石沢がえりにゃん

May 02 [Tue], 2017, 20:39
手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

普段の生活には極端な制限はないでしょうが、普段の生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が促進され、出血がつづく恐れもあるためです。



日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。



これには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるでしょう。こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決をはかることです。


インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。



それはちがいます。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。検査には問題ないのです。

「インプラントって差し歯とは何がちがうの?」という質問はよく訊かれます。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと言う名前のパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にちょうどくるのはインプラントです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、ご飯も美味しいと思えます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と言う名前の人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


旧来の入れ歯とくらべた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を造る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。
歯科治療で手術をうけたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はないでしょう。麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦し向ことはほとんどないと言えます。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類があるのですが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもをもち合わせていなければなりません。当然、一つ一つの義歯の製作には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯と言うものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるんです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuuma
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる