はやみんだけど四方

April 08 [Sat], 2017, 17:49
昔からニキビの跡としてよくある例が、肌がクレーターのようにくぼんでしまうトラブルや肌の黒ずみといったトラブルです。



クレーターの問題は皮膚治療を専門としている皮膚科で治療を受けないと治せませんが、黒ずみについては美白化粧品によりちょっとずつ薄くする事ができるでしょう。
敏感肌の方が一度でも合わないコスメを使うと、途端に肌にダメージが出てしまうので、困りますよね。
ひときわ注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)したいのがエタノールというものです。ニキビ用のコスメティックに使用される事が多いのですが、敏感肌には影響が強く、逆に悪化する恐れがあります。
皮膚科で処方された場合は問題ないのですが、市販の化粧品をお求めになる際はお考え下さい。毛穴、特に鼻の毛穴に目たつ角栓があるとかなり気になるはずです。だからといって、顔を洗う時などに無理に取ろうとしてしまうと、かえって肌を傷つけてしまう場合もあるので、その方法は御勧め出来ません。
ピーリング石鹸などを用いて角栓を丁寧に取り除いていくといいでしょう。
ですが、使い過ぎるのも良くないので、週に一度から二度の使用にしておいて下さい。
敏感肌のスキンケア用に使用する化粧水には、余分なものを配合していないシンプルなものが一番いいです。
界面活性剤が配合されていると、肌が突っ張ってしまい肌トラブルのもとになります。ですから、安い化粧水でもとってもですので、肌に十分しみこませて、保湿をします。



敏感肌であるということは、イコール乾燥肌であるといってもよいくらい敏感肌と乾燥肌の関連性は深いものだといえます。
乾燥肌へ肌の状態が変わってしまうと、ちょっとした程度の刺激を受けたとしても、過剰な反応を起こし、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌トラブルが発生してしまいます。

この原因には、肌の表面の角質層が薄くなって、外部からの刺激を受けやすくなっていることが原因といえます。
ニキビそのものは、10代までしか使わない言葉で、20代以上になるとニキビという言葉は使わないなんてよくききます。このまえ、数年ぶりに鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「ニキビじゃなくて吹き出物でしょ」と、バカにされました。
洗顔料を落としの腰(痛みを感じたら、早急に対策しないと、慢性化しやすくなります)があると肌が荒れてしまうかもしれないので、じっくりとすすぎを行ないましょう。

洗顔が終わった後には、利用するのは化粧水や乳液など、保湿をちゃんと行って下さい。
保湿をしないことは、肌が乾燥してしまう原因になってしまい、シワになりやすくなります。

保湿をきちんと実行できれば、シワができないために、効果的な予防・改善です。
ニキビが白く膨らんでいるのを見つけると、ついつい中身を出してしまいます。中からニキビの種が飛び出してくるのがとっても大好きです。ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、無理にでも中身を出そうとして、ニキビ跡が肌についてしまうのです。


ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、ニキビが白く膨らんでいるのを見ると自分を抑える事が出来なくなって、また中身を出してしまうのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Daigo
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる