米Verizonと三井物産、1億ドルの契約締結 / 2010年04月16日(金)
 米Verizon Businessは14日(現地時間)、三井物産と1億ドル(約93億円)相当の契約を結んだと発表した。

他の写真を見る

 この契約はVerizon Businessが三井物産へITプラットフォームを提供するもので、三井物産に対し、統合型グローバルIT、通信、データセンター、ネットワークソリューションを導入し、運用管理する。

 Verizon Businessは、三井物産の主要業務アプリケーションを、三井物産とVerizon Business双方のデータセンターにて管理するという。

 今回の契約により、三井物産はグローバルビジネスにおいて、地域ごとに発生していたプラットフォームやプロセス、コストの重複を解消することが目的だという。

 また、三井物産のIP PBXサービスも管理し、電話通信からVoIPプラットフォームへの移行をサポートするという。これは富士通、日立、MKI、NECとの協業で行われる。

【4月15日21時41分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000033-rbb-sci
 
   
Posted at 01:08/ この記事のURL
アキア、22型フルハイビジョン液晶テレビ「22FT11J-B」を3万4800円で / 2010年04月15日(木)
 アキアは4月15日、22型地上デジタルチューナー搭載のフルハイビジョン液晶テレビ「22FT11J-B」を販売開始した。

 新エコポイント対象で7000ポイント獲得できる。価格はオープン、同社の直販サイトでは3万4800円。

 チューナーは地上デジタル/アナログのみ、HDMI端子/D5端子/VGA端子を各1系統備えたシンプルな構成だ。EPG(電子番組表)を利用でき、角度を調節するチルト機能、スリープタイマーを搭載する。カラーはピアノブラックのみ。

 サイズは、525(幅)×425(高さ)×213(奥行)ミリ、重量5.8キロ。リモコンが付属する。

【4月15日20時40分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000068-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 23:43/ この記事のURL
遠景画家・川人勝延さんの企画展 市美術館で始まる / 2010年04月15日(木)
 福知山市内記一丁目の市佐藤太清記念美術館で14日から、企画展「川人勝延 白い風景」が始まった。川人さん(87)=大阪府在住=は、故佐藤画伯の門下生の一人。水墨画の技法を生かした遠近感ある風景画が並び、見る人の目を引き付けている。6月6日まで。

 川人さんは水墨画から日本画に転向して佐藤画伯に師事した。日展では特選を2回受賞し、審査員を務めたこともある。自身を遠景画家と称し、水墨画の特徴ある線の抑揚と濃淡を取り入れた技法で描く。
 
 美術館収蔵の18点を展示している。鳥や絡み合った植物のつるなどを近景に、雄大な山やひっそりとした里を遠景に置き、絵画の奥行きに引き込まれる。大江町内を流れる二瀬川の遠景画もある。
 
 火曜日休館だが、大型連休中の5月4日は開館し、6日に振り替える。入館料は高校生以上210円、小中学生100円。 4月15日0時7分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000301-rtn-l26
 
   
Posted at 21:01/ この記事のURL
「上海万博で最大の応援団は日本。海外客3分の1」―溝畑観光長官 / 2010年04月15日(木)
 観光庁の溝畑宏長官は訪問中の北京市内で13日に行った記者会見で、「上海万博の最大の応援団は日本」などと述べた。チャイナネットが報じた。

 溝畑長官によると、上海万博(上海国際博覧会)主催側は海外からの見学客を350万人と見込んでいるが、日本からは約3分の1の延べ100万人程度が訪れる見通しという。

 溝畑長官は上海万博を機に、両国が協力して観光交流を大きく盛り上げたいとの期待を示した。

 中国政府・国家旅行局によると2009年に中国を訪れた日本人旅行客は前年比3.7%減の332万人、日本を訪れた中国人は0.6%増の101万人だった。

 上海サーチナが行ったアンケートによると、日本が上海万博最大の“応援団”になることについて、「関心がある」との回答は全体の27.27%、「関心ない」は38.64%、「どうでもよい」は34.09%。積極的に評価している人は少ない。(編集担当:如月隼人)

【4月15日16時20分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000084-scn-cn
 
   
Posted at 20:16/ この記事のURL
郵貯限度額を引き上げ 次は「財投復活」狙う / 2010年04月15日(木)
 「郵政改革」は郵貯・かんぽの限度額を引き上げることで決着したが、これにより減少傾向を続けてきた郵貯・かんぽ資金が再び膨張に転じるのは確実だ。現状でも国債を買う以外にこれという運用先がないだけに、「政府系金融機関などを通じた運用くらいしか運用方法はない」(大手金融機関幹部)との見方が一般的で、事実上の財投復活との指摘も多い。

