吉崎の竹谷

December 25 [Mon], 2017, 18:19
肌の潤いをキープしつつ、きれいに落とすことが、ニキビに対抗するには欠かせません。ことに大人ニキビの場合は、主要因が乾燥だとされているため、洗顔のポイントは皮脂を取り除きすぎないことです。
それをかなえてくれるのが、牛乳石鹸です。


ミルクバターをまぜあわせた牛乳石鹸なら、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、ニキビケアに効き目があります。
ニキビを見つけるとほぼ潰してしまいます。結果、跡が残るから潰すな、というのがよく言われていることです。早急に治すには、ニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。潰したニキビ跡も治ります。

顔を洗って化粧水・乳液で肌を整え、ニキビのところにだけ薬を塗ります。ニキビは青春時代に起きる症状であり、赤ちゃんには発生しません。赤ちゃんに多々見られるのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれですよね。赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、すぐにかぶれができてしまいます。ニキビとかぶれには違いがあります。


ベビーのお肌に何かの異常が起きてしまったら、できるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。ニキビが前髪のあたる辺りにたくさん出てしまった時に、自分でも可哀想になるくらいの状態だったので、専門家に診てもらうことにしました。

先生から、塗り薬を出しますので、塗って様子をみてくださいと言われ、ステロイド系の塗り薬を選択してもらいました。
ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、刺激があるので、状態が改善してきたら塗る回数を少しにしていったほうが好ましいそうです。


妊娠、初期の頃には女性ホルモンが乱れることからお肌にニキビができやすくなります。
また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビができる原因となります。だからといって、抗生剤等を使うことは出来ません。
ホルモンバランスがしっかりと整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、身体を休めさせてあげましょう。

皮脂腺の炎症を予防するために、私は毎朝、果物を食べるようにしています。その時の旬の果物をどのような状況でも食べています。


果物を食べるようになってから、肌を見てくれる人が多くなり、生理前でも吹き出物ができなくなりました。便の通じが改善したのも、吹き出物ができなくなった理由の一つと考えることができるかもしれません。
ニキビを搾ると、膿がそこから出てきます。

さらに潰してしまうと芯が出てきます。


これがニキビの元となるのですが、無理に潰して芯を出すことはオススメできる方法ではございません。


無理に潰すわけですから、ますます炎症は広がってしまいます。

ニキビ跡としても残ってしまうので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。
ニキビに用いる薬は、様々なものがあります。
勿論、ニキビ専用の薬の方が有効です。でも、軽度のニキビであるならば、オロナインを使っても大丈夫です。
きちんと、効能・効果の所にやけどや吹出物、ひび等と並び、書いてあります。

徹夜を何日もしたらニキビでぶつぶつになりました。私はすぐニキビができる方なので、わずかでも肌に負担を掛けるとブツブツ顔になるのです。



どんなに忙しかろうとも、少しでも早く寝て十分に休むように頑張っています。
睡眠時間足りなくなることがニキビを作り出す原因だと思います。ニキビが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、ついつい中身を出してしまいます。
ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがどうにも好きでやめられないのです。ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、意地でも芯を出そうとしてしまい、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。

ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、白いニキビができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、また爪で押しつぶしているのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Taito
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる