【 大学受験LSAT式英語長文速解法 〜達人脳インストール編〜 】TOEFL世界第3位の権威者が教える。1日1時間、わずか14日間、繰り返し読むだけで英語長文問題がサクサク解けるようになる

June 27 [Mon], 2011, 17:13






「受験界」という所は、受験生の「英語力」よりも「忍耐力」を養うことに
力を入れているようにみえてなりません。

英語の受験関係の本(参考書・問題集・勉強法)を読んでいると、
たまたまやって成功しただけの人が万人に当て嵌まる勉強法のように書いてあって、
その結果、まったく無駄なことをさせているのです。

特に影響力のある「大手有名予備校のカリスマ講師」は、
とくに罪が重いと感じています。

はじめは、「大学受験英語」だからそんなものなのかな?

と、へんに納得していた部分もありました。
わたしたちの受験時代もそんなものだったような気がしたからです。

しかし、近年の大学入試問題をいろいろ研究してみると、
きちんと「米英」でも通じる、英語問題を使っています。
(特に最近やった、「慶応の環境情報学部」の問題等はエクセレント!!でした)

なのに、「受験界」の「英語」では・・・

わたしも最近教える立場になったので、
有名所の「参考書・問題集」を見てみたのですが、
現代では役に立たない「化石」のような知識がかなり多いのが分かりました。

特に、英文法なんかでは、わたしでさえ聞いた事が無いような問題が少なくなく、
「わざと自信を失わせているのか?」
と思わざるを得ないような内容ばかりが
出回っているのです。

勿論、「選別」する為の「試験」ですから、
「受験固有」の知識も存在する事は否定出来ない事実です。

ただ、そういう
特殊な部分を強調しすぎる「受験情報」が
余りにも多いのでは無いか・・・ と切実に思うのです。

「これが出来ない」と言う事で悩んでいる受験生がいたら、
喜劇にちかい悲劇とさえ思えて・・
「無駄なことさせて、自信をなくさせるな!」と怒りを感じ、
すこし暗い気持ちになりました。

つまり、受験英語の世界の現状についてきつい言い方をすると、
「実際の大学入試英語」は「正常」なのに、
「大学受験界の英語」は「異常」だと言う事なのです。

わたし自身、昔は、「英語の勉強法」について「受験界」によくあるような
「根性論」に近い考え方を持っていました。
「学問に王道なし」をまっすぐ信じて。

大学2年までは、まさに「根性」英語でした

例えば、中学時代は「記憶できなかったら単語集を食べれば覚えられる」等という
迷信を実行したりした程です。
自分で言うのもなんですが、それくらい生真面目な学生でした。

大学まで喉が枯れる程音読しましたし、
単語や熟語は手書きで覚えるものだとばかり、
手がしびれてシャープペンが握れ無くなる程、書きまくったものです。

また、「一つの参考書を隅から隅まで読み込まないといけない」等と思い込んで、
「何のために読むのか?」というゴールを設定もせず、
ただやみくもに通読を繰り返したりしていました。

大学時代も、ある先生に出会う前までは、
一日4〜5時間睡眠で勉強をしていました。
多くの時間を重視している英語に費やしました。
(おかげでアメリカの大学院にも合格しましたが・・・)

ある高名な翻訳家の本に書いてあった、
「いい本を丸暗記すると良い」という言葉をそのまま受け取り、
300ページ以上ある本を手垢で帯が付く程繰り返し読みました。

そうしないといけないと思い込まされていたのです。



ケアマネ初心者 超実践業務マニュアル

マリオネット式女性誘導法

利益繰延でなく課税されないヒミツの生命保険活用法(2011年バージョン)

