アイリーンと迫

May 12 [Fri], 2017, 10:51
この時期、ニキビ予防において大切なのは、菌の温床にならない環境を作り出すことです。ファンデーションのパフに皮脂等が付きっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で直接肌に触る等の行為は、顔に雑菌を塗っているのと同じです。普段から清潔にできるように意識していきましょう。実際、ニキビがおでこにできてしまうと、何が何でも前髪で隠そうと思ってしまいます。ですが、それはニキビの悪化を招くことにもなるので、できる限り前髪で隠す行為はせずに毛髪がニキビに直接触れないように刺激を与えないことが大切なことです。白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけると中身を絞り出してしまいます。

ニキビの中からニキビの芯が出てくるのが大好きなんです。



でも、五回に一回はつぶしたときに芯が残り、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。
そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省するのですが、白いニキビができるとどうしてもつぶしたくなって、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。
実は昔、私が20歳のおり、背中の痒みがひどく見てみると無数の吹き出物が確認できたんです。

すぐに皮膚科で見てもらいました。


すると、病院側から、「吹き出物はニキビです。

原因は栄養分の偏りなんですが、脂分の多い食べ物ばかりになっているんじゃないですか?」と注意されてしまいました。

チョコほどニキビができやすい食べ物はないそうです。
少し前、連続して徹夜をしてニキビ面になってしまいました。
私は結構ニキビになりやすいので、ちょっと肌に負担を感じるだけでニキビが発生するのです。

だから、たとえ忙しい時でも、なるべく早く床について十分な睡眠をとるように注意しています。



ニキビは睡眠不足によって引き起こされるものだと思います。女性に独特なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスの崩れが関与しています。

ホルモンの乱れは、ストレスが原因となってすぐに乱れてしまうと耳にします。

また、特に生理の前は女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。



生理直前にニキビを気にされる女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。



ニキビというのは潰してしまっても良いのでしょうか。
実は、潰しても良い状態のニキビと潰してはいけない状態のニキビとがあるのです。


潰しても大丈夫なニキビの状態とは、肌の炎症が落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。こんなニキビの状態は、膿が外へ出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具を使うのであれば、潰してしまっても良いでしょう。
ニキビを搾り出すと、膿が出てきてしまいます。もっと潰すと今度は芯が出ます。それがニキビの原因なのですが、潰して芯を無理に取り除くのはあまりオススメしません。
無理やりに潰してしまうのですから、さらに炎症は広がります。


ニキビの跡が残ることもあるので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。ニキビは誰もが素早く改善させたいものです。ニキビは早く改善するためにも、ニキビをいじってしまわない様にする事が大切です。



雑菌が付いて汚い手で無用心にも触ってしまうと、ニキビの悪化に繋がりますし、いじりすぎると肌が傷つくことになります。
ニキビのケア用の洗顔料や化粧水など、ニキビに効き目があると宣伝されている商品がマツキヨなどのドラッグストアなどの店頭で販売されています。



しかし、品数が豊富にあるため、自分のニキビに合っている商品を見つけ出すのは困難と言えます。試供品などがもらえれば試供品を使ってから自分の肌に合えば買うようにするといいと思います。

毎日洗顔などで清潔な状態にしていても、ニキビができることは誰にでも起きることでしょう。

ニキビを防ぐには、顔を洗って清潔を心がけるのは当然のこと、栄養の豊富な食べ物をとりしっかり睡眠するといった健康の管理も重要になります。


ニキビは男性、女性にかかわらず一筋縄でいかないものです。



少しでもニキビにならないように気を付けている人は多数いると思います。ニキビのお手入れ法として有効なものの一つに水洗顔が挙げられます。
ニキビでぶつぶつすると、しょっちゅう洗顔ばかりしたり、洗浄効果の高い洗顔料で洗顔したい気持ちになりますが、これらはNOなのです。

妊娠の初期は女性ホルモンが乱れることからお肌にニキビができやすくなります。

そして妊娠に伴う精神的なストレスといったものもニキビができる原因の一つになります。
しかしだからといって、抗生剤等を使うことは出来ません。ホルモンバランスがちゃんと整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、体を静養させましょう。どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥ということがあります。原因は肌の余分な油脂なんじゃないの?と疑問に感じている人も少なくないでしょう。
もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥してきて、それがもとでニキビができてしまうのです。冬は乾燥が不安になって皮膚のケアをしますが、そのようにすることが逆に吹き出物の数が多くなる原因を作り出しているように考えるときがあります。



通常は使わないような基礎化粧品などを使うことが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症を引き起こして、この季節でも吹き出物が出来てしまうことがあるそうです。ニキビもれっきとした皮膚病です。ニキビなんぞで皮膚科の診察を受けるのも、と少し尻込みしてしまいがちですが、皮膚科で診てもらうと早期に治癒しますし、ニキビ跡もできにくいです。
それに、自分で薬局などでニキビ薬を買い求めるよりも安価で済みます。



ニキビがおでこにたくさん出た時に、友達にも心配されてしまいそうな状態だったので、専門家に診てもらうことにしました。
お医者さんに、ひとまず薬を出しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。
ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、肌には強いので、状態が改善してきたら塗る回数を少しにしていったほうが好ましいそうです。



酷い状態のニキビとなると、芯を持ったように固く、指で触ると痛いといった症状があります。

ニキビが出来たら、なんとなくその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなりますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ニキビケアのクリームなどでケアしながら、清潔に保つようにしてください。


肌荒れとニキビが関連していることも有りです。
吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。とは言え、思春期をすぎても発生することがあり、大人ニキビとか吹き出物と銘うたれています。この大人ニキビの一因が肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。ヨーグルトはニキビにとっては良くないと言ったり、逆に良いと言われたりとしますが、このような情報の真偽は明らかではございません。
特定の食品だけに頼っているのではなく、日頃から栄養バランスの取れた食生活を心がければ、ニキビ予防になると思うのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Natsuki
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる