大倉が吉田

February 05 [Fri], 2016, 15:30
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても異なってきます。体制は一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回していることが多いです。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を取り入れている病院が多いです。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。国の指針により月に8回までと定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。
看護師の国家試験に受かることよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年してしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
看護師の資格を取るには、何通りかのパターンが考えられます。看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要です。
高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更は困難です。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、期間が短いので勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはネットの求人サービスを利用するのが便利です。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には紹介されないことが数多くあります。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談をお願いできる所も少なくありません。
看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、はじめにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。泊まりでの勤務は荷が重い、プライベートの時間は十分確保したい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、望む職場環境は人それぞれです。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、負担になる労働環境で辛さに耐え続けることはありません。
よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、ステップアップと説明するのが良策です。元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、わざわざ株を下げることになります。たとえ本音がそうだとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、積極的な姿勢で求職していることを答えられるようにしておいてください。
看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志望理由です。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを肯定的な雰囲気で表明するのはそう単純なものではありません。たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、やる気を印象付ける言い方をしたほうが合格へ近づきやすくなります。
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーしたときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。面接者の評価が良くなければ、看護職員を望む職場が多い現状でも選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志願者数も多く競争率があがりますので、気を抜かないで万全を期し面接官の前に立ちましょう。身だしなみを整えきちんとした格好をして、イキイキと応対するのがポイントです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:詠太
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ls1lt5akbialbe/index1_0.rdf