シャワー 

2006年03月26日(日) 20時50分
ようやくシャワーに連れて行けた。
久しぶりで気持ちよかったらしく、ご機嫌。
だから昨日はいろーって言ったのに・・・(笑)

さすがに頭を洗うのはこわかった・・・本人も触るな!!と(苦笑)
だから手術してないほうを中心に洗った。

ドライヤーまでかけてあげて〜すっかり王子様だね、君(^_^;)

まだふらふらしてるので、車椅子移動。
でも昨日より確実に元気になってる。

すごい回復力。

抜糸 

2006年03月25日(土) 23時43分
全部抜糸をした。だいぶラクになったよねー!抜くときはそうとう暴れたらしいけど
なんと今日からシャワーOKなんだけど、なぜかイヤイヤして入らない。初めてのところなので
不安みたい。
でも車椅子が気にいったようで乗ってトイレに行けるようになった。
抜糸でわずらわしさがなくなったおかげか、まるで家でくつろいでいるかの様にベッドの上で
本を読んでいる。数日前まで本は分からないー、たまごっちもわからないから冬眠させておいてー
と、何もやる気がなかったのに・・・すごい進歩。

特に変わりなし 

2006年03月24日(金) 23時40分
昨日と打って変わって静かな日だったので特に変わりなく過ごす。
昨日ほど話さないけどご飯もメロンも自分でちゃんと食べる。
夕方少し熱が上がるがご飯はほとんど全部食べたし大丈夫かな。

車椅子デビュー 

2006年03月23日(木) 23時19分
学校では終業式。ヒマな長男が病院までついてきた。
昨日までついていた点滴は朝自分ではずしてしまったそうで、ご飯もまあまあ食べられているから
そのまま外してもらえたそうだ。
これで自由だぁ!ラクになったね。看護婦さんが子供用の車椅子を持ってきてくれて乗ってみる。
小児病棟は12歳以下の子供は入れないので兄はガラス越しの待合室にいる。
車椅子で会いに行って倒れてからはじめてのご対面となる。
意識が混濁してる時にICUで会ってはいるが、きっとユウは分からなかっただろう。
よって初対面(笑)。ちょっと照れていたがしっかり目で会話してた。
長時間は疲れるのですぐ病室に戻る。おやつも支えナシで食べていた。
すごいよね〜。車椅子お散歩効果か表情も少し出てきたように思える。

今日は3針だけ抜糸したそうで、だいぶ傷口も落ち着いたのかな?それにしても当ててあった
ガーゼがかゆいと言ってそれもはずしてしまったそうだから、リアルに見えるホッチキスの針みたいな
止め具がちょっとコワイ

夕食後、保育園の時の先生が来てくれておりこうさんぶってたユウは一生懸命元気をアピール(笑)
やっぱり大好きな先生にはかっこいいトコ見せたいもんね。
先生が帰るのと入れ違いに1年生の先生達がみんなであゆみを持って来てくれてた。
ユウにとってはすごく刺激的な一日だったのかいろいろ話をしようとしている。
上手く言葉にはならないけどこんなに話したのは術後初めて。
脳への刺激が大事と痛感。

大部屋に 

2006年03月22日(水) 23時34分
面会に行くと昨日までゆうがいた部屋は別の人がいた。
びっくりしているとお掃除のオバちゃんが大部屋に移ったと教えてくれた。
そこは小学生と中学生の男の子ばかりの6人部屋。すごくにぎやかだった。
どうも容態が安定しているので、脳に刺激を与える為にも早めに人のいるところへ移動したほうが良いと言う先生の指示だったようだ。

モニターが外れて点滴だけになっている。だいぶスッキリ
熱も37度台前半とかなり良くなってる。ただ急な環境の変化と言葉にならない苛立ちで、要求が通らないと泣いて暴れて周りの子をびっくりさせている。
うまく話せないというのはおしゃべりな彼にとってかなりのストレスだろう。
しきりに行く!帰る!と騒いでいる。
でもまたすぐにすやすやと寝てしまうので、まだまだ体力が戻ってないのが良く分かる。でもまだ倒れてから一週間。こんなに元気になってくれたのだから私もがんばらないと。

支えられて立つまでに 

2006年03月21日(火) 23時21分
面会時間に少し遅れて到着。先にダンナの方の両親がメロンを持ってお見舞いに来ていた。メロンはゆうの大好物。ババが食べさせてくれていた。

