ミニチュアダックスフンドは人気NO.1 

February 28 [Sat], 2009, 11:09
犬を飼っている方はとても多いと思いますが、中でもダントツで一番人気の犬種がミニチュア・ダックスフンドです!
一時期は異常なまでの人気で、値段も一気に跳ね上がったとか!?
今でも犬種別登録頭数では他の犬種を大きく引き離し、何年も連続して1位を獲得しています。 
ではなぜこんなにミニチュアダックスは人気があるのでしょうか?
今回はミニチュア・ダックスフンドに注目してみました。
 
ミニチュア・ダックスフンドといえばご存知の通り、見た目は胴長短足です。
その体つきはユーモラスな雰囲気で、ちょこちょこ歩く姿が可愛らしいのが特徴です。
目はまん丸というよりもアーモンド形で、私たちを魅了します。
 
また、ミニチュア・ダックスフンドはスムース、ロング、ワイヤードの3種があり、皮毛の長さと質が違います。
毛色のバリエーションも多いのが人気の秘密ですが、中でも 1番人気はロングでしょう。
ロングのわずかにウェーブがかった被毛は、スパニエルを交配して作ったために人懐っこい性格です。
 
そんなミニチュア・ダックスフンドは、もともと狩猟犬として飼われていたダックスを小型化した犬種です。
その歴史は古く、エジプトの壁画に描かれているともいわれています。
元来が狩猟犬であったことからも、ミニチュア・ダックスフンドは独断での行動を好み、時おり狩猟犬の一端を垣間見せます。
ミニチュア・ダックスは遊び好きで甘えん坊ですが、無駄吠えする事も多いので、ペット禁止のマンションなどでの飼育は気を使います。
小さいのでどこにでも手軽に連れて行くことができ、いつも犬と一緒にいたい人にお勧めですが、元は猟犬の血が流れているので十分な運動量が必要です。

ミニチュア・ダックスフンドはよく病気をするとも言われます。
胴長の体型ため、背骨に負担をかけることが多く、ヘルニアになることもあります。
階段の上り降りやソファから飛び降りたりさせないようにしましょう。
耳が垂れているので耳の中が汚れやすいですからこまめに掃除してあげることが必要です。

普段は活発な犬なので、元気が無かったり、動こうとしない場合などの異変があるときはすぐに動物病院で診察してもらったほうが良いです。
特にヘルニアの初期はそのような症状が見られます。
その段階ですぐに狭い場所に閉じ込めて動けなくする事が大事です。
病院によってはステロイドを与えれば治ると言う場合がありますが、そういう病院はやめたほうがいいですよ。
うちのダックスはそれで手術をするハメになりましたから・・・
評判のいいい動物病院を事前に調べておくのも飼い主の責任ですね。


投稿:「犬の気持ち」 管理人

ヨークシャー・テリアは動く宝石 

February 22 [Sun], 2009, 10:29
今回紹介する人気の犬は、ヨークシャー・テリアです。
日本では1993年に、皇太子妃・雅子様のご実家で飼育されていたことが報道され、話題となったことが記憶に新しいかと思います。
小和田家で飼われていた「ショコラ」はメディアでも多く取り上げられ、一時的に人気を呼びましたよね。
それとともにヨークシャー・テリアの値段も爆発的にあがったそうです。
今では落ち着きましたが、それでも変わらず人気の犬種です。
 
ではヨークシャー・テリアにはどんな魅力があるのでしょうか。
ヨークシャー・テリアの最大の魅力は「目で話ができる犬」と言われる、その素直で真直ぐなまなざしです。
その愛らしさは、犬好きの人でなくても見た者を虜にしてしまいます。
しかし、性格は気が強く、活発でテリアの気質を受け継いでいます。
 
また、いつもスキンシップを求めてきて、飼い主がかまってあげないと、いたずらに走ったりするところもまたかわいらしいところです。
そういう寂しがりの性格ですから、子犬のうちにしっかりしつける必要があります。
 
ヨークシャー・テリアはヨーキーともいわれ、イギリスのヨークシャー州にて異なるテリア種と組み合わせて生まれました。
大きさはオス、メスともに体高23cm、体重3kg以内とされています。
意外とも思われますが、大きさは全犬種中、チワワに次いで2番目の小ささです。

生後しばらくは被毛は黒く、被毛がスティール・ブルーに変わるまでには1年以上を要します。 
その被毛の美しさから、「動く宝石」といわれホークシャー・テリアは被毛の質や量、長さや色調がきわめて重要視される犬です。


投稿:「犬の気持ち」 管理人