たとえ妻が不倫したことが原因になった離婚だったとしても、

July 08 [Fri], 2016, 3:03

世の妻が内緒のはずの夫の浮気がわかった理由のうちなんと80%は携帯電話、スマホによるとのこと。







これまで使用していなかったキーロックを利用するようになったとか、女の人は携帯電話に関するほんの些細な違いに確実に気が付くものなのです。







「携帯電話の内容から浮気をしている証拠を探し出す」なんてのは、基本中の基本の調査方法です。







スマートフォンでも携帯電話でも、間違いなく毎日一番使っている連絡手段なので、浮気の証拠や多くの情報が高い確率で残されています。







我々のような素人は同じようにはできない、質の高い欲しかった証拠をゲットすることができるわけですから、ぜひ証拠をつかみたいという場合は、プロの探偵とか興信所といった専門機関に依頼して浮気調査してもらうのが一番いいと思います。







不倫調査をする場合、依頼者によって細かな面で調査の依頼内容について特色があるケースがほとんどであるのが現状です。







なので、調査について契約内容がはっきりと、かつ抜かりなく取り決められているかについて前もって見ておいてください。







浮気に関する事実関係を認めさせるため、そして離婚や慰謝料を得るためにだって、ごまかすことのできない証拠が絶対に大事になってくるわけです。







はっきりしたモノを示せば、後は問題なく展開していくものと思われます。







素行調査に関しては、ターゲットの日常の行動を尾行・監視することで、日常の生活といったことに関して細かく認知することを目指して依頼されている調査なのです。







多くのことをとらえることが可能なのです。







妻側の不倫が引き金になった離婚だろうと、二人で形成した財産のうち50%というのは妻のもの。







このため、別れる原因になった浮気をした方だからという理由で財産分与がないなどということは考えられません。







法律上の離婚していない状態であっても、浮気や不倫に対する慰謝料の要求することも可能ですが、離婚に至る場合のほうがやはり慰謝料が増えることになるのは間違っていないらしいです。







夫側が妻に浮気されていることに気が付くまでに、ずいぶん日数がかかるみたいです。







同じ家に住んでいても見え隠れする妻の発する浮気サインに感づくことが無いわけですから仕方ありません。







たいていは夫が妻の浮気を察知するまでには、けっこうな時間が必要になるとされています。







帰宅してもよく見ないとわからない妻の様子の違いを感じ取ることができないということです。







慰謝料として損害を賠償請求するのであれば必須となっている条件を満たすことができないと、手に入る慰謝料が少額になってしまうケースや、あるいは浮気相手に対して完全に請求不可能となる事例になることもあります。







あちらは、不倫の事実を甘く考えていることがほとんどで、こちらの呼びかけに応じないことがしょっちゅうです。







とはいえ、法律のプロである弁護士から文書で指示されれば、そんなわけにはいかないのです。







たとえ妻が不倫したことが原因になった離婚だったとしても、夫婦が二人一緒に築き上げた財産の50%は妻が自分のものであると主張できます。







ということなので、離婚のきっかけになった不倫をした側が財産を分与してもらえないなんてわけじゃありません。







素早くそしてミスもなく相手に察知されずに何としても浮気している証拠を集めるってことなら、経験豊富な探偵を活用するべきです。







ノウハウも蓄積されていますし、調査機材も準備されています。







離婚相談に訪れる妻の理由でナンバーであったものは、「夫の浮気が発覚した」でした。







今日まで一生関係ない!なんて信じて生活していたという妻が大半で、夫の浮気という局面に、信じられないという感情とか怒りによって大変な状態です。







これまで浮気の不貞行為を一度たりともやっていない夫に浮気があったということであれば、精神的な衝撃も計り知れず、向こうも本気だと、離婚を選ぶ夫婦だってかなりの数になっているようです。







以前に比べて夫の雰囲気が怪しかったとか、急に「仕事でトラブルが起きちゃって」などと言って、帰ってくる時間がすごく遅くなったり等、夫は浮気中じゃないかと疑いたくなる出来事ってよくありますよね。







もしもあなたが「私の夫って浮気をしてるんじゃないの?」と疑ったとき、有無を言わさずワーワーと騒いだり、問いただしたりしてはいけません。







とにかく事実を確かめるために、気持ちを静めて情報収集しなければ失敗につながります。







1時間当たりの調査料金は、探偵社それぞれで相当大きな差があります。







そうはいっても、料金という物差しでは探偵の技術や能力などが十分かどうかがわかるわけではないのです。







数社の比較をしてみるのも必須事項だといえます。







浮気の事実の確たる証拠を得るというのは夫を問い詰めるなんて場面の為にも用意しておくべきものですし、二人が離婚する可能性がある人は、証拠を突き止める重要性というのはなおのこと高まると認識すべきです。







今、パートナーの雰囲気や言動などに疑いの目を向けているなら、とにかく浮気をしている証拠を見つけて、「それが本当かどうか!?」明確な答えを出すべきです。







苦しんでいても、問題解決なんかできっこないです。







自分だけで対象者の素行調査や尾行をやるっていうのは、数々の障害があり、対象者に察知されてしまう場合が想定されるので、たいていの人が専門家である探偵社や興信所に素行調査を任せているのです。







状況によってバラバラなので、明言することは不可能ですが、不倫のせいで離婚という結果になったとおっしゃるのであれば、慰謝料の金額は、低くて100万円、高くて300万円くらいがほとんどの場合の額となっています。







法を破った場合の損害請求については、3年経過すると時効になると民法という法律に定められています。







不倫の事実が露呈したら、スピーディーに頼りになる弁護士に相談・アドバイスを申し込むことで、3年間の時効問題は持ちあがらないのです。







夫婦であったものが離婚した場合、そこから3年過ぎた時点で、法律の規定に基づき慰謝料について要求できなくなってしまいます。







もしも、離婚後3年に近いのであれば、なるべく急いで法律のプロである弁護士をお訪ねください。







実際問題として弁護士が不倫の相談で、どれよりも大切だと考えていること、それは機敏に終わらせるということだと言われます。







訴えを起こした側でも訴えられた側であっても、お待たせすることのない応対というのは当たり前です。







離婚のきっかけはケースごとに違って、「生活費が全然もらえない」「性的に合わない」などももちろんあるのだと思われます。







しかし、その根っこにあるのが「内緒で不倫をしているため」かも知れないのです。







家族と家庭を守るためにと、不平不満を漏らすことなく全ての家事や子育てを自分の人生をかけて頑張り抜いてきた奥さんの場合、夫の浮気が判明した局面では、大爆発しやすいとのことです。







もし「ひょっとして浮気中かも?」そんなふうに思っていても、仕事をしながら妻が浮気していないかを突き止めるのは、どうしてもなかなか困難を伴うので、最終的な離婚までに多くの日数を必要とします。







よく聞く女の勘として知られているものは、高い確率で当たるみたいで、女性側から探偵や興信所に相談があった不倫とか浮気の素行調査の中で、驚くことに約80%のケースが予感通りだと言われています。








http://b37.chip.jp/k0e309h/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lu1tpsj
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lu1tpsj/index1_0.rdf