 亀井郵政担当相の「郵政改革」の理屈は、過疎の村も含めて全国あまねく郵便などを利用できるユニバーサルサービスを維持するため、郵貯・かんぽの限度額を引き上げて利益を稼ぐ、というものだ。

■国会のチェックも及ばない「第2の予算」

 だが、資金量が増えるのに、運用は国債一辺倒という現実は、国債価格が値下がりした場合、リスクの拡大でもある。郵貯の資金量はピークだった2000年の約255兆円から、現在は約177兆円に減った。その約8割の158兆円が国債で運用されている。かんぽも合わせると200兆円を上回る。

 仮に今、長期金利(国債の利回り)が2%上昇(国債の価格は下落)すると、郵貯・かんぽで計1兆円の評価損を抱えるといわれる。郵政民営化の実務にかかわった金融庁幹部は、「民営化で最大の問題は国債保有リスクだった」と打ち明ける。西川善文・前日本郵政社長は、資金量全体を絞りながら、金利が低いうちに儲け口を可能な限り広げようと突っ走った、というわけだ。

 この民営化路線の正反対に、亀井流の肥大化路線がある。

 だが、肥大化で本当に稼げるのかは大いに疑問だ。金融業として生きていくなら、融資を増やしていくというのが筋だが、運用といえば、ひたすら国債を買ってきただけの郵政に、融資のノウハウはない。「武家の商法では、結局、東京都の『石原銀行』(新銀行東京)のように不良債権の山を築くのがオチ」(メガバンク幹部)。

 その中で俄然、現実味を帯びるのが「財投復活」だ。財投は、郵貯・カンポ資金が大蔵省(現財務省)の資金運用部に強制的に預託させられ、そこから政府系金融機関のほか、特殊法人などにも流れていた。国会のチェックも及ばない「第2の予算」として、無駄な事業や天下りの温床として、01年に廃止された。財投廃止は、いわば郵政民営化の原点といえる。

■「電線地中化、太陽光発電」ならOK?

 その財投復活をもくろむものとして、注目されるのが、3月末に原口総務相が示した私案だ。橋、病院、学校などの公共施設整備や再開発、海外の高速鉄道や有料道路など社会インフラ整備など向けの投融資に、郵政マネーを活用しようという考えだ。民間金融機関との協調融資などの形なら「民業圧迫」の批判もかわせるという狙いもあるとみられる。

 各閣僚も、胸算用をしている。亀井郵政担当相は「電線地中化、太陽光発電」を例示し、「財投の二の舞といわれるが、国民のためなら(問題ない)」と、堂々と「財投復活論」をぶてば、前原誠司国土交通相は「日本経済の発展や国家戦略に遣うのは結構な話」と言い切る。

 直嶋正行経済産業相は、新興国のインフラ整備事業を日本企業が受注することを念頭に、官民協調融資への活用を提案している。「公共事業が細る中で、財投復活による社会資本整備は各省にとって願ってもない話」(民主党議員)ということだ。

 鳩山首相は「国債の単なる引き受け機関いはしない」と断言している。首相の意向に沿ったアイデアとして原口私案が出てきたわけだ。それを、「財投復活」にしないためには、特殊法人の「事業仕分け」による見直しと組み合わせ、非効率な分野に資金が垂れ流しにされないよう、きちんとチェック体制を築く必要がある。これが大きなポイントになりそうだ。


■4月15日11時42分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000000-jct-bus_all
 
   
Posted at 19:39/ この記事のURL
東方神起の3人がユニット結成、事務所は訴訟提起 / 2010年04月15日(木)
【ソウル14日聯合ニュース】5人組グループ東方神起のジェジュン(ヒーロー)、ユチョン(ミッキー)、ジュンス(シア)が日本で新ユニットを結成する。日本での所属事務所エイベックスが14日に東方神起のオフィシャルウェブサイトで発表した。

東方神起のプロフィールと写真

 エイベックスは、3人がエイベックス・マネジメント株式会社とマネジメント契約を結び、6月にドームイベントを開催すると明らかにした。イベントは6月5〜6日に京セラドーム大阪、同12〜13日に東京ドームで開催される予定。

 しかし、新ユニット結成について、東方神起の所属事務所SMエンターテインメントは「現在も3人の専属契約は有効」との立場を示した。3人が申し立てた専属契約効力停止仮処分の結果に対する本案訴訟が提起されているにもかかわらず、訴訟の結果を考慮せずに無責任な行動を取ったとし、ユニット結成は3人が自ら東方神起を捨てた行為であり遺憾だと述べた。

 また、SMエンターテインメントは同日、3人を相手取り損害賠償請請求訴訟を起こした。

 ソウル中央地裁が明らかにしたところによると、同社は、メンバー3人の独自の芸能活動を保障するよう専属契約の一部効力停止を認めた裁判所の決定に異議を申し立てた。また、3人を相手取り、専属契約が有効であること確認し、化粧品広告のモデル料と中国・深センでの公演中止による損害など22億ウォン(約1億8500万円)の支払いを求める損害賠償請求訴訟を起こした。

