正義の味方 

2008年07月26日(土) 12時01分

先日、アンパンマン生みの親「やなせたかし」さんの
雑誌のインタビューを読んで、感動しました。

ずぅっと日記に書こうと思ってたのに延びてしまって、
今日になってしまった…。


やなせさんがインタビューの中で話してました。

    ※     ※      ※

「世の中で言われている正義というのは、
 非常に信じがたいし、疑わしい。」というのが、
 私のアンパンマンの原点ですね。

 例えば戦争。勝った国のしたことはあんまり言われないけど、
 負けた国は悪魔のように責められるでしょう?

 戦後の漫画でも同じ。

 ヒーローが怪獣をやっつけて、「正義は勝つ」と言って終わる。
 でも、怪獣には怪獣側の正義があるかもしれない。

 それに、その戦いで辺りを火の海にしておきながら、
 そのヒーローは謝りもしないし、弁償もしない。

 でも、自分の戦争の体験を考えてもね、
 本当の正義の味方というのは、まずひもじい人を助けるもの。
 そして、安定した生活を守るもの。

 だから僕は、
 ひもじい人を助けるキャラクターを作ろうと思ったんです。

    ※     ※      ※


この文章を読んで、心底感動しました。

あのアンパンマンの主題歌が素晴らしいのも、
何十年経ってもアンパンマンが子供にとって一番人気なのも、
このやなせさんの倫理観が素晴らしいからなんですね。

時代が変わっても決して古くならない倫理観や、
いつの時代も受け入れられる幸せの定義を持っているって、凄い。


私は、夢見がちなくせに、現実的なところがある子供だったので、
「ウルトラマンが街を壊して人を踏み潰していいのか?」
とか、子供心に密かに思っていたんで、なおさらハッとしました。

でもこれって、
結構みんな、思ってたりしたことなんじゃないかな〜。
どうなのかなー????



またカラオケ行ったら、アンパンマンマーチを歌おうっと♪
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ふくまる
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる