RJM 

2005年02月04日(金) 23時55分
さてさて、いよいよRJM始まりましたよ。
えーと、今日はとてもよい席で見れたので、もう大満足です。
いろいろやばかった。かっこよすぎた。
無理やり作ったソロがかっこよすぎた。
どうしようどうしよう。

全体的に出番が増えてて非常に嬉しかったです。
ソロが増えて、歌が増えて。
衣装についてはね…もう何も言わないさ。何も望まない。
某Kさんは…個人的には今回の衣装の方がいいと思うよ。
ぶっちゃけ前回の衣装、フリルはいいとしても下はちょっと…やばいと思ったので。
今日の公演ではKさん、ナガノたちの目の前で踊ってました。
首から提げたアレが踊る時にちょっと邪魔そうでした(笑)
こう・・・ね、ジャンプするたびにぷらぷらと揺れますからね・・・。


えーと、今回の36ダンスはトリオとももちゃんでした。
まりなちゃんは思ったよりも可愛かったです。
アニメ声もナガノは別に抵抗無かったし。歌も上手かったし。
ただ、クリスの出番を減らすのは…と思ったのは内緒で。
クリス相変わらず可愛かったです。プリティ。
ああいう健康的な色気っていいですよね。女の子!って感じで。
ほんと私、RJMはクリスを見に行ってるんじゃないかと思う瞬間がしばしば・・・。
というか、女性がみんな魅力的ですよね。恵子さん然り、れおさん然り。
あとはダンサーの方々も。
個人的に今回のダンサーで一番気になったのは舞ちゃんかなぁ。
顔とかスタイルとかも勿論なんだけど、ダンスの動きがね、すごいしなやかで綺麗でした。
にゃんこのポーズが超ラブリーでした。
剛さんと次郎さんは・・・もうどうしようかと思うほどセクシーだった。
あの、二幕の頭のところです。色っぽいというか、イヤラシイ(笑)
半裸、というだけで色気割り増しなのに、さらにあのダンスは・・・いや、もう、目のやり場に困るというか子供には刺激が強すぎるんじゃないかというか・・・(笑)
でも、こういうダンスとか見るとやっぱり自分も踊りたい!って思います。
もう、ブランク空きすぎで身体も硬くなっちゃったし体力も落ちちゃってるけど、またダンスやりたいなーと思ったりしちゃいます。


色々と思うところがある舞台でしたが、楽しめて良かったと思います。

 

2005年01月27日(木) 4時59分
語りふたたび。

なんか、けっこうやばいかなーと思う今日この頃。
気持ちがどっちつかずです。
まだ、ぼやけてる状態なのかも。


とりあえず、私が李さんの笑顔が見たい、ってことは確かだと思う。

山吹ミュ 

2005年01月19日(水) 23時28分
行ってきました、テニミュ山吹公演。東京初日です。
なんだかんだ言いつつも、山吹は4回ほど見る予定でございます…あれれ。
ええと、個人的に片付けなければならないことが終わってない状態で行っちゃったんですけど、行ってよかったと思いました。

初めて行く会場だったんで、まず迷わず到着できるかが心配だったんですけど、どうにか無事に到着いたしました。
会場で待ち合わせにしなくて良かったと本気で思いました。まややがいなかったら多分迷ってた。私、間違いなく地図持ち歩かないし。
会場は、思ったよりは小さかった、かな。もっと大きいと思って心配してたので…。
これなら多少後ろの方でも大丈夫そうです。
ただ、前のほうの座席がほとんど平らになっているのがちょっと…。
日生劇場もそうでしたけど、でもあっちは座席が互い違いになってたのでまだ見やすかったかと…。
一応、一桁列で見たので…。

ロビーにはお花がチラホラ…。ファンの子からも結構来てましたね。
眼鏡同好会とかバンダナ同好会とか…愛好会でしたっけ?まあ、いかにもーなのもありましたね。
ただ、集英さんとこのみんからお花が来てなかったのが気にかかりました。
集英さんは覚えてないですが、このみんは峰ミュのときはお花贈ってましたし…。
インチャネさんからは来てました。そりゃあ、会場でCDとか売ってたりしますしね。アニメの。
集英さんも来てコミックス売ればいいのに、といつも思うんですが。絶対売れると思うのになぁ…。

