東京都武蔵村山市のナース求人転職(゚Д゚)!2交代制,大学病院など

July 16 [Tue], 2013, 21:47

北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県



・募集職種


正看護師(ナース)、准看護師、助産師、保健師



・雇用形態


正社員、アルバイト、パート、常勤、非常勤、契約社員、日払い派遣、日勤、夜勤など



・労働条件、福利厚生


復職可、新卒、未経験可、ブランク可、2交代制、3交代制、夜勤専従、土日休み、車通勤、寮完備、住宅手当、退職金あり、託児所あり、社保完備、扶養控除、残業なし、単発、短期、交通費支給、高給料など



・労働場所


大学病院、公立病院、個人病院、美容外科、美容整形外科、病棟、外来、ICU、透析、救急外来、訪問看護、介護施設、検診センター、クリニック、診療所、老人ホーム、老健など



・診療科目


内科、消化器科、呼吸器科、内分泌科、リウマチ科、心寮内科、外科、肛門科、整形外科、形成外科、脳神経外科、小児科、産婦人科、婦人科、産科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、精神科、麻酔科、臨床検査科、病理診断科など




【転職の前に】転職という、言ってみれば今まで何回も伝家の宝刀を繰り返し抜いてきた経歴がある人は、自然に離転職したという回数もたまっていく。それと一緒に一つの会社の勤務が短いものが目立つようになる。
就職活動のなかで最後に迎える関門である、面接選考に関わることの説明いたします。面接⇒応募した本人と応募した職場の人事担当者との対面式での選考試験ということ。
就職はしたけれど、選んでくれた企業が「こんな会社のはずではなかった」または「こんな会社にいたくない」なんていうことまで思っちゃう人は、たくさんいて珍しくない。
【就活のための基礎】面接の場面では必ずといっていいほど転職理由について質問されるだろう。「どんな理由で辞めたのか?」についてはどの会社の担当者も一番興味のある問題です。ですから転職した理由を整理しておく必要があるのだ。
【就職活動の知識】就職面接で緊張せずに受け答えする。これを実現するにはずいぶんな慣れがどうしても必要なのです。とはいえ、面接選考の場数を十分に踏めていないと緊張します。
【就職活動の知識】色々な原因があってほかの会社に転職したいと望むケースが急激に増えてきている。しかしながら、転職すると決めたはいいけれど、就職した後の人生が計画と異なる場合もたくさんあるというのが事実なのだ。
たとえ成長企業でも、100パーセント絶対にずっと何も起こらないということなんかない。だから企業を選ぶときにその点については慎重に確認するべきだろう。
評判になった「超氷河期」と一番最初に呼ばれた時の世代では、マスコミや社会の雰囲気に受け身になっているうちに「働く口があるだけでもうけものだ」なんて仕事する場所をよく考えず決めてしまった。
就職が、「超氷河期」と最初に呼びならわされた時の世代では、世間で報じられている事や世間の風潮にさらわれるままに「就職が可能なだけめったにない」なんて仕事をあまり考えず決めてしまった。
【就職活動のポイント】面接という場面は、希望者がどんな特性の人なのかを観察しているわけですから、原稿を上手に読むことが求められているのではない。誠意を持ってお話しすることが大事なのだ。
就活で最終段階の難関である、面接による試験に関わることの説明します。面接試験は、あなた自身と応募した先の採用担当者による対面式の選考試験の一つということ。
【知っておきたい】面接選考のとき最も意識する必要があるのは印象なのだ。数十分しかない面接だけで応募者の一部分しか理解できない。それゆえに、合否は面接を行ったときの応募者の印象に影響されるものである。
誰でも就職選考を続けていくうちに、悔しいけれども採用とはならないことが続いたせいで、せっかくのモチベーションがどんどんと落ちてしまうことは、どんな優秀な人でも特別なことではありません。
【就職活動のポイント】売り言葉につい買い言葉を返して「こんなところもういやだ!」みたいな感じで、我慢できずに退職してしまうようなケースもあるけれど、こんなに世の中が景気の悪いときに、ヒステリックな退職はあってはならないことなのだ。
せっかく就職はしたけれど、採用してくれた会社を「こんな企業のはずではなかった」、「やりたい仕事じゃない」あるいは「こんな会社は辞めてしまいたい」そういうふうに考える人なんか、たくさんおります。

【就活のための基礎】売り言葉につい買い言葉となって「こんなところすぐにやめてやる!」みたいな感じで、性急に離職を申し出てしまう人がいるが、こんなに世の中が景気の悪いときに、非理性的な退職はあってはならないことなのだ。
結論から言うと、職業安定所での職業紹介で職に就くのと一般の人材紹介会社で入社を決めるのと、両陣営を両用していくのが良策だと思われるのです。
「自分自身が今まで生育してきた腕前や特殊性を有効活用してこの仕事を望んでいる」という風に自分と繋ぎ合わせて、どうにか面接相手にも論理的に受け入れられるのです。
せっかく就職はしたけれど、採用してくれた職場を「思っていたような会社じゃない」、「やりたい仕事じゃない」、「やっぱり辞めたい」そんなことを考えてしまう人は、売るほどいるのである。
無関係になったといった立ち位置ではなく、どうにかあなたを評価して入社の内定までくれたその会社に対しては誠意のこもった返答を注意しましょう。
実際、就職活動を始めたときには「絶対やってやるぞ」そんなふうに燃えていたにもかかわらず、何度も不採用が続いて、最近ではもう面接会などに行くことすら行きたくないと感じているのが本当のところです。
どうにか手配の段階から面接の局面まで長い段階を踏んで就職の内定まで迎えたのに、内々定が取れた後の対応策を間違えてしまったのではぶち壊しです。
人によっていろいろな理由があって再就職をひそかに考えている人が急激に増えているのだ。だが、転職すると決めたはいいけれど、転職してからの人生に今までとは大きな差が出るケースもわんさとあるのが実際には在り得ます。
【知っておきたい】面接というものには完璧な答えはないから面接のどこがどのように良かったのか悪かったのかという「ものさし」は応募先によって、同じ企業でも担当者の違いで異なるのが現状。
「自分がここまで生育してきたこれまでの能力や特性を有効に使ってこの仕事に役立てる」というように自分にからめて、いよいよ会話の相手にも重みを持って受け入れられるのです。
社会人とはいえ、失礼のない正しい敬語などを使うことができる人は実はあまりいません。というわけで、社会人ならば恥で済ませられるけれど、面接で間違えると不採用を決定づけるようなことが多いのである。
今の職場よりもっと収入や処遇などが手厚い会社が見つかったとして、あなたも他の会社に転職してみることを願っているようならばすっぱり決めることも大事なものです。
【就職活動の知識】人材紹介会社や職業紹介会社は、通常は転職・再就職を希望の人に使ってもらうところだ。だから実績となる実務経験が少なくとも2〜3年程度はないと対象にもされません。
【就職活動の知識】人材紹介会社はたくさんあるが、通常ははじめての就職ではなくて転職を希望している人を対象とした企業やサービスである。したがって企業での実務上の経験が少なくても2〜3年程度はないと対象としては見てくれません。
夢やゴールの姿を目標とした転業もあるけれども、勤め先の会社の理由や家関係などの外的ファクターによって、仕事を辞めなければならないケースもあるでしょう。
まくみんの日記
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lplp000
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lplp000/index1_0.rdf