lglgrel

July 11 [Wed], 2012, 20:23
埃及
エヂプト
カイロー博物館にある、王アメノフイス四世が児を抱いて接吻しようとしてゐる、細部が見えなくなつた石の彫刻も僕の注意を牽

いた。王も児も裸形のやうに見える。巌丈な椅子に腰かけてゐて、児は王の膝の上に乗りゐる。王は右の手で児の膝のところを抱き、左の手が児の後ろに廻つて頸
うなじ
のところを支へてゐる。そして接吻するところである。全体が単純でも、旅人の僕の注意を牽いた。
 おなじくカイローの博物館に、ゼンヲスレト一世がプタ神を抱いて接吻するところがある。これは石柱の一部分で浮彫になつてゐる。王は神の腹のところを両手で抱いてゐる。神は右手を挙げ右を向き、王は左を向いて、鼻と鼻が既に接してゐるが、埃及流の直線的構図では唇を接せしめることが出来ない。そこで、唇と唇とが未だ少しく離れてゐる。国王が神明に接吻する図なども、旅を来てまたこれから旅をしようとする僕にはめづらしかつた。
 ある時、朝はやくヴエネチアを立つてパドワに来た。そこで基督一代の事蹟をあらはしたジオツトの壁画を見てゐた。そこで二つの接吻を見た。
 一つは、聖ヨアヒムに聖アンナが接吻してゐる図である。石門がかいてあるのは、それは即ち黄金門である。門の口は穹をなしてゐる。それが石橋に続き、石橋の終るあたりで、老いて髯の長い聖ヨアヒムと未だ若い聖アンナとが接吻してゐる。アンナは左手でヨアヒムの頤のへんをおさへ、右の手で後頭をおさへてゐる。ヨアヒムは右手をアンナの左の肩にかけてゐる。その容子
ようす
がいかにも好い。
 穹をなした門の口のところに若い女が四人ゐて皆微笑してゐる。その嬉しさうな面相が四人とも皆違つてゐて、実にいいものである。若い四人は聖アンナの友である。その四人のほかに黒い蔽衣で頭まで蔽うた媼
おうな
がゐる。それは接吻を見ない振してゐる。左方に若い男が右手に籠をさげ左の肩に何か鍬のやうなものを担いでゐる。これもやはり微笑してゐる。聖ヨアヒムと聖アンナの唇は全く触れて描いてゐるが、二人とも目つきは笑つてはゐない。
 二つは、ユダが基督に接吻する図である。炬をかかげてゐるもの、竹槍、棒などを持つてゐるもの沢山、角笛を吹いてゐるもの一人などがかいてあつて、中央にユダが基督の両肩に抱付いて、唇を尖げて接吻しようとしてゐる。二人が目と目とを合せてゐるところである。その左手に短刀で人の耳朶
みみたぶ
を切落したところがかいてある。その短刀の絵具が半ば剥

げてゐる。この図は、
 起きよ、我儕
われら
往くべし。我を売
わた
すもの近づきたり、此如
かく
いへるとき十二の一人
ひとり
たるユダ剣
つるぎ
と棒とを持ちたる多くの人人と偕
とも
に祭司の長
をさ
と民の長老
としより
の所
もと
より来る。イエスを売
わた
す者かれらに号
しるし
をなして曰

ひけるは我が接吻
くちづけ
する者は夫
それ
なり之を執
とら
へよ。直にイエスに来りラビ安きかと曰て彼に接吻
くちづけ
す。イエス彼に曰けるは、友よ何の為に来るや。遂に彼等進み来り手をイエスに措
かけ
て執
とら
へぬ。――RussianCupid.com馬太
マタイ
伝廿六章
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:glglglれ
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lrglgl54/index1_0.rdf