 同社は「一部のメンバーが化粧品事業に投資したことで葛藤(かっとう)が芽生え始めた。会社の同意を得ずに東方神起の名前と肖像権を使う場合は専属契約違反になると説明したが、3人は専属契約の効力を否定し、既に決まっていたスケジュールの履行を拒否した」と主張した。

 一方、メンバー3人も訴状を受け取り次第、事務所を相手取り契約不存在確認と損害賠償請求訴訟を起こす方針を明らかにした。



【4月15日10時54分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000000-yonh-ent
 
   
Posted at 19:03/ この記事のURL
「1Q84」続編フィーバー 異例の午前0時書店販売 / 2010年04月15日(木)
 村上春樹さんのベストセラー小説「1Q84」の続編「BOOK3」が発売前から人気となり、発行元の新潮社は初版を2回にわたって増刷した。ベストセラーの乏しい昨今、書店はここぞとばかりに張り切り、0時から販売したり、営業時間を繰り上げたりする。

 「1Q84」は「BOOK1」と「BOOK2」が2009年5月に発売され、10年4月までに計244万部を発行した。出版取次のトーハンが発表した「2009年 年間ベストセラー」では1位を記録。それだけに2010年4月16日に発売される続編「BOOK3」への注目は高い。

■発売前に2回にわたって増刷

 初版は50万部だったが、発行元の新潮社は4月7日に10万部、13日にさらに10万部と2回にわたって増刷し、70万部を用意した。

 深夜営業の書店では16日午前0時から売り始める。

 「あおい書店渋谷南口店」の店員は、

  「24時間営業でも発売日の午前0時に店頭に並べることはめったにありません。100冊用意しました。新刊ではめちゃくちゃ多いです」

と明かす。

 24時間営業の青山ブックセンター六本木店は入り口に特設コーナーを設けて販売する。文芸担当者は、

  「入荷数は秘密ですが、純文学では珍しいくらいの冊数です。マスコミの方の問い合わせはすごく来ていますので、当日、どのくらいのお客様が来店するか、楽しみです」

といっている。

 「あおい書店六本木店」と「ツタヤ渋谷店(SHIBUYA TSUTAYA)」も午前0時から売り出す。

■「4000冊全部、当日に売り切りたい」

 営業時間を繰り上げる書店もある。丸善丸の内本店は4月16日、朝7時から店の入り口前で販売する。店員は、

  「4000冊弱で、新刊ではめったにない数です。『ハリーポッター』シリーズや『ミシュラン』が店前で販売したら飛ぶように売れたので、今回も期待しています。できれば全部、当日に売り切りたい」

と意気込んでいる。

 三省堂神保町本店も4月16日、朝7時から店頭で販売する。さらに購入者にプレゼントする小冊子を数量限定で用意した。村上作品にゆかりのある思想家の内田樹さん、小説家の古川日出男さんのコメントが載っているほか、「1Q84 Location Map」や「1Q84と併せて読みたい一冊」などの特集が盛り込まれている。公式ツイッターでは、「ぜひ早起きしてご来店下さい。中継の依頼もちらほら来て、あわただしく盛り上がっております」とアナウンスしている。

 ネット通販大手のアマゾンには4月14日時点で3万冊以上の予約注文が寄せられた。計2万冊の予約があった「BOOK1」と「BOOK2」を大きく上回る。

 ネット上には「アマゾンと書店とどっちで買おうか」と迷っている人もいる。アマゾンジャパンによると、配達日は早くて4月16日。できる限り発売日当日に届けるように努めているが、必ずしも当日に届けられないことがあり、注文確定画面で「お届け予定日」を確認するよう呼びかけている。


■4月14日19時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000004-jct-ent
 
   
Posted at 18:27/ この記事のURL
「iButterfly」に取り寄せグルメが当たる“ラッキーグルメちょう” / 2010年04月15日(木)
 モバイル表現研究所は、iPhoneを虫取り網に見立てて“クーポンちょう”を捕獲するiPhoneアプリ「iButterfly〜クーポン・エンタテインメント!〜」(以下、iButterfly)に、“ラッキーグルメちょう”を追加した。

 ラッキーグルメちょうは、くじの形をしたクーポンちょうで、捕まえたちょうに仕込まれたくじを開くと“大当たりちょう”か“ざんねんちょう”かが分かる。“大当たりちょう”は1日3羽限定で飛んでおり、捕まえると人気の取り寄せグルメがプレゼントされる。商品は5月31日のキャンペーン最終日まで日替わりで提供する。

