そうした

November 06 [Tue], 2012, 23:42
曲芸をやろうと思うよ……」
 黒吉は、話題を変えて、話しかけた。
「あら、そんな……不自由な体で――」
「でも、俺にゃ、あの宙乗りの気持が忘れられないんだ。何も彼も忘れて飛びたい――」
「でもね、……あなたにいうのは、却って逆だけれど、あの宙乗りは、ほんとの呼吸もんでしょう、ブランコと呼吸とがピッタリ合わなけりゃ危ないわよ」
「そうさ――」
「それが、それが、片足になったら、その呼吸が全然違うじゃないの――片足で振る時と、両足で勢いをつけるのとじゃ、まるで違うわ……恐らく、国際恋愛あの半分も飛べないわ」
「ううん……」
(そうだ、いかにもそうだ……)
 黒吉は、がっかりして考え込んでしまった。
(俺には、もうあの曲芸が出来ないのか――)
(宙を飛ぶことが出来ないのか――)
「由っちゃん、何かいい工風
くふう
はないかしら。何でもいい、何でもいいから、俺はこの体を、思いきり、ぶっ飛ばしてみたいのだ、ね、ね、いっそ、高い山から飛下りてやろうか――」
 黒吉は歯を鳴らしていた。
「君、君」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lrl5l6llgrle
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lrl5l6llgrle/index1_0.rdf