藤井誠の50ヤード以内完全攻略プログラム 〜3打以内で上がるためのショートアイアンテクニック〜 【GFM0002】

ヤフオクで稼ぐ秘密のオークション術

Legend・of・FX プレミアム

ダービーチェンジ馬券選定法





しかし、

わたしのそんな英語との格闘の日々も、
その「語学の天才」との出会いで
劇的な変化を遂げることになったのです。

その先生は、
当時、韓国語や中国語を3ヵ月で完全マスターするような人でした。

また、専門書を月に80冊近く読んでいて、
しかも、論文にその内容をかける位読み込んでいる程でした。

しかし、睡眠時間は10時間近くとっているのです。

はじめは、「天才だから出来るんだ」と思っていました。

しかし、近くで見ていると、勿論頭はバツグンに良いのは
たしかですが、勉強法に工夫をしていることが分かりました。

そこで、その先生の勉強法を真似したら、
「超秀才位にはなれるんじゃないか」と思い、
その勉強法を「盗み取る」ことにしたのです。

つまり、そのような効率的な学習が何故出来るのか、
特に「英語学習」に悩んでいたわたしは、その「語学学習法」を吸収しようとお近づきになり、
必死でその勉強法を盗み取りました。

そこからわたしがつかみ取ったのは、様々な語学学習法の「原則」でした。
そして、その「原則」から独自の方法論を組み立てて行くと、

なんと、8時間睡眠をしても、
以前よりも、断然効率的に英語をマスター出来るようになったのです。

それは、

【1】「脳」を意識した勉強

【2】それぞれの「特性」に合わせた勉強

つまり、
「正しい脳の使い方」と「正しい勉強法」
を組み合わせることにより、最高の成果を生み出します。

ここで誤解しないでいただきたいことは、この方法でわたしが変革を遂げたのは、
もともとわたしに語学のセンスがあったとか、
記憶力が良いとか、
そういったことは一切ない、と言う事です。

この方法は誰にでも簡単に、しかも短期間にマスター出来るものなのです。

では、この方法を実践した受験生さんたちの喜びの声をご覧下さい。
M・Nさん 19歳 千葉県
偏差値40ちょっとしかなかったかわたしが、
試験で8割以上取れるようになりました!
わたしがLSATを見つけた時に本当に長文が読めるようになるかと半信半疑でした。

何故かというとLSAT実践した方々の感想を見て、今までは長文を見るだけで嫌気がさしていた方等が LSAT式をやった事で長文の見方が変わったとか、読めるようになったとか、どこに目をつければよいのかがわかった等と皆さんが絶賛していたからです。

わたしは本当にそんな方法があるのかと少し疑ってしまいましたが受験まで2カ月ちょっとしかなかったと言う事もあり LSATに賭けてみました!販売者さん疑ってすみません…

わたしは偏差値45程しか御座いませんでしたので、
販売者さんに提示して戴いた参考書と語彙力をつけるのと並行してLSAT式をやりました。 やり方は書いてあるとおりにやりました。

初めは時間がかかりましたが毎日続けました。
長くなりそうなので結論から言いますと英語の見方が変わりました!

英語長文にもポイント?解答に絡むキーワードがあるのだと!!現代文に似てる所があるなと思いました!

試験では8割以上は取れました!偏差値40ちょっとしかなかったかわたしが短期間で、
ここまで進歩できたのはLSATがあったからです!!

本当に助かりました!出会えて良かったです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大学受験LSAT式英語長文速解法 〜達人脳インストール編〜
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
ロトブレイン 結婚相談所 ロト6予想 ダイエットサプリメント ダイエット方法 ライブチャット ゴルフ上達法 TOEIC・英語勉強法 Secret Cash Point(シークレット・キャッシュポイント) 何度でも当選を実現!ロト的中システム【ミリオネアロト】 LOTO6 〜完全攻略〜 神龍 無料出会い 無料競馬予想 FX会社 おんなのこ☆だいすき(Hey動画月額) 異性出会い 復縁方法 女心を掴んで離さない究極のテクニック、秘伝・秘技 「昇天技巧 秘伝書 免許皆伝版」 現役 性感マッサージ師が詳細を丁寧に解説! キャバ嬢を落とすためのメソッド 『キャバクラ解体新書』 キャバクラ攻略 の奥義! キャバ嬢を口説く方法 キャバ嬢をあなただけのものにする秘薬【THE Uncertain Trade Hunter】 キャバクラでモテる男の極意
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lsateigo/index1_0.rdf