クレイモデル!

September 09 [Sun], 2012, 1:26
セリカLBの原型となるクレイモデルあれからさらに粘土を盛ったりコネたりをくりかえしてなんとかファーストバックスタイルのテールエンドと抑揚のあるウェストラインを再現してみるがなんかファーストバックというより、コロナにあった5ドアハッチバックセという気がしないでもない。
粘土が固まるのを待ち、少しずつ削りながらルーフラインを修正する、が今度はなんかケンメリみたいになってしまう。
一応セリカのコークボトルラインとよばれるウェストラインとックテイルスポイラーは再現しているハズなのだがそこで今度はリアガーニッシュまわりの角度と絞りを盛ったり削りだしたりして再現してみるが、今度はむったんマスタングファーストバックみたいになってしまう。
爆さてどうしたものかと思い、もう一度図面を見直すと若干フロントーズがスラントしているので、そのラインに合わせてーズをスラントさせてみるとーズが寸詰まり、ーズエンドを伸ばして少し尖らせてみると、今度はッジチャージャーみたいにorzドアのボリュームが足らないのかと思ってドアに粘土を盛りあわやトヨタ2000GTのようになりつつクリスタル 悪質も、厚みのあるセリカのドアをどうにか再現、でも何かがおかしい。
試しにボディの上下を計ってみると2mmほどオーバーしていることが判明。
ホントたった数mmで印象がガラっとかわってしまう。
良く見るとサイドシルがいつのまにか粘土テンコ盛りになっていたので思い切って削ってみるとようやくセリカLBっぽいシルエットに。
しかしホントこの時代の国産車ってよくも悪しくもアメ車のデザインを意識してることを改めて目の当たりにした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ltb7oew2tj
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ltb7oew2tj/index1_0.rdf