もちこが塩田

September 30 [Fri], 2016, 10:51
どういった転職理由がベストかというと、最初に、転職を決意した本音の部分を自問自答してみてください。

相手にそのままを伝えるわけではないため、思ったとおりのことをノートに記入しましょう。

そして、それを前向きなイメージになるように文章をリライトしてください。



転職理由が長くなりすぎると言い訳と取られてしまうので、できるだけ短くなるようにしましょう。無難な転職理由としては、スキルアップを目指したいためという理由が一番リスクが少なく、また、先方に悪い印象を与える恐れの少ない理由になります。

スキルアップを図るとためという理由であれば、リスクが少ないだけでなく、今以上のスキルアップを目指しているという向上心のあるイメージを人事側に付加することができます。


異業種に転職する人も少なくありませんから、やり方を試行錯誤すればできます。
ただ、その時は覚悟を持つことが大切です。場合によっては、なかなか決まらず、長く転職活動をしなければならない可能性があります。
二十代だったら、吸収も早いでしょうし、未経験でも採用されることがありますが、三十代ではどうしても、新しいことを覚えにくくなるので、採用が決まりにくいのです。


中には、転職しようと思った時に自己PRが苦手だと感じてしまう人も多数いることでしょう。ご自身のアピールポイントがわからなくて、しっかりとPRできない方も少なくないですよね。



転職などのサイトで性格の診断テストを使ってみたり、家族に聞いてみるという手だても有効です。


他にも、志望する企業に転職可能だったら、どんな風に役立てるのかもお考えください。転職のきっかけは書類選考や面接においてとくに大きなポイントです。相手がなるほどと思える説明ができなければ印象は悪くなります。

しかし、なぜ転職したいのかと聞かれても説明がうまく出来ない人も多くいると思います。多くの方が履歴書への記入や面接の際にどう転職の理由を説明するかにとても時間を取られます。


転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、仕事を変える前に取っておくことをおすすめします。異なる職種に就きたいと思うのであればますます、経験に乏しいため、あなたにはハンデがあるので、希望する職種に求められる資格を取得し備えておけばいいですね。資格があれば絶対に採用を勝ち取るわけではありません。英語が得意な方が就職活動で有利かと言えば、有利な場合が多いと言えるでしょう。楽天のように社内の公用語が英語に限られている会社もありますので、英語に強いと、他の求職者に比べて選択肢が多くなり、有利に事が運びます。
履歴書に記載できるような英語能力に関する資格を取得しておくと良いでしょう。会社にとって有望な人材だと認められれば、35歳を超えていても転職できると理解していいです。
確かに、年配の方が採用されにくいですが、即戦力を求めているような企業では、経験、知識を兼ね備えた30代の労働力を迎え入れる準備ができています。



ですから、35歳を超えているからといって、再就職が不可能だとは限りません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯斗
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lrasfthekihden/index1_0.rdf