長い年月がたった住まい、模様替えの必要性です。 

June 11 [Tue], 2013, 9:56
住まいはずっと確保しておきましょう。


それによって自分達がしたい事、長年住んでいると、何らかの形で手を付ける事が臨まれます。


仕事している事は非常に重い意味があります。


模様替えなどリフォーム作業が必要な時、時には立ち合いが必要になります。


仕方がありませんが、仕事をしなければ先が見えないという事です。


住まいを確保する、長年だったら色んな物が見えて来ます。


リフォームするために、仕事を頑張っています。


リフォームが嫌だったら、引越しすればいい、そんな単純な考えを持っている自分が怖いです。


住まいの重要性、しっかりと理解する事です。


模様替えは引越しと考えると、どっちがお得ですか?そんな視野が必要です。


お金が問われています。




住まいを探す、そこから色んな事が分かっていきます。


リフォームは施すと決めた以上、色んな手を打つ事が問われていきます。


お金があるから、余裕があります。


そんな人生を送りたいですが、現実は甘くありません。


住まいを確保する事で精一杯です。


仕事する、それが一番重要です。


仕事するために生きる自分を表現します。


住まいには必ず、模様替えが必要なのです。


やはり長年住んでいたら、欠陥が見つかります。


そしてリフォーム相談に向かいます。