【4月15日16時3分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000051-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 16:37/ この記事のURL
チケット購入前にスタジアムのビューが3Dで確認できるサイト / 2010年04月15日(木)
 サッカーや野球の試合を見に行きたいけれど、スタジアムのどのあたりのチケットを購入したら分からない、と悩むことはないだろうか。アメリカでは、チケット購入前にスタジアムのバーチャルイメージを確認できる便利なサービスが存在する。それが「Seats3D」だ。

 Seats3Dは、アメリカの企業であるバレーナテクノロジーズが2001年より提供しているバーチャル3D映像技術で、特殊技術を用いることによって通信速度の遅いインターネット環境でもスムーズに3D映像を見ることができるという。同社ではこの技術を生かし、NBA・NFL・MLBといったアメリカの花形スポーツからコンサートまで多岐にわたるスタジアム・ホール施設と提携、チケット購入システムと連動して、各座席から見た会場の様子を再現したバーチャル画像を提供している。

 今後アジア・ヨーロッパ市場での本格的な展開を計画しているようだが、現時点で提供されているほとんどがアメリカ国内の施設だ。その中で、日本では劇団四季が07年10月よりこのシステムを採用しており、「秋」「春」「海」の3劇場のバーチャル映像を見ることができる。また、06年には千葉県にある三井不動産の分譲マンション「プレアガーデン」の販促にこのシステムが採用され、全室のバーチャル映像が閲覧できることで話題となった。(編集担当:柳川俊之)

【4月14日12時4分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000035-scn-sci
 
   
Posted at 14:48/ この記事のURL
財政試算示すも「持続性」に不安の声−高齢者医療制度改革会議 / 2010年04月15日(木)
 厚生労働省は4月14日の「高齢者医療制度改革会議」(座長=岩村正彦・東大大学院法学政治学研究科教授)に、65歳以上の高齢者が国民健康保険(国保)か被用者保険に加入し、高齢者の医療給付費を公費と高齢者の保険料、現役世代の保険料で支える仕組みとした場合の財政影響試算を示した。これに対し委員からは、持続可能な制度にするには将来推計を踏まえた検討が必要との意見や、公費投入の拡充を求める声が相次いだ。

【詳細な表が入った記事】


 試算は、(A)65歳以上の人が全員国保に加入する(B)65歳以上の被用者保険の被保険者と被扶養者が被用者保険に加入する(C)65歳以上の被用者保険の被保険者が被用者保険に、被扶養者が国保に加入する-のそれぞれの案について、医療給付費に約5割の公費を投入する対象年齢を75歳以上、70歳以上、65歳以上とする場合の9通り。
 それによると、公費投入の対象年齢が75歳以上の場合、(A)では協会けんぽと公費の負担がそれぞれ2000億円、9000億円減少する一方、健保組合と共済は共に1000億円、市町村国保は9000億円の負担増となる。(B)では公費負担が9000億円減少するが、協会けんぽと市町村国保がそれぞれ3000億円、6000億円の負担増となる。(C)では公費負担が9000億円減少する一方、健保組合と市町村国保の負担がそれぞれ1000億円、8000億円増加する=表=。
 公費投入の対象年齢が65歳以上、70歳以上では、いずれの場合も協会けんぽ、健保組合、共済の負担が減るものの、市町村国保と公費の負担が増加する。
 厚労省は、9通りの財政試算のいずれの場合も負担増となる市町村国保に対し、直接支援する負担軽減策が必要としている。

 小島茂委員(連合総合政策局長)は、「どういう制度設計をするにしても、公費の負担増を検討しないと医療保険制度全体の維持にはならない」と指摘。また、齊藤正憲委員(日本経団連社会保障委員会医療改革部会長)も、「A-C案いずれにするかとの議論の前に、公費投入を拡大する方向性を委員内で共有してほしい」と主張し、持続性の観点から2025年時点までの財政影響をしっかりと見て検討すべきとした。
 小林剛委員(協会けんぽ理事長)は、夏の中間取りまとめに公費の役割の拡大の方向性を盛り込むよう提案。「時間がたつにつれて特定の事業者に負担が偏ることがないよう、将来推計を出していただきたい」などと述べた。

 またこの日は、保険料、給付、医療サービスなどの在り方についても委員が議論した。鎌田實委員(諏訪中央病院名誉院長)は、費用負担の議論について「(委員が)必死に資料を出して、自分の所に負担が来ないように論戦を張っている感じがする」と指摘。国民が納得できる医療を提供する必要性を強調し、「せめてOECD(経済協力開発機構)の平均並みぐらいの医療費を掛ければ、かなりいい医療を国民に与えることができると思う。そういう制度設計の下に負担をどうしていくか考えた方がいい」と述べた。

 次回会合は5月17日に開かれ、高齢者の医療問題などに見識がある有識者5人からヒアリングを行う。


【4月14日23時18分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000020-cbn-soci
 
   
Posted at 14:13/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!