平尾のミッキー

August 18 [Fri], 2017, 5:24
FXを始めるにあたり、FXは投資である以上、その売買取引を行うにあたっては色々な危険性が存在することを十分把握してトレートを行うことが重要です。


為替変動を予測するのは難しく、状況によっては大きな損失が出てしまう可能性もあります。
そして、FXのレバレッジ効果には危険性も存在することをきちんと理解して取引を行うようにしましょう。


FXはレートが上がることで利益になり、一方、レートが下がれば損失です。
そのため、シンプルに考えるとFXで勝てる確率というのは50パーセントといえます。


しかしながら、実際に勝てる確率は、5パーセント〜10パーセント程度とされています。
勝率が高くない理由として、レートの変動がない状態もあることが挙げられます。
FXで得た収入には課税されるのでしょうか?FX投資で得た利益は税制上、「雑所得」という扱いになります。


一年間を通した雑所得が20万円以下であれば、納税義務はありません。でも、雑所得の合計が20万円を超える時には、確定申告をしなければいけなくなります。



きちんと税金を払わないと脱税になってしまうので、注意しておいてください。
FX投資により得られた利益は課税対象なので、確定申告が必要ですが、年間を通して、利益を出せなかったケースではする義務はありません。
しかし、FX投資を続けようと考えているなら、利益がなかったケースでも確定申告をしておいた方がいいでしょう。



確定申告をしておくと、損失の繰越を控除できるため、最長で3年間、損してしまった分を通算できます。

主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊させてしまう主婦も少なくありません。
FX投資においては、レバレッジが使用できるので、利益が大きく出る反面、損失も大きく出てしまうのです。


FX投資をする際に、夫に内緒にしたり、なくしてしまっては困るお金までつぎ込まないように気を付けてください。低くレバレッジを設定して用心深く投資するのが肝心です。長い間、FX取引をしているとロスカットというものの存在がどれほどトレーダーを救うものかをフィーリングで理解されていると思います。

けれど、そういう人でもFX取引の始めたては、ロスカットになりたくなくて徐々に損失が大きくなってきたという経験があるのではないでしょうか。

FXについて少しずつ理解を深めていくことができれば大きな損を出してしまうこともありませんし、わずかずつでもプラスにしていくことができるはずです。
FXを運だけだと思っている人は決して学ぼうとはしないので、儲けを出すよりも損失のほうが増えるのです。


FXで稼ぎを出している方は、運が味方になる努力をしてきた方々なのです。FXには逆張りと呼ばれる方法があります。逆張りとは一定の範囲内で上下するレートのレンジ相場にうまく対応しています。トレンドライン入力後に、上値抵抗線や下値指示線に近づいたら逆張りをしてみるなどそのトレーダーによって手法が違ってきます。


ですが、トレンド相場とはうまく連動しないので、注意にこしたことはないでしょう。

FX会社が潰れた場合、入金しておいたお金を失う事例がありますから、信頼性をよく確認して選んでください。
また、レバレッジは使い方によってメリットにもなりますが、デメリットとなる場合もあります。
自分の元手より多い金額を扱うことが可能なのは有利な点ですが、負けると大きな損を負うことになるのです。
為替相場が大きく変動する中央銀行の政策金利発表や指標発表がある時などは、スプレッドが大きくなりますから、FX業者の約定力が大切になります。

相場が3円以上も動いてくるような場合ですと、スプレッドだけの話ではなくスリッページについても気にかける必要性があります。成行注文でスリッページを狭くしても、約定力を落とさない業者をお勧めします。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠花
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる