膝関節の痛みは、若い時からの運動で防ぐことができます。

August 03 [Mon], 2015, 22:47
膝は体重を支える基礎です。ここが痛むようになると、歩く事が困難になり日常生活に支障が出ます。原因は、クッションの役目である軟骨がすり減って、骨と骨が直接ぶつかるからです。そうなると膝の痛みは相当痛く、ひとの力を借りなければ立ち上がれません。痛みの原因は、加齢、肥満、筋力低下が原因です。
膝関節の軟骨や半月板の噛み合わせが悪くなり、変形するので次第に軟骨がすり減るのです。リウマチや怪我なども、痛みの原因になります。そのため若い内から、関節の筋力が衰えないように鍛える必要があります。体を支えるので、肥満にならないように体重をコントロールし、負担があまり掛からないようにしなければいけません。日頃から運動をして体を鍛える事が必要で、特に足の筋力を付ける事を心掛けることです。そうすれば、歳を取っても元気に歩く事ができます。ともかく、家に籠ってじっとしていることがいけないので、外に出て歩く習慣を持続させることが関節を守ることにつながります。頭頂部薄い
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆきlt5nqzd8
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lt5nqzd8/index1_0.rdf