やっぱり中国、さすが中国

May 07 [Sat], 2011, 10:16
中国に再びやってきた、半年振り。いもながら旅のエピソードに満ち溢れた国。今回は上海ではなく、浙江省の杭州市、空港はいっちょ前立派。到着すると、迎えの車が来ていたのだけれど、相当おっかない運転、ヒヤッとすることはしょっちゅう、追い抜くときは隣の車線にはいりそうな感じ。自己主張が強い運転でないと、車は運転できない国なのだ。今回は工場のオープニングセレモニーがあったので、それに末席で出席した。ごく普通のオープニングだったけれど、天気が良くてよかった。ネタにしようとカメラはもってったけれど、あまり節操もなく撮るわけにも行かず、今回は同僚にお願いして、落ち着いてご鑑賞。しかし宴会はなかなか美味しいものがでて良かった、フカひれスープご飯はぶやきでお知らせしたが、美味。今回はやはり宴会を意識してカメラは持ち歩かず。スミマセン翌日杭州の空港を出て北京に向かう筈が、飛行機が壊れたらしく、時間の遅延、やっぱり中国。中国国際航空だからナショナルフラッグキャリアなんだけれどナァ。そして私たち名含む上司二人同僚は近隣のホテルへ拉致されることに。一旦空港を出てバスに乗るとカナリ怒った中国人がガンガン乗り込んできたチクショウとかいう言葉も。何しろ時間も待、から時間だから時のフライトを待たねばならない。空港を出てすぐ近くのホテルと思いきや、延々分ぐらい走ってこのバスもすごい運転、クラクションはがんがん鳴らしてドケドケ運転、ようやく到着したのはというものの、かなりくたびれたホテル。人ぐらいがラッシュでロビーへ向かい、カードキーを貰うが、人一部屋ってことでこれまたバカヤロー的な発言も。というわけで我々人組中国でこの言葉は別な意味だけれども二部屋に分かれて休息。時間半ぐらいすると、お食事ですということでドアを開けると、日本のお弁当というような体裁のいいものではなく、オカズが二品入ってるブッカケ飯的なものが差し出され。まあ正直いってご飯はちょっと固まってるしウーム。延々待こと時間、時半頃ロビーに集合となって、再び空港へ。で結局フライトは時過ぎ。実際に飛んだのは時半頃くたくたに疲れてはいるが、ここで頑張らねばと思い、売店をうろくとやっぱりありました、さすが中国スゲーでかい魚杭州の名物野生の湖の机魚の干物らしい写真を撮ったらすぐに売店の女の子が何シテンと警告で早々に退散。どうせ中国語わからないから実際に言われてることは判らないが次に本屋にいったらこんなものを発見こちらはこっそりと撮影。橋田壽賀子原作の例の有名なテレビドラマの原作本中国語版最後にもう一度売店でskype 友達募集会社のみんなへのお土産を物色し、入手ドライキウィ日本では見ないなというわけでヘトヘトな一日、フライトは最後の最後まで遅れて時半頃に飛んで、北京のホテルに着いたのは時を超えてました。明日は天津にチョコッと寄ります。ご心配をお掛けしました足首の捻挫ですが、出発前に整形外科にいってテーピングして湿布したおかげで腫れて足が青黒くなってはいるものの、痛みは無くほぼ普通に歩けてます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lrdd52fs4q
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lrdd52fs4q/index1_0.rdf