物販は人が沢山で並ぶのやめました。他の日に、早く会場来た日にでも買います。

伝説の公演 

2005年01月02日(日) 20時36分
とうとう今日で終わってしまいましたね。

私は今日は行かなかったんですけど、会場はどうだったんでしょうか。
今回の公演は、ほんとうに色々な意味で「伝説」となったと思います。
この公演、見に行くことが出来てよかったなぁと思いました。


みなさん、ご卒業おめでとうございます。
今まで本当にお疲れ様でした。
たくさんの夢と感動をありがとうございます。


これからは、それぞれの道で活躍して欲しいです。


ついに… 

2004年12月29日(水) 5時22分
はじまりましたね。
もう、あと1週間後には全て終わってるんですね。

思えば卒業の話が明らかになってきたのが、10月の終わり〜11月頭らへんでしたっけ。
丁度赤道の向こうへ高飛びしてた時期だったんで、色々ともやもやしてた記憶があります。
あれから、DM先行予約、一般発売、予約流れ、スクリーン公演と、本当に息をつく暇もなかったように思います。
その間にも、バースデーイベントに舞台×2にラジオゲストにジャンフェスゲストに色々ありましたものね。

運良く、ナマで彼らの卒業公演に立ち会うことが出来ることになりましたが。
それを見て、私自身がどう感じるのか。この後どうすべきか。
まだ、なってみないと分かりませんが。
彼らにとっても、私たちにとっても、悔いの残らないものになれば、と思います。

ロミオとジュリエット 

2004年12月22日(水) 23時59分
ええと、コネという名のお力を借りまして、藤原竜也くんと鈴木杏ちゃんの『ロミオとジュリエット』を見に行ってきました。
まやや有り難う。まややの先生有り難う。
おかげさまで、役者さんたちの表情が見える程度には近い距離で見ることが出来ました。
チケット代もかなりしましたが後悔はなし!
テニミュよりもRJMよりも高いんですよね…あははん。・・・・・ファミリーナ4公演分かぁ…。

内容といたしましては。
シェイクスピアは有名どころの作品は一応読んでるし、今回のロミジュリも映画とかでストーリーは知ってたので、どんな風に演じるのかな、と楽しみにしていました。
全体的には正統派でまとめてきたかな、という感じ。
ストーリーの筋とか、やっぱりこのお話って悲劇なんだよね、と改めて思いました。

ジャンプフェスタ2 

2004年12月19日(日) 18時06分
引き続き2日目も行ってまいりましたジャンプフェスタ。
2日目は、前日はしゃぎすぎた疲れの所為か、朝起きられず・・・。
お昼頃からまったり行くことにしました。
とりあえず、マーベラスさんの1回目のステージには余裕で間に合わなかったので、お昼ご飯を食べつつ色々回ってみました。(因みに青学屋台は見事に売り切れでした・・・)
本日もお久しぶりな方々色々にお会いしたり。憧れレイヤーさんを見かけることが出来て幸せだったり。

そんな感じで、ちょっと早めにブースに行ったのですが、当然ながら既に大勢の人がいらっしゃいまして・・・。
どうしようかと思いつつ、眠気が限界だという某K村さんと一緒に、ブースから少し離れたところで一休みしてました。
で、その休憩してた場所なんですけど、控え室に続く通路の近くだったらしく。いえ、前にTGSの時に関係者控え室になってたところと同じだったらそうだろうなーと思ってはいましたが。各ステージ・ブースの出演者と思しき方々がひっきりなしに行ったり来たりしてるわけですよ。
で、爆睡している某K村さんを横目に、その様子をボーっと見ていました。
竹順と三橋さんとピロキさんと諏訪部氏が通過していったのはバッチリ見ました。
ボーっと座ってたので、声かけるも何も無く、ただただその姿を見ていただけなんですけどね・・・。
でもラッキーだったかな、と。

ジャンプフェスタ 

2004年12月18日(土) 6時26分
ジャンプフェスタに行ってきました。
千葉在住3年目にして初めてのジャンプフェスタです。
去年はパルシェの舞台でれとさんと連日阿佐ヶ谷だったし、一昨年は確か皆で温泉いったんでしたっけ?
まあ、そういうわけで初体験してきました。

とは言っても、以前ゲームショウとか東京キャラクターショーとかには行ったことがあったので、まあ雰囲気的にはそんな感じかなーとか思ってたんですけど。大体は思ったとおりでした。
どっちかっていうと、キャラクタショーのときの雰囲気に似てるかな、と。
ゲームショウはいつもビジネスデーに行ってたので、あまり子供とかがいなかったので余計にそう感じるのかもですが。
それにしても、入場する為に幕張メッセの周りをぐるぐると歩かされるとは思いもしませんでした…。


