インプラントとクラウンがどう違うかというと自分の歯根に

February 21 [Tue], 2017, 15:00
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:朔也
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる