沖野のヒブナ(緋鮒)

September 14 [Wed], 2016, 12:48
蟹が大好きな人は多いですね。
でも、蟹にはタラバ蟹や毛蟹など色々な種類があるため、蟹のことをもっと知りたいというあなたは、ぜひ色々な蟹を食べ比べてみることをお勧めします。

特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、松葉ガニ、越前ガニなどの銘柄で知られるズワイ蟹です。ズワイ蟹の魅力といえば、身に詰まった強い甘み。そして蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。



他の蟹と比べると甲羅のサイズは小さく、表面がツルツルしているのが特徴の一つだといえるでしょう。今も昔もご馳走の定番といえば蟹ですよね。最近は、蟹通販を使えば、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。


しかし、蟹通販の業者は玉石混交であり、それぞれに値段や利用条件が大きく違っていることもあるので、お得に利用するためには、業者の選定に慎重になりましょう。念入りに探せば、格安に蟹を取り寄せることができる業者もあるでしょう。

しかし、お得すぎるのも禁物です。


あまりに安価な場合、品質やトラブルのリスクなど、どこかに落とし穴がないか、十分確かめてから利用しましょう。



活蟹をさばくのにはコツがいります。以下の点に気をつけてください。
蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。
腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。ここは結構力が要ります。ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。
蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておく。以上が蟹の捌き方の基本になります。紅ズワイガニは、ズワイガニの代用とよく思われていますがそうは思いません。



紅ズワイガニを食べたとき、他のかによりはずればかりだとしたら今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。紅ズワイガニは鮮度が命で、新鮮ならおいしいの一言に尽きます。すぐに鮮度が落ちてしまうのでどうにも誤解されがちです。蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なのでネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、いくつか注意するべきポイントもあります。通販では色々と確認が大事ですが、中でも何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

業者に量をゴマカされてからでは遅いです。

それ以外にも、蟹の解凍は難しいポイントです。


解凍にはコツがあります。何より、時間をかけてゆっくり行うのが鉄則ですね。
解凍を急ぐと、蟹の旨みが抜けてしまうことに繋がります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミツキ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ltuebkalamleba/index1_0.rdf