外国を相手にした防衛戦

August 20 [Wed], 2014, 16:03
13世紀には、1274年の文永の役と1281年の弘安の役の二度にわたる元寇があったが、元の侵攻を阻止した。これにより「日本は神国」との意識が生まれ、後世の歴史意識に深く刻み込まれていくこととなった。また元の侵攻は阻止したものの、今までの幕府の戦争と違い、外国を相手にした防衛戦であったため、この戦いによって実質的に獲得したものは何も無く、そのため出征した武士(御家人)への恩賞の支払いが少なかったこともあって、「いざ鎌倉」といった幕府と御家人との信頼関係を損ねる結果となる。
元寇を機に幕府は非御家人を含む日本全国の武士へ軍事動員をかける権限を得たほか、鎮西探題や長門探題などの出先機関を置き、西国への支配を強めた。
1974年(昭和49年)度の発掘調査では、立地場所は丘陵のほぼ中央部を選定している。墳丘の中央部に墓壙を掘り、ここに一辺2.2メートル以上、深さ1.7メートル以上の立方体の巨石を置き、その周りに礫を詰め一段目の墳丘を築き、南側に排水溝を設ける。この巨石の上に石槨を組み立て、奥壁を置き、側石・前面閉塞石を置く。
古墳時代を通じてつくられ、直径数メートルから百メートル前後で、規模は中・小型のものが多い。
墳形が単純なので、時期による形態の変遷は明確でない。墳頂部に墓壙を掘る前・中期のものは墳頂部の平坦面が広いものが多く、後期には土饅頭系が増え、横穴式石室をもつ後期や終末期のものでは墳頂平坦面が狭く、墳高がやや高い傾向にある。
なお、円墳に造出を付けたものを帆立貝形古墳と呼ぶ。前方後円墳の前方部が小さいものと解されることもあるが、造出の規模の小さいものは円墳に分類することが多い。
最大の円墳は埼玉古墳群中にある丸墓山古墳であり、墳径105メートル。ちなみに前方後円墳最大の大山古墳の後円部径は250メートルであり、後円部径が100メートルを超える前方後円墳は約50基を数える。
二段目の墳丘を即席の高さと同じに築く。
石槨の南西部に墓道が設けられてある。この石槨の中に火葬にした骨を納めた骨臓器が安置されたものと考えられている。納骨が行われ、三段目の封土を盛り上げる。墳丘は八角形に築造されている。頂上部に長さ95センチメートル、高さ67センチメートル、前幅46センチメートルの凝灰岩の沓形石造物が2個、隅角部に置かれているのが確認されている。形状から木造建築物の屋根を飾ったものではないかとみられている。http://climbing-search.info/tsuhanrank.html
西国をはじめ、日本国内を中央集権的に統治しようとする北条氏嫡流家である得宗家が御家人を排除。被官である御内人を重用するようになった。御家人の心は次第に幕府から離れていくようになり、御家人達武士全体の不満がくすぶる結果となった。後に鎌倉幕府が崩壊する一つの要因となったとも言える。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:米人
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lskvjsl/index1_0.rdf