フラバンジェノールで内側からキレイに! 

June 16 [Wed], 2010, 7:33
顔のしみ、しわ、たるみは老化であり、老化は細胞の酸化です。
フラバンジェノール(opc)はあなたの体の活性酸素を除去し、老化を防ぐ、優れた抗酸化栄養素です。
ビタミンEの50倍以上、ビタミンCの20倍以上のパワーであなたの体細胞を守ります。

顔のたるみ対策は内側から!

フラバンジェノール(opc)はサプリメントです。
オススメはアメリカから個人輸入することです。

何故、わざわざ個人輸入なのか?

「健康食品だったら日本にもあるじゃないか?」と疑問に思われますか?
確かに日本にも溢れるほどあります。

でも、日本の健康食品はアメリカより40〜50年も遅れています。それに日
本では、どんなに凄い健康食品でも分類は「食品」です。特定機能性食品(ト
クホ)も「食品」です。

また、日本のフラバンジェノールは高く、アメリカの3〜5倍です。
送料を払っても個人輸入の方がお得です。

それに、日本の基準は甘く処分も軽いためにインチキ製品が多いです。トクホ
に認定されたある青汁メーカーの製品が一時期、ケールの代用に単なるキャベ
ツを使っていたという事件がありましたが、特別大きな処分を受ける事もなく
新聞紙面でお詫びをしただけで、その後何も無かったかのように「信頼のブラ
ンド」とか言いながら営業を続けています。

また、コンビニなどで売り上げを伸ばしているテレビでお馴染みのあの会社の
トクホ認定のサプリメントも、表示のわずか数パーセントしか実際には成分が
入っていなかったという事件があっても、やはり簡単なお詫びがあっただけで
、何も無かったかのようにその後営業しています。

このように、日本では処分が甘いために、顧客を騙してでも利益を上げること
が優先されるのです。(アメリカでは、このような場合すぐに訴訟になり、莫
大な慰謝料が請求され、倒産はまぬがれないでしょうね。)

大手のメーカーでさえもこの様な状況ですから、中小メーカーの製品はもっと
いい加減です。もちろん、中には真面目にやっている企業もあります。

日本のサプリメントはあくまで食品であるべきという規定から、特定機能性食
品(トクホ)も含め、メーカーは内容の薄い、気休め程度の製品作りを強いら
れているのが現状です。

アメリカから輸入し日本で販売している会社もありますが、アメリカで販売さ
れてる製品をそのまま日本で販売することは出来ません。そのままでは日本の
薬事法に触れるので、その成分を除去したり、含有量を減らして日本向けの製
品を作っています。

だから、アメリカと同じ商品名であっても、日本で販売されている製品は内容
が違うのです。

アメリカで販売して製品を手に入れるのが一番の方法です。
その方法は、
1.アメリカまで買いに行く。
2.アメリカの知人に買ってもらい日本まで送ってもらう。
3.個人輸入する。

「個人輸入が」一番簡単ですね。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

顔のシミ、シワ、たるみ、ほうれい線、目の下のたるみ、目じりのシワを消して若返りましょう。
ホントの美容は内側から、食べる基礎化粧品で内側からキレイに!

皮膚も髪も爪も、そして脳ミソまでも、あなたが食べたものから出来ています。
外側からつける化粧品はその手助けにしか過ぎないのです。
健康で、美しくあるためには、内側からの十分な栄養が必要です。

驚異の抗酸化力フラバンジェノール・ピクノジェノールであなたは若返る!
http://opc.lifeplusjp.com/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人助けが大好きな人には理想のビジネス 

February 05 [Fri], 2010, 6:41
「金持ち父さんのビジネススクール(セカンドエディション)」の中でロバー
ト・キヨサキ氏は以下のように述べられています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私に言わせれば、この新しい形態のビジネス、ネツトワークビジネスが革命的
なのは、それによって歴史上初めて、これまでは選ばれたわずかな人々や幸運
な人々だけのものだった富を、誰もが分かち合うことが可能になったからにす
ぎない。この新しいビジネス形態をめぐって論争が起きていることは私も認識
しているし、このビジネス形態を通じて手っ取り早く稼ごうとする欲張りな人
や不誠実な人も中にはいる。だが、一歩下がってこの新しいビジネスの形態を
ながめてみると、これは、富を分配するという大きな社会的責任を持ったシス
テムだとわかる。ネットワークビジネスは、欲深な人には良いビジネスではな
い。これは設計からして、人助けが大好きな人にとっての理想のビジネスだ。
別の言い方をすれば、ネットワークビジネスは、自分が金持ちになりながら、
他の人が金持ちになるのを手助けしないかぎり機能しない。私にとってそれは
、トーマス・エジソンやヘンリー・フォードが、それぞれの時代に革命的であ
ったのと同じくらい革命的なことなのだ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


如何ですか? これが本当の「Win/Win」の関係ではないでしょうか?

通常の「Win/Win」の関係は売り手と買い手の関係が多いです。

「いい商品が買えて良かった。」
「商品が売れて儲かった。」


ところが、ネットワークビジネスでは相手が金銭的な利益を得ることで、自分
も金銭的な利益を得るのです。

これが本当の「Win/Win」の関係だと思います。

人助けが大好きな人にとっての理想のビジネスって、他にはあまりないと思い
ます。私はあなたを助けます。あなたは他の人を助けて下さい。


人助けが大好きな人にとっての理想のビジネスはこちら


始めたら、すぐに稼げる副業はありますか? 

December 24 [Thu], 2009, 9:56
「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏の著書に「金持
ち父さんのビジネススクール(ネットワークビジネスから学ぶ8つの価値)」
があります。

その中で彼は「〜、このプロセスに最低5年はかける決心をするように勧める
。こう言うと、たいていの人はうめき声をあげる。5年間が永遠の時のように
思えるなら、まずは6ヶ月やってみよう。〜」と言っています。

少なくとも、6ヶ月間はやってっみなければ、成功はあり得ないということで
はないでしょうか?

稼ぐ為には、何人紹介すればよいのでしょうか? 

December 23 [Wed], 2009, 9:55
「ネットワークビジネスで大きく稼ぐためには、いくつものメルマガ広告を出
しまくって、手当たりしだい誰でも彼でもスポンサーしなければいけない!」


などという間違った考え方は、今すぐ捨てましょう。(^^)

そんな必要はありません。ご安心ください。


メンバーの人たちと一緒になって行動することの大切さや、その人たちを助け
てうまくビジネスをスタートさせてあげることの重要性を分かってください。


例えば、あなたが2人をスポンサーし、その2人がそれぞれ2人をスポンサー
したとしましょう。

ネットワークビジネス・MLMは特別な才能を必要としません 

December 22 [Tue], 2009, 9:53
絶対に「これだけは必要だ!」というものがあるとすれば、あなた自身の『明
確な人生目標・夢』、『人を思いやる誠実な心』、『勤勉さ』この3つだけで
す。

失敗するから成功があります。
いきなり成功する人はありません。
エジソン、ビルゲイツ、松下幸之助等の成功者と言える人ほど、沢山の失敗を
繰り返しています。

逆に言えば、失敗を多くするほど、成功に近づくのです。
失敗を恐れていては、絶対に成功はあり得ないのです。