クボケーと蔭山

August 28 [Mon], 2017, 9:33
肝臓を元気な状態に保持し続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が低下しないようにすること、即ち、肝臓の老化対策をおこなうことが有効です。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有した精液、血液を始め、母乳、腟分泌液、唾液等の体液が、乳飲み子等の粘膜や傷口に接触した場合、感染する危険性が大きくなるのです。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横臥位でじっとしていても燃えるエネルギーのことですが、そのほとんどを様々な骨格筋・最大の臓器である肝臓・多量の糖質を消費する脳で消費しているということはあまり知られていません。
暴飲暴食、体重過量、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、老化といった様々な誘因が組み合わさると、インスリン分泌が減ったり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無くなってしまった後に販売される、新薬と変わらない成分で負担を少なく抑えられる(薬の価格が廉価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、約1週間きちんと服薬すれば、原則、9割近くの人の自覚症状は無くなりますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応自体が癒えたことを意味しないのです。
今、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗えるだけの免疫力を持たない人々が増えていることや、早合点のせいで診断が遅れることが要因の集団感染及び院内感染の発生頻度が高いようです。
UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短く、大気中に存在しているオゾン層でその一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破壊するなど、肌に良くない影響を与えるのです。
結核への対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に準ずる形で進められてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは他の数多ある感染症とひとくくりにして「感染症新法」という法律に基づいて行われることに決まったのです。
ライブの開催される場内やディスコなどに置かれている非常に大きなスピーカーの真ん前で大きな音を聞き続けて耳が聞こえづらくなる症状を「ロック外傷」と呼んでいるのです。
男性の生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲンが非常に深く関係しており、前立腺に発生してしまったガンも同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの作用で肥大化してしまうのです。
めまいは出ないのに、しつこい耳鳴りと難聴のみを何度も発症する症例を区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」と診断する事例もあるそうです。
真正細菌の結核菌は、人間がゴホゴホと「咳」をすることによって室内に散り、空中にふわふわ流れているのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことによって感染していきます。
高齢化による耳の聞こえ辛さはちょっとずつ聴力が落ちるものの、多くの人は還暦を超えないと聴力の悪さをはっきり認識できないものです。
スギ花粉症などの症状(鼻水、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜間よく眠れない場合、それが素因になって睡眠不足の状態になり、次の日起床してからの活動に思わしくない影響を与えるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mei
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる