しごと場が医療現場であるだけに看護師の責

May 26 [Thu], 2016, 6:01
しごと場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く緊張の糸を切らすことが中々できず、そのために常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。

なので、あまり体にやさしくないしごとなのは当然として、メンタルの部分にもすごくのプレッシャーがあるという事です。
自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ナースであり続けるためには重要視した方が良いようです。


今の職場に不満があって看護師がトラバーユするときの秘訣は、やめるより先に次のしごとを決定しておいた方がいいかもしれません。加えて、3ヶ月程掛けて細心の注意を払って新しい職場を探してください。焦った状態で次のしごとに就くと、またしてもやめざるを得ない場合も出るので、自分の希望する条件に適したしごとを注意深く確認し探すようにしてください。

その事から、自分の希望する条件をクリアにしておきてください。看護師として働くことは、ドラマみたいにうまくはいかないのが現実です。
普通やることもたくさんあるのですが規定の労働時間以外にもしごとがたくさんあって、残業しなければならなくなることが多いです。

しかし、もし忙しくて疲れがたまってい立としても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。先程まで愚痴っていた人がぱっと笑顔をつくれるのですから看護師のその様子はまるで女優のようです。

昔読んだ本の影響で、ナースになりたいと思っていました。


しかし、事情があって就職を選んで会社員としてしばらくはたらきました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。トラバーユして、無資格で医療関係のしごとに就くという事も選択肢の一つでしたが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。


すると、医療の現場で看護助手としてのしごとをしながらナース資格を取る方法があることを知りました。
夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。

今どきの交代制勤務、世間で「シフト勤務」という名前の勤務形態の代表的なしごととして、看護師を挙げることが出来ます。外来のNURSEであれば日勤のみと言うこともありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ勤務年数が短いうちは確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。



実際に、私の妻もまだおこちゃまが小さかった時にNURSEとしてシフトに入ってい立ために、シフト勤務の時は代わりに私がおこちゃまを見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに大変でした。医療に関わる職種の中でもナースという職業は普通のしごととは違うと思われやすいですが、とはいえ、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にも悪影響となる場合もあるかも知れません。



看護師がストライキを起こすというのも中々難しいので、雇用する側の人達が考慮することが最も大切です。

ナースの資格を取るための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保ち続けています。

ナースの資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。NURSEの職場といえば、病院という想像が一般的でしょう。



しかし、NURSEの資格を活用できる職場は、病院だけでなくさまざまとあります。

保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上のさまざまなサポートをするのもNURSEのしごとです。

また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、医療行為は看護師がおこなうことが多いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lrrogiakwaryip/index1_0.rdf