いいもの読んだ--時代小説好きならば。

December 08 [Thu], 2011, 18:28
時代小説、剣豪小説好きな私はよく、佐伯泰英さんや、鳥羽さん、上田秀人さんなど読み漁っている。
ただそれらの小説はちょっと漫画感覚でささっと読めるのはいいのだがやっぱりそればかり読んでいるとものたりない気もしてくる。
そんな中、新聞で紹介されていたのが霧の城。
信玄と信長がいよいよ対決か、という時代、信長の領地近くの岩村城を攻めることになった秋山善右衛門。
城にいるのは信長の息子、御坊丸を養子とさせられた信長の叔母である未亡人おや。
そこから物語は始まる。
何を思ったか善右衛門は城を包囲した中、おやとの婚姻を申し出る。
善右衛門は真実おやを愛し、かたくなだったおやに自分の思いを伝えること、以前から城にいる者と自分の配下の者達との衝突をさけ、城下の者をまとめること、そして周囲の信長寄りの小城を信玄派に組み入れることなど問題は山積みである。
信玄を心から敬愛する善右衛門だったがそのころ、信玄死去の噂が流れ、勝頼は長篠で信長に大敗を帰す。
岩村城に攻めよせる信長の兵。
どうする実直で、知恵者の善右衛門にいやがおうでも感情移入しomanko大図鑑ていく。
そして信玄と信長という大物のぶかりあいという時代の流れにわくわくしも信玄の死と言う事実を知っているだけに善右衛門の前途が気がかりになる。
読後は久々にいいもの読んだという感じ。
ちょうどテレビでもおなじみの行列ができる頭痛外来の受診日。
いもは23時間の待ち時間が苦痛なのだが、この日ばかりはもう、夢中で読み漁ってしまった。
時代小説好きのさん、手に取ってみて損はないと思いますよ。
ただ文庫じゃないのが持ち運びには難点かも霧の城岩井三四二実業之日本社
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lspb5a0nja
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lspb5a0nja/index1_0.rdf