青梅マラソン出場へ

October 26 [Fri], 2012, 16:47
お疲れ様です。
ここ5日位風邪で弱体化していたdicekです。
薬とリポDと睡眠、そして気合いでなんとか回復してきましたが、試験直前だというのに時間を取られてしましました。
以前は、がっつり寝さえすれば、風邪程度なら治せたのに、近年治りにくくなってきたのは年のせいかななんて思っていたら、もう一つお寒いお知らせが受付番号184583このたびは東京マラソン2013にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。
定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
今回はって、来年なら走らせてくれるのかちなみに、今日、会社でこの落選のネタを同僚の人に話していたところチャリティ枠10万円以上の寄付で出場権取得できるの話がでて、みんないくら位なら出すのかという話になりました。
寄付金が震災の復興に役立てられるなら10万出しても良い気持ちはある。
でも、実際は5万円かなと自分。
10万はさすがに出せませんけど、それくらい東京マラソンは出たいですよね。
と後輩。
そして、俺は10万と参加費用1万位の計11万払って、8月の時唐ナ東京マラソン2013の出場権獲得済です。
という、強者まで現れました。
さすが東京マラソン10倍以上の倍率だけあるなと、来年チャリティ枠の最低限度額の引き下げがあったりしたらどうしようかなど。
私は、真面目にランナー的に悩んでしまいました。
するとフッフッフ、10万くれるなら走っても良い。
と上司が現れ、違いますよ謝礼とかじゃなくて、参加権10万払ったら獲得できるって話ですよと自分が説明。
じゃあ、やらないやらないも何も走れませんよと、自分が思っていると、話を遠目で聞いていた別の人が、私は10万くれるといってもやらない走る自信がない走れないもーんと笑顔で笑いをとって得意そうな感じで言っていました。
最後のは自分も結構ツボだったんですが、最近の昼夜の気温差くらいランへの意識の温度差があるんだなと思いました。
そして、本題の青梅マラソン。
東京マラソンの前週であることと伊豆マラソンと日程が被りそうだったので全く考えていなかったが、逆に東京マラソンに落選したから走れると思うようになり、出場しようと決めました。
47回目を数える伝統で著名な大会、30キロと言えどアップウンの難コースと聞く。
エントリーは明日28日10時から、スポーツエントリー等LOVERS 詐欺から。
先着なので、興味を持った方は今日午前10時にスタンバイしましょう。
困難があっても、常に前向きにそれがサラリーマンの宿命です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lu3tiileov
読者になる
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lu3tiileov/index1_0.rdf