今日は看護婦さんに支えられ、ベッドの横に寄りかかりながらも立っておしっこができた。まだふらふらだけど起き上がって座ってご飯も食べたそうだ。
左の脳に出血があったので、右に傾いてしまう。右手は動くけど少し力が弱い。でもパンとかなら自分で持って食べられる。まだ術後5日だというのにすごい回復力だ。ポケモンのビデオを貸してもらい、エンドレスで見ていた。
でも目の動きがまだイマイチ定まらないのですごく疲れるらしい。
家で夢中になって育てていたたまごっちを持っていったが、操作途中で冬眠させてしまった。まだ遊ぶ気にはなれないらしい。本もお気に入りのを持っていったけどやはり見ない。一冊だけ読んであげて後は枕元に置いておいた。

夕方から熱がまた38度台に上がってしまった。水分は良くとってるので大丈夫そうだが。なかなか点滴がとれない。

一般病棟へ 

2006年03月20日(月) 23時51分
無事朝の検査を終え、ICUから一般小児病棟へ移っていた。
まだナースステーションのすぐ前にある個室でモニターと点滴はつけていたけど。
昨日のアイスの残り半分を食べ3時に出たおやつも半分食べた。
まだ熱はあるけど夕飯も半分食べられて一安心。
でもICUみたいに看護婦さんがつきっきりではないのでちょっと不安もあるけど、ナースコールは理解してて使えてるから大丈夫かな・・・

いつもとは違う先生が来て、説明を始める。でもなんだかあまり良くないことばかり言う。言語はリハビリで回復可能だけど身体機能とかもとどおりと言うわけにはいかないかも、とかね。
でもなんだか今はリハビリでどうにかなるんだ!と前向きなことしか考えられなかった。もう命が助かっただけでも良かったのでどこまで回復するとかは後でゆっくり考えれば大丈夫!

おかゆを食べる! 

2006年03月19日(日) 23時37分
面会時間に行くともうおしっこの管がとれていた。すごく嫌がったのと尿意を訴えることができるようになった為だと言っていた。しかも朝からおかゆを少し食べていると言う。すごい回復〜
でも、もともとおかゆはあまり好きじゃないし、私が来て甘えもあって夕食は食べずにアイスが食べたいって駄々をこねたもちろん言葉ではっきり伝えることはできないが、こちらから聞くとイエスノーは首を振って伝えられるようになっていた。こっちの言っている事は大体分かるみたいだ。
先生がいいと言うのでアイスを買いにいき食べさせることに。
他の患者さんの担当の先生が通りかかり、ICUでアイス食べてる初めての男だ!と笑われた

麻酔から覚めて 

2006年03月18日(土) 23時41分
人工呼吸器はとれてすやすやと寝ていた。
しかし昨日より左の顔が腫れている。少し青くなっていて痛々しい。
看護婦さんによればこれも術後の普通の現象だという。
熱も39度近くあり、体が熱い。
管やモニターがたくさんつけられ、それらを抜かないように体も手も余り動けないようになっている。
うつ伏せ寝が好きな彼にはつらい体勢だったようだ。でも嫌がるだけの元気が出てきたのは良かった。
手術前は私が母親だと言うことも分からなくなっていたのに、今は私が声をかけ、手を握ると爪をたててくる。この苦しさからどうにかして欲しいと訴えているのだ。看護婦さんには爪をたてないので明らかに私に甘えている。
それだけでも嬉しかった。確実に回復してる!

夜、帰る前に看護婦さんが氷を二つ食べさせてくれた。いつもの癖で即ガリガリとかじって食べてしまった。ゆっくりなめればいいのに〜。
でもこれで口から水分を取れるようになれば点滴もひとつ取れるって。
よかったね♪

緊急手術 

2006年03月17日(金) 23時13分
朝まで電話は鳴らず、一晩の間に急変はしなかったみたいでよかった。
しかし今日は朝からCTをとって検査をし、今後の方針を決める会議がある。
11時半に先生から説明があるので、ダンナとすごい勢いで仕事をして
後を義父母と従業員に任せ、電車に乗り込む。

電車の中でゆうの話をしていた。あの子はこんなだったよねぇなんて
最初は笑い話だった。
でもゆうが生まれる前、前置胎盤でかなり出血し入院していたことを
思い出して、そういえばあの子ってあの時も必死でしがみついて
助かってくれたよなぁって思ったら涙が止まらなくなってしまった。
何かあったらお母さんを助けますのでってダンナには言われてたんだっけ。
でもちゃんと生き延びてくれたんだよね。

後で考えたら電車の中で大泣きしてるって結構ハズカシイ(・_・;)
でもそのときはゆうのことしか考えられなかった。

病院までちょっと迷ってしまって10分ほど遅れてしまった。
先生はもうゆうの傍にいて、私達を待っていた。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像管理人
» 特に変わりなし (2008年09月07日)
アイコン画像脳出血.com
» 特に変わりなし (2008年09月06日)
アイコン画像カオリ
» 緊急手術 (2006年04月05日)
アイコン画像レイレイ
» 緊急手術 (2006年04月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lucky-yukun
読者になる
Yapme!一覧
読者になる