フラバンジェノールがヒアルロン酸を守る。 

June 16 [Wed], 2010, 7:24
●ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸はお肌の質感と機能を支える重要な成分です。

すべてのほ乳類にみられるこの天然の糖複合体は、表皮のすぐ下に位置する真皮という厚い層において、コラーゲン、エラスチンといった結合繊維とともに、結合組織の基質を構成しています。

ヒアルロン酸にはスポンジのような保水力があり、重量比で1000倍相当の水分を保持できるほど保水力に優れています。

肌に潤いを与え、しっかりとした張りのある状態にするには、ヒアルロン酸によって細胞外部の基質に水分を取り込むことが有効です。

皮膚は環境汚染物質に常時さらされているため、加齢とともにヒアルロン酸を作る力が衰えてしまいます。



●ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸の効果は何といってもその「保水力」にあり、皮膚をはじめとする体の中でも水分の多い部分に多く存在します。

皮膚の表面から表皮・真皮・皮下細胞の順に構成されていますが、ヒアルロン酸は特に真皮に多く含まれています。

加齢によって真皮でのヒアルロン酸が減少すると、肌の水分が十分に保てず、しわ、たるみ、乾燥肌の原因になります。

美容整形で、肌のしわ、たるみに対してヒアルロン酸注射・注入が使用されるのはこのためです。

ただ、ヒアルロン酸は体内にもともとある成分なので、美容整形でヒアルロン酸を注射・注入した場合は数ヶ月程度で体内に吸収されてしまい、効果はなくなります。

またヒアルロン酸は皮膚以外にも眼球、関節液、血管などに多く含まれ、目の細胞間のクッションの働き、眼球の形を維持、関節の潤滑作用や緩衝作用、血管での動脈硬化を予防といった働きをもっています。


このヒアルロン酸はヒアルロニターゼという酵素で分解されます。

フラバンジェノールはヒアルロン酸の敵、ヒアルロニターゼの活動を阻害し、ヒアルロン酸の量を保つ働きがあります。

その結果として肌の潤いが保たれるのです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

顔のシミ、シワ、たるみ、ほうれい線、目の下のたるみ、目じりのシワを消して若返りましょう。
ホントの美容は内側から、食べる基礎化粧品で内側からキレイに!

皮膚も髪も爪も、そして脳ミソまでも、あなたが食べたものから出来ています。
外側からつける化粧品はその手助けにしか過ぎないのです。
健康で、美しくあるためには、内側からの十分な栄養が必要です。

驚異の抗酸化力フラバンジェノール・ピクノジェノールであなたは若返る!
http://opc.lifeplusjp.com/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lpsd17
読者になる
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる