妊活中の喫煙は止めましょう。喫煙は体にマイ

May 28 [Sat], 2016, 18:54

妊活中の喫煙は止めましょう。



喫煙は体にマイナスに作用して健康な妊娠の支障になるケースがあります。こうした問題は女性だけではなく男性側にも同じことが言えるでしょう。


女性に関して言えば排卵障害など、男性は精巣機能低下が報告されています。これらのことを考慮して、妊活している方はご夫妻で禁煙するのがおススメです。妊活中に黒豆茶を摂取することは、とても良いことです。訳は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊娠中や妊活中であっても安心して飲めるお茶ですし、原材料である黒豆の成分であるイソフラボンが妊婦に不可欠な女性ホルモンと似通った成分だからです。女性ホルモンは不足しがちな成分で、豊富に分泌されるとホルモンバランスを正常に整えてくれる作用がありますので、日々の生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)の中であたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。




葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。



ですが、妊娠中には葉酸以外にも色々な栄養素が不足しがちです。


また、葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が配合されているものを選ぶのが良いかもしれません。



目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。


妊娠しやすい体になるために、妊娠を希望している方は、サプリの利用を考えてみてちょうだいね。



一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜と呼ばれるものが該当します。


赤ちゃんを授かったアト、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の先天異常を発症指せにくくするという話があります。とはいっても、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をオススメしたいです。



あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いかもしれません。



ビタミンB群の一つである葉酸は、他のビタミンBと同様にかなり水に溶けやすいのでたくさん摂取しようと、一度に摂っても消化管から吸収されるよりも先に尿と伴に排出されることもあります。




そのことを踏まえ、葉酸サプリや錠剤も、一日量を一度に全部飲まずに、小分けにして飲んだ方が効果が上がるということに気をつけてちょうだい。


食事から必要量の葉酸を毎日摂ろうとすると、かなり気を遣うので、少しでも多く摂取するのは持ちろん、排出される量をできるだけ減らして、効果的に身体の中ではたらくようにしていきましょう。


妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。


みなさんがご存知のように、葉酸をたくさん含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーではないでしょうか。持ちろん、野菜も代表的な食品の一つです。




実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。


妊娠して、葉酸をたくさん摂らなければと思っている方が増えているようです。まず知っておいて欲しいのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。


葉酸と名付けられているくらいですから、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。


マンゴーも案外葉酸が豊富で、マンゴーが出回る夏に妊娠の診断をうけた私は、ドクターにも御勧めだと言われて、よく食べました。



マンゴーは食物繊維持たくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奏音
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ltrghvdeei0iof/index1_0.rdf