板垣とどうもっちゃん

September 16 [Fri], 2016, 16:59
決して実用的とは言えない外国切手であっても、海外ならではの特徴的な絵柄から、一定数の需要があり、実は集めている人が多い切手だと言えます。
それゆえ、買い取っている業者もたくさんあるのですが、多く出回っているものや、ただ集められただけの不揃いなコレクションは受け入れられないことも多いです。1914年、ちょうど百年ほど昔、バレンシアガは、スペイン人のクリストバル・バレンシアガの手によってスペインで創業されたブランドです。

ブランド設立後、内戦を理由にスペインからフランス、パリへ本拠地を移し、スペイン生まれですが、フランスのファッションブランドとして知られています。ハイクラスの高級ブランド、ラグジュアリーブランドの一つであり、レディース服、バッグ、靴、宝飾、時計、香水など、さまざまな商品を揃えています。中古ブランドを買い取るお店では、バレンシアガのバッグ、財布、小物などについては、高価買取が充分期待できます。梅雨というとカビが心配ですよね。今年は運よくあまり被害を受けず、掃除が終われるかと思ったら父が生前にこまめに整理整頓していた切手シートやバラ切手、記念切手類を含めたたくさんの種類の切手アルバムを何冊か見つけ出しました。


見た目は特に傷みは感じませんが、今後もうちで保管した場合、劣化してしまいそうに思えます。



もうそろそろ、買取に出してしまってもいい時期でしょうかね。多くの切手買取業者では「プレミア切手」という名前の切手も買取されています。それでは、プレミア切手とは何かというと、明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。めったにないものなので、シートではなくバラになっていたとしても高価買取が実現するかもしれません。
人気のヴィヴィアン・ウエストウッド、若い世代に人気のあるロンドン発祥のファッションブランド名であり、創始者の一人である女性デザイナーの名前でもあります。



ともすると前衛的という言葉で集約されてしまうヴィヴィアンですが、上品さと可愛さを両立させたデザインで、王冠と地球の宝玉を表したものがブランドロゴマークですが、これをアレンジした数々のアクセサリーも魅力の一つです。


服飾中心のブランド、という印象があるかもしれませんが、バッグや財布といったものからアクセサリーに靴、ベルト、それから時計や小物の類まで服飾に関わる周辺商品も充実しています。
日本においても、若い世代に集中している傾向はあるものの人気は高く、しかしながら、買取店においてその商品はなかなか高額買取になることは少ないかもしれません。
タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえればタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの期待も持てます。



流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば予想以上のお金が手に入るかもしれません。そして、着物でなく反物のままでも多くは着物と同じ扱いで買取可能です。



反物のままでも遠慮なく査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのはある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。
家電などの買取経験があればおわかりの通り、これらは品質の保証になるもので言うまでもなく、その有無によって査定には大きな影響が出ますので取っておいたものを全部、宅配の箱に入れるのを忘れないでください。

いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が私の実家には多く保管されています。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。


聞いた話では、今時の中古着物は、ある程度のシミであれば、業者が染み抜きの手配をするため、買い取ることが増えているのだそうです。もちろん、お値段は「相応」のものになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイリ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ltbe1dier3nayc/index1_0.rdf