田子のChar

June 03 [Fri], 2016, 11:06
看護婦はハードな仕事と言われていますが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も病院に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。


こういった勤務形態ですから、上手に生活のメリハリをつけないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。看護師が他の医療施設に転職をしたいと思ったら、何をすべきでしょう。


看護師に限定されることではないかもしれませんが、転職しようと思うまでには、その人なりの事情が存在するでしょう。



身内の転勤や妊娠、または、出産などに伴う勤務条件の変更、待遇や人間関係についての不平不満、それぞれ頭を抱えてしまうことがあることと思います。

「看護のお仕事」が人気の理由は、やっぱり、転職が決まったらもらえる転職支援金です。



いい条件で転職ができる上に、おまけに、支援金までいただけるなんて、とても喜ばしいことですよね。


看護師転職サイトの中でも大人気なのは、このサービスも理由の一つといえるでしょう。



学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、転職することを決めたのでした。そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。
そういうサイトを見たり、本を探したりしながら四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。
けれども、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。

学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、思ったことは、一般に看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。

さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。
あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、着実にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。


なので、病院で勤務する看護師についても大勢が働いているべきなのに、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。


けれども、それほど人手が足りない状況だと、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。看護師という職業は、男性であってもなれるか、調べてみました。


当然、看護師は女性が多いのですが、男の人の看護師も働いています。男性患者だと、女の看護師の世話を受けるのが恥ずかしい人もいます。
そのような時、男性看護師がいれば非常に喜ばれます。
それ以前は看護師が男性の場合に限って、士という文字が使われていました。


ですが、現在は男の場合でも女の場合でも、看護師という職業に従事している人であれば、師を使うように変更されています。
看護師と看護士が共存していると、あやふやで分かりにくくなるので、改善されたのだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aoto
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lpl0o4piuet0cp/index1_0.rdf