住谷がナベヅル

May 21 [Sat], 2016, 2:49
一般的に牛肉は満杯脂肪酸がザクザク含まれていてカロリーも厳しく、高脂血液症、2仕様糖尿疾患、デブ症、動脈硬直などの務め疾患の発症恐れ条件に変わるとして、過剰摂取に関して働きかけが鳴らされて要る。しかし、ニュージーランドの牧草牛にはオメガ3脂肪酸が含まれていて、やっぱり務め疾患を防ぐ成果が期待され話題を呼んで要る。

 牛肉は育て方により穀物牛と放牧牛に分類されるが、国中を開始多くの国で霜降り牛肉を生産するために牛を牛舎拍子の範囲に入れ、高カロリーの穀物飼料や人工飼料などを加え、作用条件し、人工に肥育させた穀物牛を育てて掛かる。

 霜降り肉は柔らかく、すき焼きやしゃぶしゃぶでも定番の牛肉だが、筋肉やり方に脂肪が浸潤やる点では奴のデブ症候群の筋やり方の病理像と同等と言える。

 一方、のびのびとストレスフリーの環境の中で健康的に育った牧草牛は鉄分やオメガ3脂肪酸などの養分を豊富に組み入れる。元来、無添加が出だしのニュージーランドでは野菜も乳製品も皆自然に生産していらっしゃる。オーガニック生産、オーガニック飼育を農業と畜産の基本としているのだ。

 英ニューカッスル大学農学部のカルロ・ライフェルト好き陣の考察組はこれまでに報告されたオーガニック肉に関する67の報道を包括的にレビューし、オーガニック肉にある脂肪酸の取り得を検討した。その結果、オーガニック牛肉は穀物牛肉に比べてオメガ3脂肪酸が水準50パーセント限りも多々含まれていることが分かった。一方で満杯脂肪酸やオメガ6脂肪酸の混合容量はおそらく同程度であった。

 オメガ3脂肪酸の補填は記載症の防止効果があることが知られている一方で、オメガ6脂肪酸は脳に炎症を誘い出すために記載症の発症を加速すると言われている。記載症を予防するためにも牛肉は穀物牛ではなく牧草牛を選択したほうが良さそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠雅
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lthlcarebafsle/index1_0.rdf