1日目はエリリンと一緒に、声優めぐりをしてました。
朝一のスーパーステージで、テニスの声優さんたちを見て。(非常に遠くからしか見れず、スクリーンに映る声優さん方を眺めてました)
皆純、おっきー、甲斐田ゆっきー、諏訪部が出演されてました。
ステージの企画で、キャラクターをシャッフルしてアフレコする、というのがあったんですが、皆さん無理してて面白かったです。
あ、映画の宣伝とかもしてました。
流石に映画は力入ってるなぁと思いました。映像綺麗ですよ。ちょっと見に行きたくなりましたもの。

その後はそのまま573さんのところへ流れて。皆さん考えることは同じのようで、非常に混み合ってました。
このときは、つんちょとピロキがゲストだった…かな?(記憶が曖昧)
人が多くて全然見えなかったので、早々に退散しました。
展示コーナーで外国語版コミックスを見たり。エリリンはフレンチ私はジャーマニー。
等身大?ポップを写メったり。
青学屋台の行列に並ぶ気が失せ、ランブルボールたこ焼き(ワンピース)を食したり。
そうこうしている内に、本日のお目当ての一人、直純さんのお渡し会@バンダイビジュアルです。

ファミリーナ 

2004年12月05日(日) 10時22分
12月2日〜5日まで公演されていた「ファミリーナ」を観に行ってきました。

夢のある者にしか部屋を貸さない山田荘。
山田荘の住人は、売れない芸人や司法浪人、ロック歌手の卵、小説家、そして新入居者の美容師見習いなど。
その山田荘の大家である山田一徹は、娘の美奈子と二人暮し。
小さい時に母・春奈をなくして以来、男手ひとつで美奈子を育ててきた。
しかし、そんな美奈子が婚約者・孝雄を連れてきて結婚したいという。
当然ながら一徹は猛反対。頑なに2人の結婚を許そうとはしない。
そんな中、一徹が大切にしていた時計が壊れるという事件が発生。アパートの住人をも巻き込んだ一大騒動に。
二人の結婚の行方は?山田荘の未来は?そして時計に隠された秘密とは?


という感じのストーリーです。
まあ基本はコメディなので、そんなに小難しいものではありませんでしたが。
登場人物が14人、多い時には一度に10人近くの人間が舞台上にいることもあり、どこに注目しようかという感じでした。
しかもその14人がそれぞれ個性が強く、キャラクターがしっかり立っていたので誰を見ていればいいのやら…。
笑わせるところは笑わせる、ぐっと魅せるところは魅せる。あっという間の2時間でした。

個人的に今回の舞台で一番気になった役は春奈さんでした。気がつくと目で追ってしまっていたという…。
勿論、この公演を見に行くきっかけとなった健ちゃん(イチくん)は常に見ていましたが、振り返ってみると、健ちゃんと同じくらい春奈さんを見ていたような気がします。
といっても、基本的にはなるべく舞台全体を見るように心がけてはいたんですけど…やっぱり気になる人を追いかけちゃうのは仕方ないですよね。



観劇 

2004年11月25日(木) 11時37分
「酒坊ちゃん」を観て来ました。
まあ、タイトルからも分かるようにお酒がお話のメインにあるわけなんですが…私自身は殆どお酒が飲めない体質だったりします。
そもそも、私の家庭では、お酒というものが殆ど無かったんですよね。
父は肝臓が悪かった為、最初に発病した時にお酒をやめてしまったらしいし、母もたまに缶ビールを飲むくらい。
そんな家庭で育ってきたので、こう、ドラマとかで仕事から帰った父親が毎晩のように晩酌している光景なんて、ホントに「テレビの中の世界」だったわけで。
今でもたまに、電車の中とかで真っ昼間から缶ビール持ってるおじさんに遭遇したりしますが、まったく分からない世界です。
その代わりというか何というか。タバコは両親ともに吸ってましたけど。母は今でも、ですね。

そういうわけで、アルコール依存症とか、そういうお酒絡みのエピソードがあっても、いまいち理解できなかったりしてました。
お酒が身近なものではないから、そういう苦しみとかも分からないんですよね、多分。
依存症、に関しては多少は思うところもありますが…。
もしかしたら、その分、損をしてしまったかもしれないですね…。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:luckie
読者になる
Yapme!一覧
読者になる