カリフォルニアアシカのじろっぺ

April 11 [Tue], 2017, 14:17
恋の最中の人はウソをつくのは避けたい。けれど、心を込めた恋だからこそウソということも少なからず存在する。傷つけることのない小さな嘘はむしろ嘘をついた彼(彼女)をハッピーに感じさせる場合が少なくない。
「今どきの若者は望めば何でも手に入るから〜だ」と常に評される。しかし実際は、望めば何でも手に入る」というのは大きな思い誤りだ。素晴らしい彼氏あるいは夫とか彼女あるいは妻は普通は射止めることができない。
キスから得られる情報で、キスした相手のDNAや生殖状態までもを探り、自分に適した相手であるかどうかを選ぶものだ。キスで選べない、残念だけど生き物どうしとして相性に恵まれていません。
恋をしているときには、ずいぶん近くに、しかしながらいくら祈っても現実にはならないとても大きな幸せが存在するような気配がする。更にその幸せは、たったひとつの言葉、そしてひとつの微笑だけに影響される。
ただ女の人が、男性のとりとめのない会話に誠意をこめて耳を傾けなさい。「そうなの?なんて素敵、聞かせて?」と身を乗り出して眼を輝かせながら目標を気持ちが満たされるまで聞いてあげること。それだけでもいい。
「浮気することもできないのに、見栄を張らないでよ!」こんな憎まれ口を使って彼氏を見下すと、カチンときた彼氏は「この野郎!お前以外の女とできてやるよ!」と何も言わずに考えるようになる。
一般的な人は愛に関する問題を「愛するのだ」というクエスチョンや、「人を自分が愛する能力の評価の問題」としてではなく、「愛されること」というマターとして考えているのが普通だ
男と言うのは惚れさせたい人が自分にしゃべりかけている場面でしゃべっている相手の目を見る可能性が高い。男性に話しかけた時に相手の瞳を他に目を向けず見つめてくれるか見つめてくれないかが、好きになってほしいと思っているかどうかの見分けるポイントです。
男というものは、女性と上手にコミュニケーションをとるのが上手ではない生き物。異性を「からかう」行為を、知らず知らず選んでしまっていることばっかり。反対に言えば、無意識にからかうことで意思の疎通をするのが苦手な異性とのお付き合いが始まることもありうる。
お付き合いしたい人が何かをのんだら、自分も飲む。ちょっと頭をかいたら、自分もちょっと頭をかく。足を組みかえたら、あなたも真似して組みかえる。こんな具合に好きな人そっくりに真似をしているだけで近づきたい相手に親近感がわくのだ
近づきたい男性が何か飲み物をのんだら、自分も飲む。頭をかいたら、あなたも頭をかく。足を組みかえたら、自分もさっと足を組みかえる。こうやってあなたが相手の行動の真似をがんばると意中の相手に親近感がわくことがしばしばある。
つまり、サービスの精神の本質は、かけがえのない方にいかにして目を細めてもらえるかを一生懸命考えることであります。つまり、接待は恋愛と同様というわけです。
二人の関係をマンネリから阻止するよい方法の紹介。その良策は、二人でする共同作業にある。二人で同じ目標を持ち、それに達したときに、二人で目標をやり遂げたという達成感が肝心。
芸能人たちの結婚を見てもわかるように、普通の女性は外見重視ではなく、内面を重視する場合が多いらしい。それには理由があって、多くの女性にとって感情的・精神的という内面の安心感こそが一番気を付けるべき点だからです。
キスをしただけでも口づけの相手のキャラクターまで知らないうちにわかる。実はキスは単純に言うと唾液の交換であり、その唾液の中に、含まれる素材性格を見抜いている。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる