを見つけたくてたまらなくて、すごいところだけを見分けようとしてた。

今はすごくたのしい。自分にできることが多くなって、正直に言いたいことをつらまえられるようになってきたから。
だから就職活動というこれからの大きな仕事には少し気持ちが張り詰めている。
今ここで決めたことは、つらいからって楽しむことを忘れたりはしない。ということ。やさしいしぐさに泣いてしまうほど、ぜったい追い詰められたりはしない。
誰に凹まされたって、いつかは何でもこなせるようになってみせるから。
私もまわりも、忙しい時期がもうすぐです。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lucy-skirt
読者になる
Yapme!一覧
読者になる