古川のキンキン

May 21 [Sun], 2017, 1:25
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛の摂取を心がけてください。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。妊活中の男性にも効果があります。それは、亜鉛の摂取によって精子の質を高めることを手助けしてくれるという訳です。亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取を実践してみましょう。妊娠しにくい体質を改善する食品というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良くさまざまな食材をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けるようにしましょう。治療段階で判明する不妊の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった婦人科面での要素と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性の方の要因が挙げられると思います。ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。男女双方が検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを飲むときには、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類前後入っているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。妊娠しやすい体になるために、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も摂取をオススメします。不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血に必須の栄養素です。この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすい状態を作り出すことが期待できます。それに、血液が増えると新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体作りができるのです。妊活なんて聞くと、女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性の問題ばかりでなく、男性側の問題だというケースもあります。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。ですから、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。また、周囲の期待感や気遣い、焦りといった感情が不妊治療とあいまってストレスになることもあり、相当悩んでいる人もいるのです。治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大事かもしれません。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。果物に限った話では、イチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと知られていますね。あるいは、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのもおススメです。葉酸が多く含まれている野菜についてですが、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。赤ちゃんを授かったあと、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は先天異常の発症リスクが抑えられると知られています。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを推奨します。不妊かなと思ったときには、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」というルールもあるので、その通りにしていくのが大事です。最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:希実
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる